AKB48『ハート・エレキ』のガメラ監督によるPVに注目

AKB48の楽曲を毎回買うわけではなく、まあだいたい1コおきくらいにお気に入りがきます。前作『恋するフォーチュンクッキー』がよかったので、パターンからいけば今作はパスかなと思っていたのですが、買っちゃいました。

前回が「80年代ディスコ調」で、ボクたちの中にある“郷愁”を誘うことに味をしめたのか、今回は1960年代のグループサウンズときた。ここまでくると、かえって新しい音楽に聞こえるから不思議。でも、どこかで懐かしさも覚える。

さらに、注目すべきは、ミュージックビデオを金子修介氏が監督していること。

金子監督といえば、ガメラ&ゴジラ、『デスノート』の監督として知られていますが、大の歌謡曲マニアでもあります。ですから、今回の起用は必然であったといえます。

また、金子監督は『F』のオープニングシーンのような、お尻がムズムズするような“青春”を描き出すことにも定評があって、そのあたりの手腕も今回のビデオでいかんなく発揮されています。

とはいえ、おそらくはとても“ツボ”をおさえたビデオになっているのだとは思いますが、そこまでこちらの造詣が深くないので、表面的な魅力しか堪能していないのかもしれない、というところが残念ではあります。

皮算積人『子連れ中年っ!(魔法中年っ!シリーズ2)』を敵情視察します

島田裕巳『プア充』に納得できる点できない点

関連記事

  1. 映画のようなミュージックビデオのイメージ

    まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュージックビデオ12…

    クォリティの高いミュージックビデオ(MV)は、もちろんこの世にあふれている。今回はストーリー性があっ…

  2. 剛力彩芽の歌「友達より大事な人」を真面目にレビューしてみる

    じつをいうと、剛力彩芽のことは顔と名前ぐらいしか知らなかった。お仕事ぶりを拝見したのは映画『プロメテ…

  3. KE$HA『WARRIOR』こそ真の“肉食系”なのだ喰われるぜ

    KE$HA(ケシャ)に対してよくなされる形容は「女豹」。日本風にいえば“肉食系”といったところか…

  4. 家入レオ『LEO』でレコード大賞新人賞がダテじゃないことを知れ

    こんにちは。毎度ブームに乗り遅れるぎゃふん工房です。家入レオは、昨年「第54回 輝く!日本レコー…

  5. Robin Thicke『Blurred Lines』はボクの心…

    いま日本でもっとも人気のある曲がAKB48『恋するフォーチュンクッキー』だとすれば、アメリカの一…

  6. AKB48「恋するフォーチュンクッキー」を聴くのは今ジャナイでし…

    AKB48の楽曲を毎回購入するわけではない。前回買ったのは「ギンガムチェック」である。つまり、パキッ…

  7. ケラケラ『ケラケライフ』はアラフォーにも効く

    初めて観たときは、いきものがかりのパチモンかと思ったのですが、いきものがかりが世間に注目されるにつれ…

  8. え?ベッキーって歌手だったの?と思って『3shine!』を聴いた…

    たいへん失礼ながら、今の今までベッキーが歌手って知りませんでした。ふだんテレビを観ない私でも名前…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. 『サイコブレイク2』
  2. ほんとにあった!呪いのビデオ
  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  4. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  5. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
PAGE TOP