アニメ『ジョジョ』(第3部)は原作の完全移植だが1つだけ違う

アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』(第3部)は、第1部・第2部と同様、たいへん素晴らしい出来栄えであった。

第1部もレビューをした。しかし、第3部にはこれまでと異なる点がある。今回は、それを分析しながら、本作の魅力を探っていこう。

原作マンガを完全移植した心意気

ズバリ言うと、本作が面白いのは、原作のマンガをまるごとアニメに移植しているからだ。原作の持ち味をそのまま再現している。

ほかの原作つきのアニメ作品も、キャラクター・デザインやストーリーぐらいは踏襲する。しかし、本作は独特の構図や特徴的なセリフまわしも流用しているのだ。

マンガとアニメ。表現形式が違うから、ともすれば映像作品としては不自然さを感じてしまう。ところが、原作を知っているならまったく違和感を覚えない。逆にマンガ版を知らなくても、作品が醸し出す“呼吸”や“リズム”、“語り口”といったものに圧倒され、やはり変だとは思わないだろう。

とくに、本作の場合、マンガのエピソードを一切省略していない点には感嘆せざるを得ない。製作陣の意志だけで実現できるものではない。さまざまな幸福な条件が重なった結果だろうが、過去のシリーズの質が高かったことも大きく影響しているはずだ。

まさに「完全移植」を堂々と謳う資格のある作品といえる。

じつは原作には血も涙もない

原作のマンガは、「スタンド」と呼ばれる特殊な能力を持つ者たちが戦う話だ。毎回、新しい敵(スタンド使い)が登場し、まずその能力に主人公たちが翻弄。試行錯誤のすえに、敵の弱点を発見し、勝利をおさめる。この繰り返しだ。

主人公の空条承太郎は最初から無敵で、物語が進むにつれ成長することはない(最後の戦いは除く)。反目しあっていた者に友情が芽生えるとか、出会った女とのラブ・ロマンスが展開するといったお話でもない。

たとえば、旅の途中で家出少女と出会う。主人公たちとなんらかのドラマが生まれるのかと思いきや、あっさり途中でいなくなってしまう(名前すらわからない)。

いまから思えば、『ジョジョ』は『ジャンプ』全盛期のマンガの王道からはずれていた作品なのだ。

スタンド能力の応酬に特化した物語。情を引きずらず、非情に徹する。これがマンガ版『ジョジョ(第3部)』の特徴だ。

アニメは血も涙も通っている

先に「原作のマンガをまるごとアニメに移植」と書いた。ここで訂正する。いや、完全移植であることは間違いない。ただ、原作にない要素がこのアニメ版に加わっている。そう。本作には、まさに〈情〉があるのだ。

といっても、新しいエピソードが追加されているわけではない。物語は何も足さず、何も引かず再現している。

しかしながら──。

物語の終盤、マンガ版と同様、仲間たちが強敵によって倒されていく。原作がドラマチックでない、というつもりはない。だが、どこか諦観や無常感が漂っている[注]。彼らの死は意味のあるもの、言わば殉職。だから、なんとか受け入れられる。

[注]これは原作者・荒木飛呂彦先生の価値観なのかもしれない。たとえば、本作の主人公・承太郎は、このあとのシリーズでも、きわめて重要なキャラクターとして華々しい活躍を見せる。ところが、とある強敵の前にじつにあっさりと敗北してしまう(死亡シーンはわずか数コマ。屍体がグズグズと腐敗していく様子すら描写される)。

だが、アニメ版はどうだろう。死に方や死の理由は、マンガ版と同じであるのにもかかわらず、どこか割り切れない。登場人物に血も涙も通っている。だから、〈情〉に流される

アニメーターがキャラクターに“演技”をさせ、声優が“命”を吹き込む。バックに音楽を流し、効果音をつけ“空気感”を醸成する。そんなふうにマンガをアニメに置き換える際に、〈情〉が付け加わった、いや、付け加えざるを得なかったのだ。

これがマンガ版とアニメ版のただひとつの違い。アニメ版の魅力というわけだ。

ちなみに、「家出少女」にも、アニメ版では名前(アン)が与えられ、特Aランクの声優(釘宮理恵)がキャスティングされている。

make-your-blog倉下忠憲『ブログを10年続けて、僕が考えたこと』を読んで「隠れ家ブログ」を目指す【敵情視察・番外】

シドニアの騎士『シドニアの騎士』の〈シドニア〉で暮らす人たちから学べること

関連記事

  1. クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもし…

    押井守、宮崎駿、庵野秀明、黒沢清。海外からの評価も高いアニメ・映画監督たち。…

  2. 40歳からの『魔法少女まどか☆マギカ』はじめての…

    『魔法少女まどか☆マギカ』は、いま映画やそのDVD・Blu-rayが話題にな…

  3. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    2019年7月19日、劇場やスマホアプリで『シン・エヴァンゲリオン劇場版』…

  4. 『トネガワ』

    『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオ…

  5. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    とどのつまり「13番目の使徒に堕とされる」って、どういうことなのか?…

  6. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    モノゴトは別の角度から眺めると、新しい光景が見えてくることがある。『ヱヴァ…

  7. 鈴木敏夫展

    〈鈴木敏夫とジブリ展〉でビジネスのヒントを探り出…

    スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫氏をフィーチャーした展覧会〈鈴木敏夫…

  8. 名作アニメがヒント! 知的になれない人の3つの生…

    「自分は知的にはなれない」。そう考えると、いろいろなことに合点がいく。…

コメント

    • 匿名
    • 2015年 7月 19日 6:30pm

    喫煙シーンじゃなくて!?

    • コメントありがとうございました。
      たしかに“大人の事情”による改変はちょこちょこ見受けられましたね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

『天使の街』ミュージックビデオ

おすすめの記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』アイキャッチ
  2. 『バイオハザード7』
PAGE TOP