『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解明する[準備編 その2]特報2

『シン・エヴァ』特報2の映像を読み解く。

2019年7月19日、劇場やスマホアプリで『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の「特報」第2弾(特報2)が公開された(20日にはYouTubeにもアップ)

[2019年8月9日追記]「特報2.5」が公開された。基本的な内容は変わらないが、夏休み中の子どもに向けて、各カットの長さを少しずつ延ばし視認性が高められているという。「来年6月公開」の旨のテロップも追加。また「エヴァンゲリオン改8号機γ(ガンマ)」のカットも加わっている。

先日のアバンと同様に、貴重な情報が得られたと同時に多くの謎も残された。

今回も、当ブログが提唱する〈メタフィクション(仮想現実)〉説を前提に、「特報2」の映像を読み解いてみよう。

例によって、過去の考察をまだお読みでない方はまずはそちらをご覧ください。

 icon-arrow-down 下図は当ブログの〈メタフィクション〉説を端的に表わしたもの。『シン・エヴァ』はゲンドウが「虚構A」から「虚構B」への突破を試みる物語——というのが当ブログの仮説である。

当ブログは、作品のレビューにあたっては〈ネタバレ〉なしを心がけていますが、〈謎解き〉という記事の趣旨上、壮大な〈ネタバレ〉が含まれます。あらかじめご了承ください。

『シン・エヴァ』特報2を考察

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』©カラー

それでは「特報2」で気になる部分をピックアップしながら、ざっくりと考察を加えていこう。

2号機と「インフィニティのなり損ない」らしきモノ

まずは、2号機らしきエヴァと、『Q』に登場した「インフィニティのなり損ない」とおぼしきモノの大群が映し出される。このあとのヴンダーが飛行するカットと考え合わせると、〈ガフの扉〉付近の様子と推測できる。

〈ガフの扉〉が開いているということは、〈ファイナルインパクト〉が起こっているのであり、『Q』ラストの『シン・エヴァ』の予告どおりに展開しているわけだ。予告の時点では〈ファイナルインパクト〉が阻止されて発生しないことも考えられたが、その可能性はとりあえずないようだ。

2号機は落下しているように見える。というより、空中を飛行するような能力は持ち合わせていないと思われるので、重力によって2号機は〈ガフの扉〉へ飛び込んでいるようだ。2号機は〈ガフの扉〉の上側にいることになる。

もしかすると、2号機は「帰還する」つもりはないのかもしれない。つまり、特攻。このあとマリが手を振る場面があるが、2号機を操るのはマリで死ぬつもりなのだ……と思わせておいて、じつはちがう——という展開を当ブログは期待している。

[2019年7月27日追記]2号機に乗るのはアスカ――というのが観る側の考察、いや願望だろう。

ここでとくに注目したいのは、「インフィニティのなり損ない」の大群は、あたりを漂っているだけで、2号機を攻撃していないこと。もちろん、2号機も応戦していない。となると、武器を携えた2号機の攻撃目標は別にあると考えられる。

過去の考察をもとにすれば目標は〈ゼーレ〉だ。しかし、やはり過去の考察で述べたとおり、この時点ではヴィレは〈メタフィクション〉の存在を知らないと思われる。つまり、ネルフ(ゲンドウ)と〈ゼーレ〉の思惑について、違いはないと考えているはずだ。攻撃目標は、〈ネルフ+ゼーレ〉ということになる。

しかしながら、ゲンドウとヴィレの利益は最終的に一致する、というのが当ブログの見方だ。この矛盾をどう解消するか? のちほどこの謎解きにチャレンジしてみたい

放浪中とおぼしきアスカたち

〈コア化〉した街を彷徨さまよっているとおぼしきアスカたちも見える。『Q』のラスト直後の様子だろう。

「アバン」では、ヴィレはアスカたちを見失ったような発言があったが、このシーンを見ると簡単に見つけられそうなのだが……。時系列としては「アバン」よりもかなり前の出来事なのだろうか。

アスカたちの先にあるのは「黒き月」のようにも見える。3人は「黒き月」を目指しているのか?

