『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家が読んだ感想

ジョジョ

荒木先生の映画に関する本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』に続いて2冊目です。

前作と同様に、映画評論家や映画ライターによる作品論と異なるのは、書き手自身が優れた作り手であるという点です。つまり、作品を観る側ではなく作る側の視点から書かれている。

これは、“自称・小説家”として見逃せないポイントなのです。

よい物語には、サスペンスがある

これは前書きで書かれている一文ですが、この本全体のコンセプトでもあります。そして、この「サスペンス」は映画のジャンルとしてのそれではない。恋愛映画にも「サスペンス」はある。あくまで物語を輝かせるエッセンスとしての「サスペンス」なのです。

「よし! 傑作を書いてやる!」と鼻息を荒くした“自称・小説家”の参考になることはまちがいありませんが、その一方で、もちろん、純粋に作品を鑑賞するだけの立場でも、大いに楽しめます(というより、そっちのほうがメインの読者層です)。

ところどころに入ってくるジョジョの名台詞は、荒木先生ではなく、この本のライターさんが書いたもの──というのが“同業者”として想像がついてしまうので、そこは興ざめと言えなくもないのですが、まあ目くじらを立てるものではなく、肩ひじ張らずに気楽に楽しめる内容になっております。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

フリーランスのライター・編集者。インタビューや取材を中心とした記事の執筆や書籍制作を手がけており、映画監督・ミュージシャン・声優・アイドル・アナウンサーなど、さまざまな分野の〈人〉へインタビュー経験を持つ。ゲーム・アニメ・映画・音楽など、いろいろ食い散らかしているレビュアー。中学生のころから、作品のレビューに励む。人生で最初につくったのはゲームの評論本。〈夜見野レイ〉〈赤根夕樹〉のペンネームでも活動。収益を目的とせず、趣味の活動を行なう際に〈ぎゃふん工房〉の名前を付けている。

関連記事

オススメ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

〈ぎゃふん工房〉はフリーランス ライター・米田政行のユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。このサイトでは、さまざまなジャンルの作品をレビューしていきます。

好評シリーズ

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. [〈社会契約論〉に対抗する死刑否定論]〈死〉がわからないから死刑を科せない

  2. [死刑否定論者が構築する死刑肯定論]自分が裁くなら死刑は正しい

  3. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  4. 「世界を革命する力を!」という言葉はこれからの人生のキャッチフレーズだ

  5. 私たちはいつのまにかまちがった考えかたを身につけていた

  6. 関連サイト

    人生を彩るオススメの〈アニソン〉をぎゃふん工房がレビュー!

  7. 〈考える〉ことで新しい価値を見出せば自分の人生を救済する

  8. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  9. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  10. 僕のつくるZINEがAIに乗っとられた日

  11. 『進撃の巨人』の〈世界感〉ではなく〈世界観〉を僕たちの共有財産に

  12. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  1. 『The Last of Us Part II』は前作以上の傑作だからプレイしたくない

  2. 『バイオハザード RE:4』の戦術性に隠された“ドス黒い感情”とは?

  3. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  4. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  5. 僕のつくるZINEがAIに乗っとられた日

  6. とある20代女性は『天使の街』をこう読んだ

  1. J-pop好きが選ぶ洋楽初心者にオススメのアーティスト10選

  2. 仕事で成果が上がる! 『ジョジョ(第4部)』の名言20選

  3. 万策尽きた40代がいま観るべき〈お仕事アニメ〉5選

  4. 関連サイト

    ぎゃふん工房の専用SNSサーバーでプチレビューを発信

  5. まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュージックビデオ32選

  6. 会社に行きたくないときに効く!『ジョジョ(第3部)』の名言10選

TOP