『フルハウス』の続編『フラーハウス』をこれから観る人へ伝えたい15のこと

ぜひ『フラーハウス』を観て、幸せなひとときをお過ごしください。

アメリカのコメディー・ドラマの金字塔であり、世界遺産レベルの傑作と言っても過言ではない『フルハウス』。放映終了から二十数年の時を経て、続編『フラーハウス』が配信されました。

今回は、これから『フラーハウス』を観る人に当ブログが伝えたいことをQ&A形式でまとめてみました。

もくじ

Q1 どこで放送しているの?

A1 動画配信サービスのNetflixとDVDで楽しめます

前シリーズの『フルハウス』は、日本では今のNHK Eテレで放映されていました。

本シリーズ『フラーハウス』は、アメリカの定額動画サービスのNetflixで全世界に向けて配信されています。

Netflixのコンテンツは、ネットに接続する機器(パソコン・タブレット・スマートフォン・テレビ・プレイステーション4など)で視聴可能。会員登録をしてから1か月は課金されないので、これから会員登録する人は、『フラーハウス』のすべてのエピソードを無料で観られることになります。

 icon-check-square-o ちなみに、『フルハウス』も全話が配信されています。

この『フラーハウス』は、「Netflixオリジナル作品」とうたっています。つまり、Netflixの目玉コンテンツであることから、当面は、日本のテレビで放映されたり、ソフト化されたりする可能性はほぼないと思われます(追記あり)。

[追記]ワーナー ブラザースより〈ファースト・シーズン〉と〈セカンド・シーズン〉のDVDがリリースされています。

Q2 今回はどんなお話?

A2 DJ・ステファニー・キミーの女3人による子育て奮闘記

『フルハウス』は、ダニー、いとこのジェシー、親友のジョーイの男3人で、ダニーの娘(DJ・ステファニー・ミシェル)を育てる話でした。

『フラーハウス』は、夫を亡くしたDJが、妹のステファニーや親友のキミーと力を合わせて息子たちを育てるストーリーになっています。

 icon-arrow-down なにはともあれ、本シリーズの予告編をご覧ください。

Q3 ジェシーおいたんたちは登場する?

A3 ダニー・ジェシー・ジョーイ・レベッカを始め懐かしい顔ぶれが登場

ダニー・ジェシー・ジョーイ・レベッカ(ジェシーの妻)のほか、ニッキーとアレックス(ジェシーたちの息子)、スティーブ(DJの元恋人)、リッパーズ(ジェシーが所属していたバンド)のメンバーも出てきます。

ただし──。

全員が集合することはあまりありません。ジェシーおいたんたちは、あくまでスペシャルゲストなので、毎回登場するわけではないのです。

ここが本シリーズの最大のポイント。つまり、おいたんたちはもはや子育ての現役ではなく、このドラマの主役はあくまで女3人なのです。

とはいえ、ダニー・ジェシー・ジョーイ・レベッカのいずれかは、ほぼ毎回のように登場します。そのときの盛り上がりは尋常ではありません。

 icon-arrow-down 子どもをさとすのはステファニーおばさんの役目。おいたんは見守るだけ……いや、好物のチキンを食べているだけ。

『フラーハウス』場面

 icon-arrow-down もちろん、ここぞというときには頼りになります。パパがDJに恋愛のアドバイス……前シリーズでは考えられないですよね?

『フラーハウス』場面

Q4 ミシェルは登場しないの?

A4 残念ながら出てこないけど、ドラマの中でネタに

すでにご存知のとおり、いまのところ本シリーズにミシェルは出てきません。これは、出演者やスタッフ、そして全世界の視聴者が残念に思っていることです。

ミシェルはこのドラマに不可欠。この点に議論の余地はないでしょう。

でも、それによってドラマとしての価値が損なわれているかといえば、そうではありません

当然ながら、ミシェルがいないことを前提に作品が作られています。ミシェルは『フルハウス』の魅力のひとつですが、見どころはそれだけではなかった。『フラーハウス』を観ることで、それをあらためて確認できるはずです。

また、ミシェル本人は登場しなくても、それ自体がドラマの中でネタになっており、存在しないのに存在感があります。出演者がミシェル(というよりオルセン姉妹)に向かって話しかける場面もあったりします。

 icon-arrow-down ミシェルが登場しない理由は下の記事をご参考に。

 icon-arrow-down 番組のプロデューサー・ジェフおじさん(ジェフ・フランクリン氏)は、オルセン姉妹へのオファーをあきらめたと語っています。

Q5 前シリーズと違うところは?

