『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家が読んだ感想

荒木先生の映画に関する本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』に続いて2冊目です。

前作と同様に、映画評論家や映画ライターによる作品論と異なるのは、書き手自身が優れた作り手であるという点です。つまり、作品を観る側ではなく作る側の視点から書かれている。

これは、“自称・小説家”として見逃せないポイントなのです。

よい物語には、サスペンスがある

これは前書きで書かれている一文ですが、この本全体のコンセプトでもあります。そして、この「サスペンス」は映画のジャンルとしてのそれではない。恋愛映画にも「サスペンス」はある。あくまで物語を輝かせるエッセンスとしての「サスペンス」なのです。

「よし! 傑作を書いてやる!」と鼻息を荒くした“自称・小説家”の参考になることはまちがいありませんが、その一方で、もちろん、純粋に作品を鑑賞するだけの立場でも、大いに楽しめます(というより、そっちのほうがメインの読者層です)。

ところどころに入ってくるジョジョの名台詞は、荒木先生ではなく、この本のライターさんが書いたもの──というのが“同業者”として想像がついてしまうので、そこは興ざめと言えなくもないのですが、まあ目くじらを立てるものではなく、肩ひじ張らずに気楽に楽しめる内容になっております。

SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケーよな?

映画『キャビン』の感想を〈ネタバレ〉なしで書く

関連記事

  1. 『ジョジョ』第4部の名言

    仕事で成果が上がる! 『ジョジョ(第4部)』の名…

    この春、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(第4部)のアニメが…

  2. 藤井太洋『Gene Mapper』を電子書籍入門…

    紙の本を押しのけAmazonで1位を獲得したことで注目を集める『Gene M…

  3. 『無責任姉妹』

    【敵情視察】アヲイ『無責任姉妹』は無責任だから誰…

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの本を読み、「なぜ面白いのか」を考察…

  4. 『トネガワ』

    『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオ…

  5. 〈好き〉を極め〈仕事〉にできる文章術【著者インタ…

    〈好き〉なことを〈仕事〉にする。そうすれば幸せな〈人生〉を送れる——。その…

  6. アニメ「ジョジョ」はなぜおもしろいか? 遅ればせ…

    忙しい日常を送っているとき、ふと頭をよぎることがある。「自分は大切な何かを忘…

  7. 『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉だ

    『まんが道』は藤子不二雄A氏が自身の半生を描いたもの。藤子不二雄A氏を知らな…

  8. 皮算積人『子連れ中年っ!(魔法中年っ!シリーズ2…

    自分の書いている小説『天使の街』に似ているセルフ・パブリッシングの作品を“敵…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  2. 『バイオハザード7』
PAGE TOP