Capital Cities「Safe And Sound」は懐かしいではなく新鮮

少し前まではロビン・シック「Blurred Lines」、最近だとケーティ・ペリー「ロアー」の影に隠れていて、ついスルーしてしまっていたのですが、ここ数か月、洋楽でずっと上位にランクインし続けているのが、Capital Cities「Safe And Sound」です。

邦楽のほうにも目を向けてみると、良くも悪くも、ランキングを席捲しているAKB48が「恋するフォーチュンクッキー」だの「ハート・エレキ」だのといった、昔懐かしいダンシングナンバーを出してきているので、2013年は日米ともに古き良き時代への憧憬の年でした──ってまとめようと思ったけど、なんか無理があります。

音楽的な素養がもう少しあれば、もっと気の利いたことが書けるのかもしれませんが、専門的なことはまったくわからないので、ただただ純粋に「良い音楽」として堪能するだけです。

Capital Citiesも、彼らの年齢を考えれば往年の音楽をやっているのではなく、昔に憧れつつも、自分たちなりの「今」のサウンドを作っているのだと思います。

ミュージックビデオは懐古趣味のようですが、昔の音楽の洗礼を受けていないほうが、新鮮さを覚え、より満喫できる内容となっています。

鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の身も蓋もない真実

AKB48『鈴懸』を聴いた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの

関連記事

  1. 鈴木亜美『Snow Ring』のニワカだけどニワカじゃないレビュ…

    2月6日に発売された鈴木亜美のミニアルバム『Snow Ring』を買った。鈴木亜美を聞いたのは、19…

  2. 香音「花粉デビルをやっつけろ!!」で花粉!ぎゃふん!発奮!

    だって「花粉、花粉、ぎゃふん!」なんて歌ってるんですもの。取り上げないわけにはいきませぬ。タレン…

  3. 映画のようなミュージックビデオのイメージ

    まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュージックビデオ30…

    クォリティの高いミュージックビデオ(MV)は、もちろんこの世にあふれている。今回はストーリー性があっ…

  4. 華原朋美「夢やぶれて」「I’m proud」のコンボ…

    7年ぶりのシングル。彼女の復帰を永らく待ち望んでいた。いや、待ち望んでいた自分に気がついた。「夢…

  5. AKB48『ハート・エレキ』のガメラ監督によるPVに注目

    AKB48の楽曲を毎回買うわけではなく、まあだいたい1コおきくらいにお気に入りがきます。前作『恋する…

  6. AKB48「恋するフォーチュンクッキー」を聴くのは今ジャナイでし…

    AKB48の楽曲を毎回購入するわけではない。前回買ったのは「ギンガムチェック」である。つまり、パキッ…

  7. 『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』

    『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』はこの…

    『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』は、ZARDのミュージックビデオを4枚のデ…

  8. SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケーよな?

    SCANDALの新作アルバム『STANDARD』を素直に最初から再生すると、もちろん悪くはないのだけ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

PAGE TOP