人生の“勝率”アップには『のんのんびより』ひかげの忠告が役立つ

人生のヒント

「結局この世は運次第」という諦観を持っています。成功は、どれだけ努力をしたか、どれほど実力があるかではなく、いかに幸運に恵まれるかで決まるようです(たとえば、こちらをご参照)

とはいっても、やはり〈努力〉は必要です。問題は〈努力〉が必ずしも結果に結びつかないところにあります。誰だって〈努力〉はしてるのだけど、〈努力〉している人の一部しか人生の“勝ち”を得られない。理不尽な世のなかを私たちは生きているわけです。

そんな世界で私たちができることはあるのでしょうか? それは人生の“勝率”を少しでも高めることかもしれません。

そこで私は、『のんのんびより』に登場する宮内ひかげのアドバイスを参考にしています。

ひかげはマジックの失敗に対してこう叱咤した

『のんのんびより』は、全校生徒が5人しかいない学校が舞台。第9話「文化祭をやってみた」では、ささやかな文化祭が催されます。

越谷夏海は「タネも仕掛けもありません」などと言いながら、テーブルクロス引きを披露しますが(予想どおりというべきか)失敗。テーブルのうえにあったコップは無残にも床に散乱してしまいます。「タネも仕掛けもなかったでしょ?」と悪びれる様子もない夏海に対し、ひかげは次のように叫びます。

「仕掛けろよ
なんでもいいから花咲かせろ!」

声:[宮内ひかげ]福圓美里

『のんのんびより』第9話「文化祭をやってみた」
©2013 あっと・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/旭丘分校管理組合

人生における“勝ち”とはなにか?

ひかげの夏海に対する叱咤をどう人生に活かしているか?

マジシャンは手品を披露する予定がなかったとしても、つねにタネを仕込んでいると聞きます。ふいに「なにかやってみせて」と言われたときに対応できるようにするためです。私もマジシャンのように日ごろから“タネ”を仕込んでいるのです。

最近、こんな出来事がありました。

某メディアで企画を立てました。その企画には協力者が必要でした。ふつうなら、ゼロから協力者を探し出し、企画の趣旨を丁寧に説明しながら協力をお願いするところです。その作業には手間と時間がかかります。

しかし、今回は適任者に心当たりがあり、すかさず連絡。その場で快諾していただきました。

これほどスムーズにコトが運んだのは、じつは毎年その人に年賀状を出していたからです。まさに「手品を披露する予定がなかったとしても、つねにタネを仕込んでい」たわけです。「仕掛け」て「花を咲かせ」たといえます。

ただし、このエピソードには2つの落とし穴があります。

ひとつは、あくまで結果論だという点。「協力者」という結果からさかのぼれば、たしかに「年賀状」はタネに思えるのですが、年賀状を送っていた人が企画の協力者として適任だったのは偶然です。年賀状の相手のすべてがなんらかの結果につながっているわけではないのですから。

ふたつめは、「年賀状」という仕掛けによって得られた「協力者」を“花”と呼ぶには、あまりにショボいのではないか、ということ。はたしてそれが人生の“勝ち”といえるのかどうか。

今回のポイントは、人生においてなにを“勝ち”と考えるかにあります。「大金を稼いだ」「名声を得た」などの結果が出たなら、それは多くの人が“勝ち”と思うでしょう。しかし、そんな“勝ち”をつかめる人はごくわずか。「花を咲かせる」ための「仕掛け」のほとんどがムダになるのです。

そこで発想を変えてみます。「人生における“勝ち”とは〈結果〉ではない」と考え、〈結果〉ではなく〈過程〉に着目します。すると、「仕掛け」と「花」がつながったという過程そのものに“勝ち”を見出すことができます。「仕掛け」のすべてが「花」になるとはかぎらないわけですが、「咲かなかった花」のことは気にしないのです。

「それでは詭弁ではないか」「屁理屈だ」と思うかもしれません。

ここであらためて人生の“勝ち”とはなにかを考えてみます。

充実感とか達成感を得られたなら、それは“勝ち”なのではないでしょうか。お金や名声が充実感や達成感をもたらすことも当然あるでしょう。では、今回のように「仕掛け」が「花を咲かせた」ようなケースは? 自分の人生を主体的に動かした。自分の人生に対し能動的に向き合った。その事実に対して充実感や達成感、ひいては〈幸福感〉を持てる気がします。

お金や名声ではなく、〈主体性〉や〈能動性〉こそが人生を“勝ち”へと導くキーワードかもしれません。充実感や達成感を「花」と考えてもいいわけです。

ひかげはこう言っています。

仕掛けろよ なんでもいいから花咲かせろ!

そう。「花」は「なんでもいい」のです。

人生に活かしたいアニメの名セリフ

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

フリーランスのライター・編集者。インタビューや取材を中心とした記事の執筆や書籍制作を手がけており、映画監督・ミュージシャン・声優・アイドル・アナウンサーなど、さまざまな分野の〈人〉へインタビュー経験を持つ。ゲーム・アニメ・映画・音楽など、いろいろ食い散らかしているレビュアー。中学生のころから、作品のレビューに励む。人生で最初につくったのはゲームの評論本。〈夜見野レイ〉〈赤根夕樹〉のペンネームでも活動。収益を目的とせず、趣味の活動を行なう際に〈ぎゃふん工房〉の名前を付けている。

関連記事

オススメ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

〈ぎゃふん工房〉はフリーランス ライター・米田政行のユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。このサイトでは、さまざまなジャンルの作品をレビューしていきます。

好評シリーズ

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?

  2. [〈社会契約論〉に対抗する死刑否定論]〈死〉がわからないから死刑を科せない

  3. [死刑否定論者が構築する死刑肯定論]自分が裁くなら死刑は正しい

  4. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  5. 「世界を革命する力を!」という言葉はこれからの人生のキャッチフレーズだ

  6. 関連サイト

    リトルマガジン(ZINE)『Gyahun(ぎゃふん)』好評発売中!

  7. 私たちはいつのまにかまちがった考えかたを身につけていた

  8. 〈考える〉ことで新しい価値を見出せば自分の人生を救済する

  9. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  10. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  11. 僕のつくるZINEがAIに乗っとられた日

  12. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  1. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない

  2. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  3. とある20代女性は『天使の街』をこう読んだ

  4. 関連サイト

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街』シリーズをぎゃふん工房がプロデュース!

  5. ゲーム実況姉妹がカフェを開いちゃった理由【インタビュー:鼻炎姉妹】

  6. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  1. 日本のおすすめホラー映画をお探しのあなたへ最恐の15作[2019年改訂版]

  2. 万策尽きた40代がいま観るべき〈お仕事アニメ〉5選

  3. 人生に行き詰まった40代が観たい最新アニメ7選

  4. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  5. おすすめ5大ホラーゲームシリーズの最後のひとつが決まらない

  6. ゾンビ映画の初心者に贈る! いますぐ観たくなる名作10+α選[保存版]

TOP