のちに、ポータブル・プレーヤーを手にしたシンジの姿が映るシーンもある。プレーヤーはアヤナミレイが『Q』のラストで拾ったものだろう(拾うところは描かれていない)

このときシンジのいる場所はどこなのか? これも気になる点のひとつだ。

ヴンダー、〈ガフの扉〉へ

ヴンダーが〈ガフの扉〉の上を飛行する場面もある。先の2号機と同じシーンだ。

当ブログの仮説をもとにすればヴンダーは〈ガフの扉〉へ突進、〈扉〉の向こう側へ行こうとしていると考えられる。もちろん、〈扉〉を抜けた先にあるのは〈ゼーレ〉の世界(虚構B)だ。

ヴンダーはもともと〈ゼーレ〉の乗り物であり、「神殺しの力」を持つモノ。この時点におけるミサトたちの意図はわからないが、最終的にはその力を使って〈ゼーレ〉と対峙することになるはずだ。

ここで気になるのは、ヴンダーやまわりの戦艦に例の“ヒモ”がついていない点。単にこのシーンは未完成で、これから描き足されるのかもしれない。そうでないとすると、どこかのタイミングで“ヒモ”がはずれるのだろうか。つまり、“ヒモ”は〈虚構B〉の世界からヴンダーを拘束していた。それが解けたから、〈ガフの扉〉へ飛び込むことが可能になった——ということかもしれない。

冬月とユイ(?)

なにかに苦悩しているとおぼしき女性の横顔のアップと、その向こうに冬月と思われる姿。冬月の表情は見えないが、かなり深刻な場面であることはまちがいない。

女性は、おそらくはユイだろう(レイの可能性もあるが)*1。順当に考えれば、これは過去の出来事だろうが、当ブログの仮説をもとにすれば、現在進行形の場面であっても不自然ではない。

*1:[2019年7月21日追記]他サイトで指摘されていたが、ユイとは髪の色が異なるので、レイの可能性のほうが高い。ただし、当ブログの説を前提とすると、依然としてユイだと考えることは可能である。

いずれにしても、冬月とユイは抜き差しならない状況にあるにちがいない。いったいなにが起こっているのか?

冬月とユイの2人が深刻な表情にならざるを得ない事態。2人を結びつけるもの。それはゲンドウだ。これについても、のちほど考察してみたい

〈槍〉の刺さった第13号機

『Q』に登場した制御装置に横たわる第13号機とおぼきエヴァ。コアには2本の〈槍〉が刺さっている。

どんな目的で〈槍〉を第13号機に刺しているのか? 過去の考察をふまえれば、2本の〈槍〉が刺さっていることから、第13号機の機能を増幅させているのだろう。〈槍〉は単独で使えば機能を停止させるが、2本をセットで使えば逆の働きをする(過去の考察では「合体させる」としたが、その必要はなさそうだ)

〈槍〉を刺している理由は、これはもう〈ファイナルインパクト〉を起こすためとしか考えられない。ただし、問題点もある。これもあとで考察する

[2019年8月3日追記]ゲンドウが意図しているのは、厳密には〈ガフの扉〉を開くことであって〈インパクト〉を起こすことそのものではない。したがって、〈槍〉を合体させる必要はないのかもしれない。

[2019年8月8日追記]コメント欄にて、「2本の〈槍〉は『Q』で刺したもの」とのご指摘をいただきました。たしかにそう考えるのが自然であろう。

カヲルとシンジ

カヲルがシンジに話しかけている場面もある。

『Q』で退場したはずのカヲルがシレっと復活して登場している。考えられる可能性は3つ。

まずは、やはりこの場面が過去の回想という可能性。しかし、このようなシチュエーションは新劇場版にも旧劇場版にも見当たらない。もちろん、描かれていなかっただけで、こういう状況が過去にあったことも考えられなくもない。

次に、シンジの見ている夢、もしくは精神世界のような場所での出来事である可能性。旧劇場版でも、亡きモノにされたはずのカヲルが〈サードインパクト〉の発動とともにシンジの心の世界に登場したから、この可能性も十分にある。

3つめの可能性として、回想でもシンジの精神世界でもなく、“現実”の世界でカヲルが登場することもあり得る。そもそもカヲルは〈メタフィクション〉の人物であり、『シン・エヴァ』で復活することは想定の範囲内ともいえる。

また、当ブログの説を前提としなくても、たとえば『序』において、カヲルの眠っていた棺桶がいくつも置かれていたから、カヲルの再登場はあまり驚きに値しないだろう(その場合、『序』『破』『Q』のカヲルとは別人ということになるが)

問題は、シンジと会話をしている場所だ。ここはいったいどこなのだろう?

