〈アメリカの敏腕弁護士〉と〈日本の山ガール中学生〉から学ぶ幸せの法則

人生のヒント

アメリカの敏腕弁護士は理想の生活をしているか?

まずは、S氏にご登場いただこう。

彼は、アメリカ・マンハッタンにある大手法律事務所に勤めている。事務所は有名な大企業を何社も顧客として抱え、とてつもない利益を上げている。弁護士やパラリーガル(アシスタント)も大勢所属しており、広々としたオフィスは、事務所の羽振りの良さを象徴している。

S氏は自他ともに認める敏腕弁護士で、事務所の開所当初から所長の右腕として仕事に励んでいる。手がける訴訟は負け知らず。その働きぶりが評価され、ほどなくしてシニア・パートナーに昇進した。

事務所の稼ぎ頭であるS氏の収入はどれほどのものか? 具体的な金額はつまびらかではないが、とある事情でまとまった資金が必要になったとき、ポンと数百万ドルをキャッシュで用意したこともある。年収は推して知るべしだ。

もちろん、S氏のオフィスは個室。所長の次に広い部屋をあてがわれている。壁一面にしつらえた棚には、趣味で集めたアナログレコードがビッシリとおさめられている。窓際には有名な選手のサインが入ったバスケットボールのコレクション。壁には絵画が飾られ、デスクの引き出しには、一杯るための酒とグラスがしまわれている。

当然のように、S氏の自宅も豪勢そのもの。

窓からはマンハッタンの夜景を望み、バーカウンターで酒を注いだら、暖炉の前に置いたソファでくつろぐ。自宅のゴージャスぶりは、後輩の弁護士が自分の結婚パーティの会場として提供してもらうほどだ。

S氏は、絵に描いたような“勝ち組”であり、ビジネスパーソンがめざすひとつの理想といえるかもしれない。

しかしながら──。

ここでいう「理想」とは、あくまで表面的なもの。仕事ぶり、オフィス、自宅、収入。いずれも他人が外から観察できる事柄だ。

S氏の内面はどうか?

大企業の顧問弁護士だから、日ごろから人間の醜さを目の当たりにしている。証拠の捏造、役員の権力争い、ライバルへの嫉妬。

訴訟になれば、人間の持つ負の部分が一挙に吹き出す。S氏はプロフェッショナルだから、仕事として割り切ってはいるだろう。しかし、無意識のうちに精神は蝕まれているようだ。

S氏自身も、事務所の同僚や後輩から負の感情をぶつけられることがある。仲間の羨望や嫉み、誤解、すれちがいといったトラブルと無縁ではいられない。

「オレはプロだから」と虚勢を張っても、自分の心は誤魔化せない。実際、S氏はパニック症候群に襲われ、業務不能に陥ってしまったこともある。

S氏は、大手弁護士事務所の敏腕弁護士として、地位も名誉も、そしてお金も手に入れた。しかし、心の平穏は彼のもとに訪れていない。

アメリカの敏腕弁護士より日本の女子中学生のほうが幸せ

今度は、日本に住む中学2年生の女の子、Kさんにスポット当てる。

Kさんの趣味は山登り。山で偶然知り合った友だちと頻繁に登山を楽しんでいる。

自宅は2階建ての木造アパートだ。畳の敷かれた和室には、小さなテレビとちゃぶ台が置かれている。浴室にはバランス釜と呼ばれる風呂釜。両親は共働きのため、Kさんは自宅でひとりで過ごすことが多く、食事もみずから用意したりする。

Kさんはスマホを持っておらず、連絡には自宅の黒電話を使う。友だちと遊びに出かけるときは、使い捨てのフィルムカメラを持っていく。

“貧乏”とまではいかないまでも、かなりつつましい生活をしている様子だ。

一方で、Kさんは成績が優秀で博識。料理も得意で、友だちにふるまうこともしばしば。登山では、富士山の頂上までなんなく登ってしまうほど、体力と技術にも恵まれている(一緒に登った友だちは途中でリタイアしてしまった)

家族の仲もよい。

Kさんの誕生日の出来事。Kさんは押し入れで、お母さんが隠していた誕生日プレゼントを見つけてしまう。いけないと思いつつも、箱を開けてみると、そこには前から欲しかった登山靴が。お母さんは、Kさんの何気ない一言をしっかり覚えていてくれたのだ。

Kさんは想いを抑えきれずに、早速試着。サイズもぴったりで履き心地も申し分ない。Kさんはそのまま外へ出て、遠出をしてしまったのだった。

ここで種明かしをしよう。S氏とKさんは実在の人物ではない。S氏はアメリカのテレビドラマ『SUITS/スーツ』の主人公ハーヴィー=スペクター氏。Kさんは『ヤマノススメ』のここなさんだ。

『SUITS/スーツ』のハーヴィー=スペクター氏の自宅。高級ホテルのスイートルームのような部屋だ。
©2013 Universal Studios. All Rights Reserved.
『ヤマノススメ』のここなさん(左)の自宅。庶民的なアパートでつつましやかに暮している。
©しろ/アース・スター エンターテイメント/『ヤマノススメ』製作委員会

ハーヴィー氏とここなさん。どちらが〈幸福〉だろう?

