Capital Cities「Safe And Sound」は懐かしいではなく新鮮

少し前まではロビン・シック「Blurred Lines」、最近だとケーティ・ペリー「ロアー」の影に隠れていて、ついスルーしてしまっていたのですが、ここ数か月、洋楽でずっと上位にランクインし続けているのが、Capital Cities「Safe And Sound」です。

邦楽のほうにも目を向けてみると、良くも悪くも、ランキングを席捲しているAKB48が「恋するフォーチュンクッキー」だの「ハート・エレキ」だのといった、昔懐かしいダンシングナンバーを出してきているので、2013年は日米ともに古き良き時代への憧憬の年でした──ってまとめようと思ったけど、なんか無理があります。

音楽的な素養がもう少しあれば、もっと気の利いたことが書けるのかもしれませんが、専門的なことはまったくわからないので、ただただ純粋に「良い音楽」として堪能するだけです。

Capital Citiesも、彼らの年齢を考えれば往年の音楽をやっているのではなく、昔に憧れつつも、自分たちなりの「今」のサウンドを作っているのだと思います。

ミュージックビデオは懐古趣味のようですが、昔の音楽の洗礼を受けていないほうが、新鮮さを覚え、より満喫できる内容となっています。

鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の身も蓋もない真実

AKB48『鈴懸』を聴いた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの

関連記事

  1. KE$HA『WARRIOR』こそ真の“肉食系”な…

    KE$HA(ケシャ)に対してよくなされる形容は「女豹」。日本風にいえば“…

  2. 洋楽アーティストのイメージ

    J-pop好きが選ぶ洋楽初心者にオススメのアーテ…

    人の音楽の趣味は二十代のころには決まってしまうという。しかし、当ブログが洋楽…

  3. SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケ…

    SCANDALの新作アルバム『STANDARD』を素直に最初から再生すると、…

  4. 映画のようなミュージックビデオのイメージ

    まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュー…

    クォリティの高いミュージックビデオ(MV)は、もちろんこの世にあふれている。…

  5. ケーティ・ペリー「ロアー」でガオー!ってしたい

    以前にブログで紹介し、twitterでもしつこく取り上げたロビン・シック「B…

  6. 今井絵理子『just kiddin’…

    ジャケットのイメージは、まさしく〈今井絵理子〉で、ブレのなさに感心するわけだ…

  7. ガールズバンドSCANDALの今まで気づかなかっ…

    今、ガールズ・バンドが密かなブーム。高い演奏力を誇る実力派のグループも続々登…

  8. AKB48『鈴懸』を聴いた上でのやや気恥ずかしい…

    AKB48の新曲『鈴懸』は、絵に描いたようなAKB48というかアイドルグルー…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

おすすめの記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』アイキャッチ
PAGE TOP