背景の印象から〈コア化〉していない場所だと考えられる。『Q』でアスカの言う「リリンが近付ける所」であり、予告でミサトの言う「たどり着いた場所」なのかもしれない。

シンジ「ミサトさんやサクラさんの言うとおり、ぼくはエヴァに乗っちゃいけなかったんだ。ぼくがエヴァに乗らなければ、こんなことにはならかった。あのとき、カヲルくんもぼくを必死に止めてくれたのに……」

カヲル「きみがエヴァに乗るかどうかは問題じゃない。大切なのは、きみ自身が決断すること。決断することをおそれないことさ」

などという会話を交わしているのだろうか?

シーン番号から『シン・エヴァ』の展開を予測

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』©カラー

「特報2」では、「Sn299 C001」といったテロップがところどころに挿入されている。

おそらく「Sn」は「シーン」、「C」は「カット」という意味だと思われる。つまり、それぞれの場面が『シン・エヴァ』のどのシーン・カットに相当するかを表わしているのだろう。

まずは、「特報2」のシーン番号とそれぞれの場面を確認してみよう。

  • Sn299 C001 2号機と「インフィニティのなり損ない」
  • Sn002 C018 放浪中のアスカたち
  • Sn054 C010 アヤナミレイの悩んだような顔のアップ
  • Sn299 C001A 〈ガフの扉〉に飛び込む2号機
  • Sn002 C010 〈コア化〉した街をさまよう3人
  • Sn299 C002 飛行するヴンター
  • Sn299 C003 〈ガフの扉〉に突入しようとしているヴンター
  • Sn143 C003 冬月とユイ
  • Sn105 C002 〈槍〉の刺さった第13号機(アップ)
  • Sn105 C001 〈槍〉の刺さった第13号機(引き)
  • Sn134 C017 手を振るマリ
  • Sn109 C002 プレイヤーを手にするシンジ
  • Sn115 C003 ミサトとリツコの会話
  • Sn136 C003 シンジとカヲル

ところで、『エヴァ』の旧劇場版(テレビ版)では、シーンの時系列を入れ替えたり、意図的に飛ばしたり、1話をまるまる過去の回想に費やしたりする演出が見られた。それに対して、新劇場版は一部の例外を除いて時系列どおりにシーンが並べられている。時間に対してトリッキーな演出はほどこされていない(当ブログが「ループ」説などに消極的なのはそのためだ)

ということは、『シン・エヴァ』も起こった出来事の順番に物語が展開すると考えられる。上記の場面をシーン番号順に並べ替えてみよう。

  • Sn002 C010 〈コア化〉した街をさまよう3人
  • Sn002 C018 放浪中のアスカたち
  • Sn054 C010 アヤナミレイの悩んだような顔のアップ
  • Sn105 C001 〈槍〉の刺さった第13号機(引き)
  • Sn105 C002 〈槍〉の刺さった第13号機(アップ)
  • Sn109 C002 プレイヤーを手にするシンジ
  • Sn115 C003 ミサトとリツコの会話
  • Sn134 C017 手を振るマリ
  • Sn136 C003 シンジとカヲル
  • Sn143 C003 冬月とユイ
  • Sn299 C001 2号機と「インフィニティのなり損ない」
  • Sn299 C001A 〈ガフの扉〉に飛び込む2号機
  • Sn299 C002 飛行するヴンター
  • Sn299 C003 〈ガフの扉〉に突入しようとしているヴンター

過去の作品(『序』『破』『Q』)において「カット」は映画の最初から終わりまで連番でつけられており、なおかつ今回のように「シーン」という区分けはされてない。したがって、たとえば「Sn299」が映画全体のどのくらいのところにあたるのかは不明だ。

