『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがスピンオフ?

岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。

岸辺露伴をご存知の方は多いかと思いますが、念のため知らない人のために説明すると、『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』に出てくる漫画家でスタンド使いです。「スタンド使い」は「特殊な能力の持ち主」ぐらいに理解しておけばいいでしょう。

『岸辺露伴は動かない』は、露伴先生が活躍する『ジョジョ』のスピンオフ作品集というわけです。

『ジョジョ』の好きな人には、もちろんお薦めできます。それは「なじみのあるキャラクターが登場するから」という理由だけではありません。また、『ジョジョ』本編とは独立した作品としてストーリーが完結しているので、『ジョジョ』を知らない人も楽しめます。

なぜ露伴先生ばかりがスピンオフ?

短編の内容をご紹介するのは、ネタバレの恐れがあるので、ここでは、ある疑問を考えてみたいと思います。

すなわち──。

〈なぜ『ジョジョ』のスピンオフ作品の主人公は岸辺露伴先生ばかりなのか?〉

もちろん、作者の荒木先生にとって、露伴先生が作品にしやすいからでしょう。実際、魅力的なキャラクターですし、短編を読んでみても、しっくりきていることは確かです。

でも、第4部のキャラクターでいえば、『ジョジョ』本編の主人公・東方仗助でも話は成り立ちそうです。

それなのに、露伴先生が主人公の短編集ばかりが描かれている。

なぜなのか?

その疑問を解明するには、『岸辺露伴は動かない』という作品集の魅力を読み解く必要がありそうです。

敵はスタンド使いではない

自分なりに答えを考えてみました。

〈『岸辺露伴は動かない』に登場する敵はスタンド使いではない〉

これこそが、この短編集の魅力であり、主人公が岸辺露伴でなければならない理由なのではないか。

言うまでもなく『ジョジョ』本編では、主人公たちが戦うのは敵スタンド使いです。したがって、『ジョジョ』の世界観に慣れ親しんでいる人は、スタンドのルールを知っているし、スタンド使い同士の攻防にも感情移入できます。でも、初心者が、『ジョジョ』本編のどれかひとつのエピソードをほいっと取り出して読んでみても、なかなかついていけないのではないでしょうか(そもそも1話完結ではありませんし)。

しかし、この短編集では、スタンド能力の応酬は描かれません。岸辺露伴の相手はスタンド使いではないからです。『ジョジョ』をよく知らない人にもオススメできる理由はここにあります。

では、敵がスタンド使いでないとしたらなんなのか──というところが、この短編集の重要ポイントなのです。

なるほどこれは露伴先生でなければ

そして、敵がスタンド使いでなく、じつは●●●であるならば、なるほど『ジョジョ』の主人公もしくはそれに近いキャラクターでは、物語が成り立たないことがわかります。

ものすごく乱暴な表現をすれば、露伴先生は「正義の味方」ではなく「悪の味方」に近い存在です(もちろん、『ジョジョ』は勧善懲悪の物語ではないので、そんな単純な二元論ではないのですが)。

〈なるほどこれは露伴先生でなければならないな〉

そう腑に落ちます。

今回は奥歯にモノがはさまった言い方しかできず恐縮ですが、ぜひ『岸辺露伴は動かない』を読んで、納得していただければと思います。

[2016年5月2日 追記]

この『岸辺露伴は動かない』がアニメ化されるそうです。

黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義』のピンボケ感

高橋葉介『ヘビ女はじめました』の〈単刀直入ホラー〉の魅力

関連記事

  1. 近未来を舞台にした藤井太洋『UNDER GROU…

    その名のとおり「地下経済」をテーマとしたSF小説。2018年という近未来を舞…

  2. 『トネガワ』

    『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオ…

  3. 『呪怨:呪いの家』が甦らせた“呪怨のもうひとつの…

    『呪怨:呪いの家』について語るとき、下のスクリーンショットがよく使われる。…

  4. 『バイオハザード6』を買おうか迷っている人に伝え…

    『バイオハザード6』には賛否両論があるが、ここでは各シナリオのどの部分に注目…

  5. 『サイコブレイク2』

    『サイコブレイク2』は“ゲームの下手な人”がプレ…

    評価が真っ二つに分かれたホラーゲーム『サイコブレイク』。『サイコブレイク2』…

  6. オウム真理教の裁判を見つめる森達也『A3』を読ん…

    森達也『A3 エー・スリー』は、オウム真理教の裁判に迫るドキュメンタリーだ。…

  7. 江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本…

    不況下の日本で、若者による通り魔事件が頻発。やがて犯行は財界人テロへと激化す…

  8. 横山秀夫『64(ロクヨン)』は“横山作品にハズレ…

    昭和64年に起きた誘拐殺人事件を巡る警察内部の抗争を描く、横山秀夫『64(ロ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  2. 『バイオハザード7』
PAGE TOP