『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがスピンオフ?

岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。

岸辺露伴をご存知の方は多いかと思いますが、念のため知らない人のために説明すると、『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』に出てくる漫画家でスタンド使いです。「スタンド使い」は「特殊な能力の持ち主」ぐらいに理解しておけばいいでしょう。

『岸辺露伴は動かない』は、露伴先生が活躍する『ジョジョ』のスピンオフ作品集というわけです。

『ジョジョ』の好きな人には、もちろんお薦めできます。それは「なじみのあるキャラクターが登場するから」という理由だけではありません。また、『ジョジョ』本編とは独立した作品としてストーリーが完結しているので、『ジョジョ』を知らない人も楽しめます。

なぜ露伴先生ばかりがスピンオフ?

短編の内容をご紹介するのは、ネタバレの恐れがあるので、ここでは、ある疑問を考えてみたいと思います。

すなわち──。

〈なぜ『ジョジョ』のスピンオフ作品の主人公は岸辺露伴先生ばかりなのか?〉

もちろん、作者の荒木先生にとって、露伴先生が作品にしやすいからでしょう。実際、魅力的なキャラクターですし、短編を読んでみても、しっくりきていることは確かです。

でも、第4部のキャラクターでいえば、『ジョジョ』本編の主人公・東方仗助でも話は成り立ちそうです。

それなのに、露伴先生が主人公の短編集ばかりが描かれている。

なぜなのか?

その疑問を解明するには、『岸辺露伴は動かない』という作品集の魅力を読み解く必要がありそうです。

敵はスタンド使いではない

自分なりに答えを考えてみました。

〈『岸辺露伴は動かない』に登場する敵はスタンド使いではない〉

これこそが、この短編集の魅力であり、主人公が岸辺露伴でなければならない理由なのではないか。

言うまでもなく『ジョジョ』本編では、主人公たちが戦うのは敵スタンド使いです。したがって、『ジョジョ』の世界観に慣れ親しんでいる人は、スタンドのルールを知っているし、スタンド使い同士の攻防にも感情移入できます。でも、初心者が、『ジョジョ』本編のどれかひとつのエピソードをほいっと取り出して読んでみても、なかなかついていけないのではないでしょうか(そもそも1話完結ではありませんし)。

しかし、この短編集では、スタンド能力の応酬は描かれません。岸辺露伴の相手はスタンド使いではないからです。『ジョジョ』をよく知らない人にもオススメできる理由はここにあります。

では、敵がスタンド使いでないとしたらなんなのか──というところが、この短編集の重要ポイントなのです。

なるほどこれは露伴先生でなければ

そして、敵がスタンド使いでなく、じつは●●●であるならば、なるほど『ジョジョ』の主人公もしくはそれに近いキャラクターでは、物語が成り立たないことがわかります。

ものすごく乱暴な表現をすれば、露伴先生は「正義の味方」ではなく「悪の味方」に近い存在です(もちろん、『ジョジョ』は勧善懲悪の物語ではないので、そんな単純な二元論ではないのですが)。

〈なるほどこれは露伴先生でなければならないな〉

そう腑に落ちます。

今回は奥歯にモノがはさまった言い方しかできず恐縮ですが、ぜひ『岸辺露伴は動かない』を読んで、納得していただければと思います。

[2016年5月2日 追記]

この『岸辺露伴は動かない』がアニメ化されるそうです。

黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義』のピンボケ感

高橋葉介『ヘビ女はじめました』の〈単刀直入ホラー〉の魅力

関連記事

  1. 『銀幕の声』

    【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽…

    映画を観ていると、スクリーンの端に少女の姿が映る。映画の筋には関係がなく、…

  2. 『バイオハザードRE2』

    『バイオハザード RE:2』レビュー:アンブレラ…

    〈ラクーンシティ〉を訪れるのは、この『バイオハザード RE:2』で4度目にな…

  3. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義…

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映…

  4. 小説を書くモチベーション

    小説を書くのにモチベーションなんかいらない──行…

    「小説の原稿を書かなければいけないのに、なかなかモチベーションが上がらない」…

  5. 畑村洋太郎『回復力 失敗からの復活』を読んで生き…

    〈失敗学〉の第一人者・畑村洋太郎先生による「失敗したあと復活する」ための本で…

  6. 『貞子3D』を2D環境でなんとか楽しむための3つ…

    お急ぎの方はスルーでOK[1]ここは作品レビューのブログである[2]「貞…

  7. 『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファン…

    原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二…

  8. 鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の…

    セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなん…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『Zアイランド』
PAGE TOP