「Bパートのラストで〈ファイナルインパクト〉が発動する」という当ブログの予想と、先のライブで緒方恵美氏が「半分ぐらい出来ている」と発言したことから考えると、「Sn299」は映画の中盤かもしれない。

Aパートで、放浪するシンジたち3人がヴィレに合流。AパートからBパートにかけて、人間ドラマや過去の種明かしなどがある。Bパートの終盤で〈インパクト〉が発生。ヴィレと2号機が〈ガフの扉〉に突入——ざっと、そんな流れになりそうだ。

もちろん、問題点もある。「〈コア化〉した街をさまようアスカたち」のシーンは「Sn002」となっている。先日公開された「アバン」がこの前にあるとすれば、「アバン」は「Sn001」になるはず。すると、ひとつひとつのシーンの尺が10分以上になってしまう。いくらなんでも長すぎる。

あくまで先日の「アバン」はライブ用であり、本編では「アバン1」と「アバン2」が入れ替わるのかもしれない。そう考えると、「ヴィレがアスカたちを見失っている」と解釈した場合に生じる問題が解決する。

あるいは、そもそもシーン番号を表わすテロップそのものが「特報2」の演出にすぎず、フェイクなのかもしれない。

さらにいえば、先に「『シン・エヴァ』も起こった出来事の順番に物語が展開すると考えられる」と述べたが、その保証もまったくないのだ。むしろ、この「特報2」のように、テロップで(「その2年前」など)シーンの時間が表示され、時系列はシャッフルされて展開する可能性も考えておいたほうがよさそうだ。

『シン・エヴァ』はゲンドウの自己犠牲の物語?

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』©カラー

過去の考察でも述べたようにゲンドウは〈インパクト〉を起こすための材料を持っていない(ように思える)。2本の〈槍〉と〈第13号機〉は手にしていても、それだけでは足りない。たとえば、〈トリガー〉が不足している(なお、この〈槍〉がどこから出てきたのかは、別の記事であらためて検討する)

ここで、無茶は承知で、ある妄想を披露してみたい。

じつはゲンドウ自身がその足りない“材料”になるつもりなのでは? 〈ネブカドネザルの鍵〉によってそれが可能になっている、とも考えられる。

ユイが初号機に対して行なったのと同じように、ゲンドウも第13号機に「ダイレクトエントリー」するのではなかろうか。

 icon-arrow-circle-down 『Q』では過去にユイが初号機にエントリーした様子が描かれている。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

つまり、〈ファイナルインパクト〉はゲンドウの自己犠牲によって実現するのかもしれないのだ。

それを裏づけるように、『Q』では冬月がこんな発言をしている。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

だから今
碇は自分の願いをかなえるために
あらゆる犠牲を払っている
自分の魂もだ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

「特報2」の深刻そうな冬月とユイの表情は、ゲンドウの「犠牲」に対するものではないだろうか。

さらに、「ゲンドウの自己犠牲」をキーワードにすると、別の真実も見えてくる。

ゲンドウと〈ゼーレ〉の思惑は異なっている。これは劇中の描写からまちがいない。そして、(ここからは当ブログの想像だが)その真実をヴィレの連中は知らない——というよりも、ゲンドウが意図的に自分と〈ゼーレ〉を区別させないようにしているのだ。なぜか? 「神殺しの力」(ヴンダー)を持つヴィレに自分たちを攻撃させるため。それによって自分自身とともに〈ゼーレ〉を倒してもらうためである。

「諦観された神殺し」(『Q』のゲンドウの発言)の「諦観」とは、「あきらめる(行動するのを止める)」ことではなく、過去の考察でも述べたように「物事の本質をはっきりと見きわめること」だ。それはすなわち「この世界が仮想現実である」ことを知るという意味。「諦観された神殺し」とは、ようするに〈ゼーレ〉の打倒なのだ

