アニメ「ジョジョ」はなぜおもしろいか? 遅ればせレビュー

忙しい日常を送っているとき、ふと頭をよぎることがある。「自分は大切な何かを忘れているのではないか?」。私の場合、それは「アニメ『ジョジョ』を見ること」だった。

見逃していた。そのことに最近気がついた。

連載開始当初からの原作のファンであり、そのアニメ化を誰よりも心待ちにしていたのに。なぜだ!? なぜ忘れていた? 一生の不覚ッ。

遅ればせながら、先日から視聴を開始した。そして、DVDも買った。

今回はアニメ版「ジョジョの奇妙な冒険」をレビューする。そんな後ろ髪引かれる思いで──。

[ひとつ]アニメなのに“ヘブンズ・ドアー”

アバンタイトル(プロローグシーン)から、いきなり物語は佳境に突入。スタッフクレジットが表示される間も、ストーリーはぐいぐい進む。

このような手法は「ジョジョ」独自のものではない。ないが、従来のアニメの枠から逸脱しているのは確か。

そして、ほかのアニメと比較すると、なんとなく全体的に“軽さ”が漂う。

「ジョジョ」は、1980年代に連載が開始されたマンガ。つまり、“濃い”時代の作品だ。だから、本来なら、原作の持ち味を忠実に再現するならば、重厚感が必要なはずなのだ。

にもかかわらず、アニメは軽い。

“大人の事情”を鑑みるならば、予算の都合とか人手の問題とか、いろいろ邪推できる。

だが、しかし──。

この全編を覆う“ペラペラ感”が、かえって効果を上げている。

つまり、コミックを読んでいる。そんな感覚に限りなく近いのだ。

シーンの一部は、止め絵に擬音の描き文字をあしらうなど、このチープ感を逆手に取った工夫が光っている。

アニメなのに、ペラペラ。まさにヘブンズ・ドアーってわけだ。

[ふたつ]制作陣の“オーバードライブ”

先に、アニメは軽いと述べた。その原因は、予算とか人手の問題ではないかと邪推した。

しかし、それを補うかのように、制作者陣の魂は熱い。いや、熱すぎるッ。

まず主題歌からして気合いの入り方が尋常ではない。

主題歌「ジョジョ〜その血の運命(さだめ)〜」の作曲は田中公平氏。まさに超ド急、真正面からのアニソンである。そして、編曲は大谷幸氏。あの「平成ガメラ」の大谷氏だ。

さらに、特筆すべきは声優陣の演技。「いつもの150%の力でやってください」。録音監督からそんな発注を受けているのではないかと想像する。

だから、全編に絶叫、悲鳴、雄叫びがこだまする。

まさに、制作陣の“波紋疾走”。

じじいは……決して逆上するなと言った……しかし……それは……無理ってもんだッ!

こんなことを見せられて熱くならねえヤツはいねえッ!

[みっつ]観ているほうも“燃えつきるほどヒート!!”

夜中、寝る前にちょこっと視聴──。そんな真似はできない、この作品に限っては。

全力疾走するストーリーと150%の力を出し切る声優陣。

視聴する側にも相当な気合いが必要だ。でないと、吹き飛ばされる。

そして、観ている間に、いつしかアドレナリンが分泌される。それが心地よい。

アニメ「ジョジョ」はなぜおもしろいか?の答えはそこにある。

[よっつ]いつも神回 そこにシビれる!あこがれるゥ!

一生の不覚に気づき、最初に観たのが第2部のエシディシ戦だった。神回だった。つねにこうなのか、それとも今回だけおもしろかったのか。そこが疑問だったが、DVDを観て、いつも神回だったことがわかった。

だから、迷わず予約した。今週発売のDVD第2巻を、だ。←いや、そこはBlu-rayを買えよ。

江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本?

クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもしれない

関連記事

  1. 鈴木敏夫展

    〈鈴木敏夫とジブリ展〉でビジネスのヒントを探り出…

    スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫氏をフィーチャーした展覧会〈鈴木敏夫…

  2. 『ぎゃふん9』パート4

    精神的に向上心のないものも 死んだらこうなりたい…

    パート3で紹介した“死後の世界”は真実ではない。では、私たちが死んだらどうな…

  3. 納谷悟朗さんのボクしか知らないハマリ役を3つ選び…

    3月5日、納谷悟朗さんが亡くなりました。ご本人は「声優」と呼ばれることを…

  4. 幾原邦彦展

    〈幾原邦彦展〉で人生を早くすりつぶさないと。がう…

    『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』『さらざんまい』と、独創的…

  5. アニメ「ガリレイドンナ」がオジサンも楽しみになっ…

    新しいアニメを観る、というのは昭和生まれのオジサンには冒険です。とくに最近の…

  6. シド・ミード展

    〈シド・ミード展〉は誰でも未来を創造するヒントを…

    世界的に著名なインダストリアル・デザイナーで、日本でも映画『ブレードランナー…

  7. クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもし…

    押井守、宮崎駿、庵野秀明、黒沢清。海外からの評価も高いアニメ・映画監督たち。…

  8. シドニアの騎士

    『シドニアの騎士』の〈シドニア〉で暮らす人たちか…

    宇宙船〈シドニア〉で暮らす人々が巨大ロボットを操り〈奇居子ガウナ〉と呼ばれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ぎゃふん7』イメージ
  2. 鈴木敏夫展
  3. 『ぎゃふん9』パート4
PAGE TOP