A5 女3人が楽天的なので陽気なムードが漂う

前シリーズは男たちが女の子を、本シリーズは女たちが男の子を育てる話です。男女が入れ替わっただけなのですが、作品の雰囲気にはけっこう違いがあります。

女たちが可憐なので画面が華やか

まず、女が主人公になったことで、画面が華やかになりました。これは、見た目の美しさもありますが、とにかく3人とも芸達者なのです。

前シリーズでも、たとえばステファニーがダンスの腕前を披露するシーンがありましたが、本シリーズではDJもキミーも華麗なパフォーマンスを見せてくれます

そのため、前シリーズと比べると、視聴者の心が躍らされる場面が多くなっているのです。

女だからトラブルにも動じない

女たちはとにかくポジティブです。前シリーズの男たちがとくに悲観的だったわけではありません。でも、一般的に男女を比較すると精神的にたくましいのは女のほうでしょう。

本シリーズでは、あまり深刻な事態が起こらないせいもありますが、ちょっとしたトラブルなら持ち前の楽天的な思考で切り抜けていきます。

そのため、ドラマ全体に陽気なムードが漂っています。これも前シリーズと違う点といえます。

 icon-arrow-down ステファニーおばさん、いい声! 日本語吹き替え版でも歌は本人の歌声になります。

『フラーハウス』場面

 icon-arrow-down DJとキミーもダンシング! 視聴者を魅了するのはステファニーだけではありません。

『フラーハウス』場面




Q6 新しい登場人物は?

A6 DJの息子3人、キミーの娘と夫がメインの新キャラ

DJの息子ジャクソン・マックス・トミー、キミーの娘ラモーナ、夫のフェルナンドがレギュラーの出演者です。

ここに、DJが獣医として働くペット・クリニックの同僚マット、ラモーナの友だちローラが準レギュラーとして加わります(第2シーズンになると、もっと増えます)。

さらに、前シリーズでDJの恋人だったスティーブが、本シリーズでは重要な役で登場します。

 icon-arrow-down DJはパパやおいたんたちの子育て術を受け継いでいるためか、息子のジャクソン(写真右)とマックス(左)はじつに良い子に育っています。少なくともキッチンに車で突っ込むような騒動は起こしません(いまのところは)。

『フラーハウス』場面

 icon-arrow-down キミーの娘ラモーナと夫のフェルナンド。キミーの家族だから、やっぱり(?)濃いキャラクターの人たちです。

『フラーハウス』場面

 icon-arrow-down DJの前に現れるマット(写真右)とスティーブ(中央)。ふたりとも独身。これは一波乱ありそう……実際あるんですけどね。ちなみに、スティーブの足下にいるのは、コメット・ジュニア・ジュニア(孫)。

『フラーハウス』場面

Q7 日本語吹き替え版はあるの?

A7 もちろんあり。字幕に切り替えることも可能

前シリーズは、海外ドラマの日本語吹き替えとしてトップを争う出来栄えでした(当ブログ調べ)。

ミシェルが出なくてもドラマの質は下がりませんが、日本語吹き替えがないと面白さは半減です。

安心してください。きちんと日本語吹き替え版が用意されています──というより、あらゆる言語で吹き替えられているようです。

もちろん、英語音声、日本語字幕に切り替えて観ることも可能です。

Q8 吹き替え版の声優さんは前と同じ?

A8 全員が前シリーズと同じ声優さん

前シリーズの日本語吹き替え版がトップレベルなのは、翻訳や演出の素晴らしさもありますが、なんといっても適材適所のキャスティングにありました。

本シリーズでも、この点に抜かりはありません。前シリーズのキャストが再集結しています

 icon-check-square-o ただしニッキー&アレックスは、さすがに前シリーズのこおろぎさとみさんではありません。そのほか、“懐かしい面々”も一部の人は前シリーズと声優さんが異なる場合があります(同じ人もいます)。

本シリーズのおもな配役は下のとおり。

  • DJ・タナー・フラー●坂本千夏
  • ステファニー・タナー●大谷育江
  • キミー・ギブラー●伊藤美紀
  • ジャクソン・フラー●山本和臣
  • マックス・フラー●小林由美子
  • ラモーナ・ギブラー●佐藤美由希
  • ジェシー・コクラン●堀内賢雄
  • ダニー・タナー●大塚芳忠
  • ジョーイ・グラッドストーン●山寺宏一
  • ベッキー・コクラン●佐々木優子
  • スティーブ・ヘイル●高木渉
  • フェルナンド●伊藤健太郎
  • マット●小松史法
  • ローラ●宇山玲加

 icon-check-square-o ダニー・タナーは、クレジットではなぜか「ダニー・ターナー」となっていましたが、ここでは「タナー」に統一しました。また「ベッキー・コクラン」は、正確には「レベッカ・コクラン」とすべきですが、ここではクレジットの表記のままにしています。

