AKB48『鈴懸』を聴いた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの

AKB48の新曲『鈴懸』は、絵に描いたようなAKB48というかアイドルグループが歌う曲という感じで、卒がありません。

しかし、なんでしょう、とても良い曲だと思えるのだけど──作曲は織田哲郎氏だから個人的にもドンピシャ感があるのだけど──なぜか満足感が得られません。でも、その理由がわからない。「僕なりに何日か考えた上」でわかったことは──。

音楽のリズムやメロディーというものには、適度な〈意外性〉が必要です。最初から最後まで音がずっと予想の範囲内で収まっていたら凡庸な曲だと思ってしまうでしょう。

この『鈴懸』の前の『ハート・エレキ』や『恋するフォーンチューンクッキー』は、いわば“変化球”つまり〈意外性〉のある曲でした。ここでいう〈意外性〉は、リズムやメロディーといった「ひとつの曲の中における音の運び」だけでなく、リリースしていく楽曲のラインナップにも必要である──ということなのではないでしょうか。

そう考えると、最初に述べたように『鈴懸』は意外でもなんでもない。だから手放しで喜べない。

……と思ったのですが──。

たしかに音楽に〈意外性〉は必要ですが、その一方で〈必然性〉も大切なのではないか、とも思います。なぜなら、聴いている音が全編にわたり予想外なもので満たされていたら不協和音になってしまう。ある程度、聴いている者が期待した部分に音が鳴るから快楽が得られる。音楽にはそんな側面もあるはずです。

前の2曲が「意外」だったから今回の『鈴懸』は予想の範囲に収めた、とも考えられるわけです。

そうだとすると、なぜ今回は心の底から良かったと思えないのかということの説明はつきません。話は振り出しに戻ってしまいます。

その理由を「僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」。それは──。

『ハート・エレキ』と『恋するフォーンチューンクッキー』が良すぎた。

Capital Cities「Safe And Sound」は懐かしいではなく新鮮

チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!

関連記事

  1. KE$HA『WARRIOR』こそ真の“肉食系”な…

    KE$HA(ケシャ)に対してよくなされる形容は「女豹」。日本風にいえば“肉食…

  2. Capital Cities「Safe And …

    少し前まではロビン・シック「Blurred Lines」、最近だとケーティ・…

  3. 家入レオ『a boy』

    家入レオ『a boy』でわかるCDを買う楽しみ

    「CDが売れなくなった」とアーティストが嘆く。そんな時代に「CDを買って良か…

  4. シェネル『アイシテル』『ビリーブ』で〈愛〉のお勉…

    「わたしも初めて見たときに思ったもの。『あ、この人は愛にあふれている人。…

  5. ガールズバンドSCANDALの今まで気づかなかっ…

    今、ガールズ・バンドが密かなブーム。高い演奏力を誇る実力派のグループも続々登…

  6. AKB48「恋するフォーチュンクッキー」を聴くの…

    AKB48の楽曲を毎回購入するわけではない。前回買ったのは「ギンガムチェック…

  7. 西野カナ『Love Collection』に2時…

    「今度アルバムが出たら買おう」と思っているアーティストが何人かいて、その筆頭…

  8. AKB48『ハート・エレキ』のガメラ監督によるP…

    AKB48の楽曲を毎回買うわけではなく、まあだいたい1コおきくらいにお気に入…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『銀幕の声』
  2. 『龍三と七人の子分たち』イメージ
PAGE TOP