AKB48『ハート・エレキ』のガメラ監督によるPVに注目

AKB48の楽曲を毎回買うわけではなく、まあだいたい1コおきくらいにお気に入りがきます。前作『恋するフォーチュンクッキー』がよかったので、パターンからいけば今作はパスかなと思っていたのですが、買っちゃいました。

前回が「80年代ディスコ調」で、ボクたちの中にある“郷愁”を誘うことに味をしめたのか、今回は1960年代のグループサウンズときた。ここまでくると、かえって新しい音楽に聞こえるから不思議。でも、どこかで懐かしさも覚える。

さらに、注目すべきは、ミュージックビデオを金子修介氏が監督していること。

金子監督といえば、ガメラ&ゴジラ、『デスノート』の監督として知られていますが、大の歌謡曲マニアでもあります。ですから、今回の起用は必然であったといえます。

また、金子監督は『F』のオープニングシーンのような、お尻がムズムズするような“青春”を描き出すことにも定評があって、そのあたりの手腕も今回のビデオでいかんなく発揮されています。

とはいえ、おそらくはとても“ツボ”をおさえたビデオになっているのだとは思いますが、そこまでこちらの造詣が深くないので、表面的な魅力しか堪能していないのかもしれない、というところが残念ではあります。

皮算積人『子連れ中年っ!(魔法中年っ!シリーズ2)』を敵情視察します

島田裕巳『プア充』に納得できる点できない点

関連記事

  1. 映画のようなミュージックビデオのイメージ

    まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュージックビデオ30…

    クォリティの高いミュージックビデオ(MV)は、もちろんこの世にあふれている。今回はストーリー性があっ…

  2. 家入レオ『LEO』でレコード大賞新人賞がダテじゃないことを知れ

    こんにちは。毎度ブームに乗り遅れるぎゃふん工房です。家入レオは、昨年「第54回 輝く!日本レコー…

  3. ケラケラ『ケラケライフ』はアラフォーにも効く

    初めて観たときは、いきものがかりのパチモンかと思ったのですが、いきものがかりが世間に注目されるにつれ…

  4. ガールズバンドSCANDALの今まで気づかなかった3つの魅力

    今、ガールズ・バンドが密かなブーム。高い演奏力を誇る実力派のグループも続々登場している。その…

  5. 家入レオ『a boy』

    家入レオ『a boy』でわかるCDを買う楽しみ

    「CDが売れなくなった」とアーティストが嘆く。そんな時代に「CDを買って良かった」と思わせる作品があ…

  6. Capital Cities「Safe And Sound」は懐…

    少し前まではロビン・シック「Blurred Lines」、最近だとケーティ・ペリー「ロアー」の影に隠…

  7. 西野カナ『Love Collection』に2時間ドップリ溺れて…

    「今度アルバムが出たら買おう」と思っているアーティストが何人かいて、その筆頭がこの西野カナだった。ベ…

  8. Robin Thicke『Blurred Lines』はボクの心…

    いま日本でもっとも人気のある曲がAKB48『恋するフォーチュンクッキー』だとすれば、アメリカの一…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

PAGE TOP