ガールズバンドSCANDALの今まで気づかなかった3つの魅力

今、ガールズ・バンドが密かなブーム。高い演奏力を誇る実力派のグループも続々登場している。

その急先鋒といえるのがSCANDALだ。2006年のデビューだが、当ブログはずっとスルーしていた。

だが、ビデオクリップ集『SCANDAL VIDEO ACTION』を観て、それが一生の不覚であることを悟った。

今ごろ彼女たちの魅力に気づくなんて!

今回は、そんな反省を込めながら、SCANDALの魅力をお伝えする。

[魅力1]まったくブレない演奏スタイル

ビデオクリップ集を全曲通して観賞して気づいたこと。それは一貫した演奏スタイルだ。

つねに攻撃的でアグレッシブ。一秒たりとも立ち止まらない。

だから、観ているほうも気が抜けない。ちょっとでも気を許せば振り落とされる。

彼女たちに身を委ねることで、行き詰まった気分を打破してくれる。そんな爽快感に満ちあふれている。

[魅力2]どこか昭和の香りの漂う音楽性

なぜ、SCANDALの楽曲に惹かれるのか? その理由をしばらく考えて「あっ」と気づいた。

ピンクレディーや松田聖子といった、往年のアイドルにどこか通じるものがある。

つまりは“おっさんホイホイ”。

80〜90年代、日本が浮かれていた時代。そして、日本が力強かった古き良き時代。

そんな時代の香りを身にまとっているからこそ、貫録と安定感は抜群だ。

[魅力3]かっこいい制服姿にしびれるあこがれる

学校の制服のミニスカートは、端的に言えば、少女としての「かわいらしさ」の象徴だ。

だって、10代の多感な少女の時代に着るのだから。

でも、SCANDALの制服姿には、か弱い少女らしさは微塵も感じられない。決して守られるべき存在ではない。

あくまで、ミニスカは鎧であり、武器なのである。

3つの魅力が融合して人を幸せにする

「音楽」の役割って何だろう? 正解なんてないし、人によって答えは異なる。

だが、ある種の音楽が人に幸福をもたらすことは事実。

SCANDALの音楽を聴いて、ビデオを観て、元気が出ないやつなんていない。

ちっぽけな悩みなんて、一瞬で吹き飛ぶぜ。

そんなSCANDALに完敗……いや乾杯だ!

SCANDAL Official website

『貞子3D』を2D環境でなんとか楽しむための3つのポイント

オウム真理教の裁判を見つめる森達也『A3』を読んでわかったこと

関連記事

  1. 今井絵理子『just kiddin’…

    ジャケットのイメージは、まさしく〈今井絵理子〉で、ブレのなさに感心するわけだ…

  2. 家入レオ『a boy』

    家入レオ『a boy』でわかるCDを買う楽しみ

    「CDが売れなくなった」とアーティストが嘆く。そんな時代に「CDを買って良か…

  3. ネットワークオーディオのサムネイル

    ネットワークオーディオで音楽人生を変えた話

    「ここらでいっちょ音楽人生を変えたい」。そう思ったワシが選んだ方法は〈ネット…

  4. 香音「花粉デビルをやっつけろ!!」で花粉!ぎゃふ…

    だって「花粉、花粉、ぎゃふん!」なんて歌ってるんですもの。取り上げないわけに…

  5. KE$HA『WARRIOR』こそ真の“肉食系”な…

    KE$HA(ケシャ)に対してよくなされる形容は「女豹」。日本風にいえば“肉食…

  6. AKB48『鈴懸』を聴いた上でのやや気恥ずかしい…

    AKB48の新曲『鈴懸』は、絵に描いたようなAKB48というかアイドルグルー…

  7. 華原朋美「夢やぶれて」「I’m pr…

    7年ぶりのシングル。彼女の復帰を永らく待ち望んでいた。いや、待ち望んでいた自…

  8. Lady Gaga「Applause」のカラダを…

    レディー・ガガ「Applause」は、ケーティ・ペリー「ロアー」と同時期に出…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』
  2. 『封印映像』
PAGE TOP