このリストを見ると、前シリーズのキャストには、そうそうたるメンバーがそろっていたことを思い知らされます。

また、坂本千夏さん(DJ)、大谷育江さん(ステファニー)、伊藤美紀さん(キミー)の演技は前シリーズとまったく変わらず、「20年以上経っても同じように演じられるなんて声優さんは凄い」と感心することしきりです。

一方で、二十数年経っているがゆえに、つまり3人は子どもではなく大人になっているために、前シリーズにはない演じ方もあり、そこも聞きどころのひとつでしょう(たとえば、DJは貫禄があり、ステファニーには“つや”が加わっている気がします)。

もちろん、新しい登場人物の声優さん(とくに子どもたち)もしっかりはまっています。

そして、ディレクターが前シリーズと同じ木村絵理子さんであることも見逃せないでしょう。

本シリーズの日本語吹き替え版も前シリーズと同様、いやそれ以上のクォリティーに仕上がっているのです。

Q9 テーマソングは変わった?

A9 前シリーズと同じ「Everywhere You Look」をカーリー・レイ・ジェプセンが歌う

『フルハウス』のテーマソング「Everywhere You Look」は、ドラマの世界観やテーマをしっかりと表現した名曲でした。 

前シリーズでは男性ボーカルでしたが、今回は女性に変更。主人公が男から女に変わっているので、ボーカルが変わるのは理にかなっています。

で、歌っているのはカーリー・レイ・ジェプセン当ブログでもご紹介しているように、日本でも人気の高いアーティストですから、まさに嬉しい変更というもの。もちろん、本シリーズのテイストにぴったり合っています。

 icon-arrow-down カーリー版「Everywhere You Look」のPV。ドラマでは、残念ながらショートバージョンしか流れないんですよね(まれにロングバージョンでワンコーラス聞けるときもあります)。

Q10 シーズン2はどんな感じ?

A10 “ごちゃ混ぜ”感がさらに増しました

前シリーズ『フルハウス』の第1話のタイトルは「ごちゃ混ぜ家族誕生」でした。「ごちゃ混ぜ」というのが作品を読み解くキーワードになりそうですが、『フラーハウス』シーズン2は、「ごちゃ混ぜ」なのは家族だけでなく、友人や恋人など、まわりの人々にまで及んでいます。そのぶん、にぎやかさが増しているというわけですね。

 icon-arrow-down 2016年12月9日よりシーズン2の配信が始まっています。

 icon-arrow-down 劇中でステファニーが歌っている「隣の男の子」は実際に配信されています。

Q11 フラー一家が日本に来たって本当?

A11 証拠映像をご覧ください

2016年12月に、DJ、ステファニー、キミー、ダニー、ジョーイが来日しました(ジェシーとレベッカは残念ながら欠席)。一家が来日するのは初めてのこと(『フルハウス』に、ジェシーが日本でツアーをやる話がありますが、実際は日本ではなかったようですね)。

証拠映像がありますので、お楽しみください。

 icon-arrow-down 日本語版の声優さんも登場。声優さんの声を隣のキャストの人が吹き替えているようにも聞こえ、頭が混乱してきます。

 icon-arrow-down こちらは字幕付きのダイジェスト版。

シーズン3は日本でも撮影が行なわれたようです。

Q12 シーズン3もあるの?

A12 2017年9月22日より配信中

シーズン3は『フラーハウス 最高の夏休み』というタイトルで2017年9月22日から配信されています。パート1と2に分かれ、全18話という変則的な構成となっています(パート2は2017年12月22日より配信中)。

Q13 シーズン3の見どころは?