お金と、それによってもたらされる生活は、〈スタイル〉だ。われわれは往々にして、よりよい〈型〉を実現しようと奮闘してしまう。しかしながら、ほんとうに目を向けるべきなのは、自分の〈感情〉だ。

〈型〉によって、よい〈感情〉(「幸福感」といってもよいだろう)が得られるなら、その〈型〉の獲得をめざすのも悪くない。だが、いくら〈型〉が整っていても、よい〈感情〉が得られるとはかぎらない。

敏腕弁護士の高収入という〈型〉を持っていても、よい〈感情〉を持てなければ意味がない。安いアパート暮らしという〈型〉であっても、それによってよい〈感情〉が生まれるなら、その〈型〉のほうが〈幸福〉ともいえる。

〈型〉はあくまで〈手段〉にすぎない。〈感情〉こそが人生の〈目的〉であるはずだ。

人生の〈手段〉と〈目的〉をとりちがえるところから、不幸は始まっている。

ぎゃふん工房がつくるZINE『Gyahun(ぎゃふん)』

この記事は、『Gyahun⑬ 生涯現役 5つのヒント』に掲載された内容を再構成したものです。

もし『Gyahun(ぎゃふん)』にご興味をお持ちになりましたら、ぜひオフィシャル・サイトをご覧ください。

『Gyahun(ぎゃふん)』オフィシャル・サイト

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

フリーランスのライター・編集者。インタビューや取材を中心とした記事の執筆や書籍制作を手がけており、映画監督・ミュージシャン・声優・アイドル・アナウンサーなど、さまざまな分野の〈人〉へインタビュー経験を持つ。ゲーム・アニメ・映画・音楽など、いろいろ食い散らかしているレビュアー。中学生のころから、作品のレビューに励む。人生で最初につくったのはゲームの評論本。〈夜見野レイ〉〈赤根夕樹〉のペンネームでも活動。収益を目的とせず、趣味の活動を行なう際に〈ぎゃふん工房〉の名前を付けている。

関連記事

オススメ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

〈ぎゃふん工房〉はフリーランス ライター・米田政行のユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。このサイトでは、さまざまなジャンルの作品をレビューしていきます。

好評シリーズ

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?

  2. [〈社会契約論〉に対抗する死刑否定論]〈死〉がわからないから死刑を科せない

  3. [死刑否定論者が構築する死刑肯定論]自分が裁くなら死刑は正しい

  4. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  5. 「世界を革命する力を!」という言葉はこれからの人生のキャッチフレーズだ

  6. PR

    ぎゃふん工房のニュースレターはいかがでしょう?

  7. 私たちはいつのまにかまちがった考えかたを身につけていた

  8. 〈考える〉ことで新しい価値を見出せば自分の人生を救済する

  9. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  10. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  11. 僕のつくるZINEがAIに乗っとられた日

  12. 関連サイト

    リトルマガジン(ZINE)『Gyahun(ぎゃふん)』好評発売中!

  1. アニメとは一味ちがう映像体験★アニソンのミュージックビデオ・セレクション

  2. 『バイオハザード RE:4』の戦術性に隠された“ドス黒い感情”とは?

  3. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  4. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  5. 〈好き〉を極め〈仕事〉にできる文章術【著者インタビュー・Jini(ジニ)さん】

  6. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する[その1]何をいまさらなんだよっ!

  1. 人生に行き詰まった40代が観たい最新アニメ7選

  2. ゾンビ映画の初心者に贈る! いますぐ観たくなる名作10+α選[保存版]

  3. 日本のおすすめホラー映画をお探しのあなたへ最恐の15作[2019年改訂版]

  4. PR

    ぎゃふん工房のニュースレターはいかがでしょう?

  5. おすすめ5大ホラーゲームシリーズの最後のひとつが決まらない

  6. 会社に行きたくないときに効く!『ジョジョ(第3部)』の名言10選

TOP