ゲンドウは旧劇場版と同様に、“罰”をみずから受けるカタチで退場してしまうのか? それともミサトたちの手によって救済されるのか? そこが『シン・エヴァ』の見どころのひとつになりそうだ。

 icon-arrow-circle-down 次の考察はこちら。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解明する[準備編 その1]0706作戦 LIVE

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解明する[準備編 その3]インフィニティとインパクト

関連記事

  1. チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!…

    チャック・ノリスをご存知でしょうか? シルベスタ・スタローン、アーノルド・シ…

  2. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    モノゴトは別の角度から眺めると、新しい光景が見えてくることがある。『ヱヴァン…

  3. 『パシフィック・リム』の制作陣が“わかっていらっ…

    特撮怪獣モノやロボット・アニメに親しんだ者が『パシフィック・リム』を観ている…

  4. 幾原邦彦展

    〈幾原邦彦展〉で人生を早くすりつぶさないと。がう…

    『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』『さらざんまい』と、独創的…

  5. 『ターミネーター:新起動 ジェニシス』

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 このシリ…

    〈ターミネーター〉と呼ばれる殺人マシーンが未来からやってきて、主人公を殺そう…

  6. 映画『バトルシップ』は今さら異星人侵略モノだけど…

    地球に侵略してくる(正確には侵略しようとしている)エイリアンたちと戦う話。そ…

  7. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』は、ご存知のとおりストーリーや設定に謎の多い作品…

  8. 映画『キャビン』の感想を〈ネタバレ〉なしで書く

    「ここから先の展開は絶対に読めない」という予告編の挑発に乗って映画館に行こう…

コメント

  1. アバター
    • 匿名
    • 2019年 8月 08日

    2本の槍は、Qで13号機が自分で刺した2本では?
    特報2のカヲル&シンジのシーンは、エヴァ展にあったヴンダー内部のアスカとマリに部屋に似ています。

    • 13号機の槍は、たしかにそう解釈するのが自然ですね。難しく考えてすぎてしまいました。

      カヲルとシンジのシーンについても、貴重な情報ありがとうございました!

  2. アバター
    • 匿名
    • 2019年 8月 19日

    ピアノ線状のものは、ヴンダーに搭乗する長良の立体式操舵(特に重力制御)により上下方向に加速度が生じた際のみ発生します。
    普通に水平方向に飛行している時は可視化されません。一部例外的なシーンがありますが

    • なるほど。ヴンダーは重力を自由に制御できるような、そんなオーバーテクノロジーを持っているのかもしれませんね。それは思い至りませんでした。

      貴重な情報、ありがとうございました!

  3. アバター
    • まー
    • 2019年 9月 23日

    なんか自分が作った仮説を意地でも正しいことにするためにへりくつこねるのはやめましょ
    シンはQから地続きの物語 虚構A 虚構Bになんてわかれてないのは明白

    まだシンがまったくつくられてないときなら自由な創造で許されるけどあそこまでQのすぐあとの話をされてまだ「別の世界の話だ論」を続けるのは無理ある Qの続編 それがシン・エヴァですよ もちろん終わり方で多重構造にしたりする可能性はあるけどされではここの仮説とはまるで違うってことだ 広げた風呂敷 しまえないのはわかるがあきらめ時ですよ

    • ちょっと誤解なさっているようなのですが、こちらの記事でも

      巷では「『シン・エヴァ』は『破』の続き(『Q』はパラレルワールド)」との説もささやかれていたが、ふつうに『Q』のつづきの物語であることがわかった

      と書いております。〈物語〉としては『シン』は『Q』の続きで、〈世界〉が虚構Aと虚構Bに分かれている。『シン』は虚構Aから虚構Bへ行くお話になる、ということです(両者が別々の物語として展開すると考えているわけではありません)。『マトリックス』『宇宙船レッド・ドワーフ号』『ループ』、エヴァ旧劇場版などを想像していただければ、ご理解いただきやすいかと思います。

      したがいまして、おっしゃるとおり「終わり方で多重構造にしたりする可能性はある」と考えているわけです。まー様と私の考えはじつは一致しているのではないかとも想像しています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. ネットワークオーディオのサムネイル
  2. 心霊玉手匣
  3. 『ぎゃふん10』メイン
PAGE TOP