〈考える〉ことで新しい価値を見出せば自分の人生を救済する

人生のヒント

〈考える〉という営みは、自分自身の人生を救うものと、単なる言葉遊びのようなものがある。両者はどう区別すればいいのか。川上浩司『京大式DEEP THINKING』から探っていこう。

『京大式DEEP THINKING』
著者川上浩司
出版社サンマーク出版

〈考える〉とは新しい価値を生み出すことである

ひとくちに〈考える〉といっても、いろいろなケースがあることは簡単に想像できる。たとえば、洋服は青を買うか、黒にするかを選ぶ場合。これも〈考える〉に含めるべきか。「いや、それは〈考える〉ではなく、〈迷う〉だろ?」と反論もすぐに頭に浮かぶ。では、もう少し“高尚な”例を挙げるなら、転職するか、このまま会社にとどまるべきか。そんな選択はどうだろう? 洋服選びほど卑近な局面ではないし、人生を左右する一大事のように思える。だから、〈考える〉に含めてもいいのでは?

川上氏は、〈考える〉は「深く考える」ことだとして、こう説明する。

「深く考える」とは、たとえば未知のものを目にしたとき、それは何かを、考えて考えて考え抜いたすえに、まったく新しい概念が自分の中に形作られることだ。

ここで注目したいのが、〈考える〉とは「新しい概念」を生み出すことである、という点だ。洋服の色をどちらかに決めたとしても、それは未知のものではないから、〈考える〉ことの結果ではない。人生の分岐点における決断も「新しい概念」を創り出すことではないから、〈考える〉ではない。やはりいずれも〈迷う〉といえるわけだ。

深く考えたすえに得た答えや着想は、割合高い確率で「珍しい、変わっている、ユニーク」なものだろう。

つまり、なんらかの新しい価値ともいえるアウトプットをもたらさなければ、〈考える〉ことにはならないわけだ。

〈考える〉とは人生で価値のあるものを見出すこと

だが、ここでひとつの疑問も生じる。〈考える〉につねに結果を求める必要があるだろうか。〈考える〉ことそのものを愉しんでも、人生を豊かにすることになるのではないか。川上氏はこう語る。

「深く考える」とは「プロセス」であり、必ずしも「最適解」を出すことではない

一方では、なんらかの結果を出すアウトプットのが〈考える〉だといい、もう一方では、結果より過程が大切だという。これは矛盾していないか。

この矛盾を解消する鍵は、「過程」のとらえかたにある。

たとえば、小学校のテストで100点をとったとする。これは「過程」だろうか「結果」だろうか? テストの点数なのだから「結果」に決まっている。勉強という「過程」を経て100点という「結果」が出たのだ。そんなふうにあなたは思うだろう。なるほど。理は通る。

しかし、いまのあなたにとって、小学生時代にとったテストの点数は、はたして「結果」だろうか。じつはテストの「結果」でさえも、これまでの人生においては「過程」ではないのか。

もっといえば、テストの点数が「過程」なのか「結果」なのかは本質ではない。テストの点数という事実を、自分にとって価値のあるものにできるかどうかが重要だ。100点をとったことで自分に自信がつき、さらに勉強するようになった。学力が身につき、偏差値の高い学校に進めた。それで人生が拓けたのなら、価値のある「過程」であり「結果」なのだ。

深い思考とは、「道中(思考そのもの)」に意識を巡らせて「砂利」や「石ころ」をかき集め、そこからまだ誰も見つけていなかったような「ダイヤモンド」を見つける作業といえる。

〈考える〉とは、そのプロセスに着目しながら、自分の人生で「ダイヤモンド」といえる新しい価値を見つける作業である。そうすることで、自分自身を救済することにつながっていくのだろう。

ぎゃふん工房がつくるZINE『Gyahun(ぎゃふん)』

この記事は、『ぎゃふん⑩ 考えろ』に掲載された内容を再構成したものです。

もし『Gyahun(ぎゃふん)』にご興味をお持ちになりましたら、ぜひオフィシャル・サイトをご覧ください。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

フリーランスのライター・編集者。インタビューや取材を中心とした記事の執筆や書籍制作を手がけており、映画監督・ミュージシャン・声優・アイドル・アナウンサーなど、さまざまな分野の〈人〉へインタビュー経験を持つ。ゲーム・アニメ・映画・音楽など、いろいろ食い散らかしているレビュアー。中学生のころから、作品のレビューに励む。人生で最初につくったのはゲームの評論本。〈夜見野レイ〉〈赤根夕樹〉のペンネームでも活動。収益を目的とせず、趣味の活動を行なう際に〈ぎゃふん工房〉の名前を付けている。

関連記事

オススメ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

〈ぎゃふん工房〉はフリーランス ライター・米田政行のユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。このサイトでは、さまざまなジャンルの作品をレビューしていきます。

好評シリーズ

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 『戦慄怪奇ワールド コワすぎ!』は間違ってないけど正解じゃない

  2. 『呪詛』の“呪いの仕掛け”は虚仮威しだが新たな恐怖を得られる

  3. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?

  4. [〈社会契約論〉に対抗する死刑否定論]〈死〉がわからないから死刑を科せない

  5. [死刑否定論者が構築する死刑肯定論]自分が裁くなら死刑は正しい

  6. 関連サイト

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街』シリーズをぎゃふん工房がプロデュース!

  7. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  8. 「世界を革命する力を!」という言葉はこれからの人生のキャッチフレーズだ

  9. 私たちはいつのまにかまちがった考えかたを身につけていた

  10. 〈考える〉ことで新しい価値を見出せば自分の人生を救済する

  11. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  12. 関連サイト

    ぎゃふん工房の専用SNSサーバーでプチレビューを発信

  1. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する[その1]何をいまさらなんだよっ!

  2. ゲーム実況姉妹がカフェを開いちゃった理由【インタビュー:鼻炎姉妹】

  3. 『戦慄怪奇ワールド コワすぎ!』は間違ってないけど正解じゃない

  4. 関連サイト

    リトルマガジン(ZINE)『Gyahun(ぎゃふん)』好評発売中!

  5. アニメとは一味ちがう映像体験★アニソンのミュージックビデオ・セレクション

  6. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  1. おすすめ5大ホラーゲームシリーズの最後のひとつが決まらない

  2. 人生に行き詰まった40代が観たい最新アニメ7選

  3. J-pop好きが選ぶ洋楽初心者にオススメのアーティスト10選

  4. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  5. 日本のおすすめホラー映画をお探しのあなたへ最恐の15作[2019年改訂版]

  6. まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュージックビデオ32選

TOP