A13 とにかく登場人物が多いところなど

シーズン3の見どころはおもに次の3点です。

レギュラー・準レギュラーがやたら多い

シーズン2は“ごちゃまぜ感”が増したと述べましたが、シーズン3にも登場キャラクターが引き継がれています。DJとスティーブ・マットの三角関係も引き続き描かれますし、ジャクソンやマックス、ラモーナにも友人や恋人ができたりして、ドッタンバッタンの大騒ぎになっているのです。

新メンバーもたんなるゲスト扱いではなく、それぞれに見せ場があるためキャラクターにきちんと深みが与えられています。

おいたんたちの立ち位置が変化

おいたんたちは子育ての現役ではないため、本シリーズにおいては傍観者のような立場——と先に述べました。DJたちの子育てのトラブルを解決する、いわば“神様”みたいな存在だったわけです。

しかし、それはあくまでシーズン1の話。シーズン2あたりからその立場は変化し始め、シーズン3ではどっぷりとDJたちの「大騒ぎ」に巻き込まれています

つまり、ダニー・ジェシー・ジョーイもいまだ完璧な人間ではなく、まだまだ苦悩し成長する存在として描かれているのです。

パフォーマンスがさらにパワーアップ

シーズン1から、DJやステファニー、キミーのパフォーマンスは注目ポイントでしたが、シーズン3ではジャクソンやマックス、ラモーナなども歌や踊りを披露し、全体的に映像の華やかさはパワーアップしています。

まさに娯楽作品としての貫録がさらに増しているといえるでしょう。

 icon-arrow-down シーズン3の開幕から、いきなり“ミュージカル”が始まります。

『フラーハウス』

Q14 シーズン4はどうなる?

A14 シーズン4も製作が決定

2018年1月30日、シーズン4の製作が決定したというニュースが飛びこんできました。シーズン3のラストの流れをふまえれば、当然かもしれませんね。配信時期やエピソード数などは未定ですが、期待しましょう。

今度こそミシェルも出てほしいですね。せめて写真とかだけでも。

Q15 結局のところ面白いの?

A15 ひょっとすると前シリーズを超えるかも

古今東西、あらゆる映画・小説・ドラマを見渡しても『フルハウス』を超える作品はない──そう思っていました、この『フラーハウス』を観るまでは。

今後シーズンが続くようであれば、『フルハウス』を超える傑作に育っていくことも考えられます。もしかすると、ミシェルの登場もあり得るかもしれません。

『フラーハウス』は、『フルハウス』の愛好者が昔を懐かしむためだけのドラマではありません。『フラーハウス』も『フルハウス』と同様に、まさにアメリカ社会、いや世界中の人々が抱いている願い、あるいは直面している悩みを、ときに理想的に、ときに現実的に描いている作品です。

いわばこのドラマは、時代を映す鏡のようなものです。

前シリーズもいまだに色褪せてはいないですし、何度観ても楽しめる、まさに「世界遺産」であることは確かです。

しかし、今、私たちが観るべきなのは、そして想いをめぐらせるべきなのは『フラーハウス』のほうではないでしょうか。

『フラーハウス』を観れば、幸せなひとときが過ごせることを当ブログが保証します。

©Netflix. All Rights Reserved.

アイキャッチ画像のイメージブログのアイキャッチ画像は自分で撮ったほうが10倍楽しいっ!

『ジョジョ』第4部の名言仕事で成果が上がる! 『ジョジョ(第4部)』の名言20選

関連記事

  1. テレビ朝日版『ダイ・ハード』を越える洋画の吹き替え版がないワケ

    「洋画の吹き替え版のベストを選ぶとしたら?」と聞かれたら、迷うことなく「テレビ朝日版『ダイ・ハード』…

  2. 納谷悟朗さんのボクしか知らないハマリ役を3つ選びました

    3月5日、納谷悟朗さんが亡くなりました。ご本人は「声優」と呼ばれることを嫌っておられましたが、間…

  3. われらが宿願『バイオハザード6』日本語版でおもしろさが倍増

    『バイオハザード6』の日本語版パックが8月8日に配信を開始した。これは非常に喜ばしいことだ。当ブ…

  4. 『エクスペンダブルズ2』を期待せずに見た場合のレビュー

    シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ブルース・ウィ…

  5. 『ダイ・ハード〈日本語吹替完全版〉』は頂戴した、ホォ、ホォ、ホォ…

    『ダイ・ハード<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX』を購入した。ひとつの映…

  6. 『パシフィック・リム』の制作陣が“わかっていらっしゃる”こと

    特撮怪獣モノやロボット・アニメに親しんだ者が『パシフィック・リム』を観ていると、ついつい「そうそう、…

  7. 映画『TIME/タイム』日本語吹替版を平常心で見たらこうなった

    人類の成長は25歳で停止。以降は働くなどして「時間」を稼ぎ、寿命を延ばしていく。日用品なども「時間」…

  8. 『テッド』はギャグがわからなくても楽しめるという真実

    劇場公開時、予告編を観たとき、華麗にスルーしてしまった。クマのぬいぐるみが言葉を話し、なおかつ持ち主…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

PAGE TOP