敵情視察

  1. 【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽作品の作り方を学ぶ

    映画を観ていると、スクリーンの端に少女の姿が映る。映画の筋には関係がなく、あまりに不自然。それもそ…

  2. 【敵情視察】アヲイ『無責任姉妹』は無責任だから誰も傷つかない

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの本を読み、「なぜ面白いのか」を考察して、美味しい部分を自分…

  3. 【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語』の真の主人公は誰だったのか?

    セルフ・パブリッシングでリリースされた本の魅力を分析し、自分の作品に役立てる〈敵情視察〉シリーズ。…

  4. 【敵情視察】伊藤なむあひ『少女幻想譚』が〈隙間社電書〉の第1弾だった理由

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの人気作・話題作から、美味しいところを頂戴し、自分の作品に役立…

  5. 倉下忠憲『ブログを10年続けて、僕が考えたこと』を読んで「隠れ家ブログ」を目指す【敵情視察・番外】

    セルフ・パブリッシングの本を分析し、おいしいところを頂戴インスピレーションを得て、自分の作る電子書籍…

  6. 皮算積人『子連れ中年っ!(魔法中年っ!シリーズ2)』を敵情視察します

    自分の書いている小説『天使の街』に似ているセルフ・パブリッシングの作品を“敵情視察”するシリーズ。今…

  7. 【敵情視察】狗界ゴウ『緑眼魔女の事件簿 テロリズム・イン・チベット』

    近未来の中国を舞台に、国連治安維持局の特殊捜査官が特殊能力を駆使し奮闘する──。狗界ゴウ『緑眼魔女(…

  8. キンドル作家の作品を“敵情視察”してみた

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』をAmazon KDPやiBooksにおいてセルフ・パブリ…

  9. 藤井太洋『Gene Mapper -full build-』でわかる電子書籍と紙の本の違い

    セルフ・パブリッシングの電子書籍である藤井太洋『Gene Mapper -core-』が、紙の本『G…

  10. 近未来を舞台にした藤井太洋『UNDER GROUND MARKET』が描く世界は「今でしょ」

    その名のとおり「地下経済」をテーマとしたSF小説。2018年という近未来を舞台にしていて、描かれてい…

  11. 藤井太洋『Gene Mapper』を電子書籍入門者に勧める理由

    紙の本を押しのけAmazonで1位を獲得したことで注目を集める『Gene Mapper(ジーン・マッ…

PAGE TOP