『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?

心霊ビデオ

近年まれに見る恐ろしさだ。しかし、この恐ろしさを伝えられるか自信がない。私の表現力が足りないわけではない。あなたの理解力や感受性が低いわけでもない。「恐ろしさを伝えられない」ことそのものに本作の恐怖があるのだが、本作の真髄が伝わるかどうかはあえて気にせず、とりあえず本作の魅力について語っていきたい。

この番組は愉快なバラエティですか?

本作は、テレビ東京の放送69年を記念して制作された番組だ。昔のテレビ番組が録画されたテープを視聴者から募り紹介していく。

しかし、それはあくまで表向きの説明であり、実際はそんな趣旨の番組ではないことが早々にあきらかになる。本作は愉快なバラエティ番組を装った、いわば“心霊ドキュメンタリー”なのだ。

視聴者から寄せられたビデオテープの映像が紹介されるが、ただただ不気味。はっきりと幽霊とおぼしきモノが映りこむわけではないが、異様な映像であることはまちがいない。

これだけでも十分に恐ろしいともいえるし、映像の不気味さに魅力を感じる人も多いと思うが、心霊映像(らしきもの)は、ただの“撒き餌”にすぎない。

出演者のいとうせいこう氏、タレントの井桁弘恵氏、アナウンサーの水原恵理氏は、映像の異様さにはまったくふれない。

そこに違和感……いや不安をおぼえながら番組を観つづけていると、「不気味な映像」とやらが可愛く思えるほど、恐るべき事態が進行していく。

私の〈言葉〉はあなたにわかりますか?

どのような事態が進行していくか。ネタバレを避けたいのと、前述のとおり恐ろしさを説明する自信がないため、ここでは「恐ろしい」と感じた理由を述べていく。

異様な映像を観て私は「異様」と思ったが、もしかすると出演者たちにとっては「異様」ではないのかもしれない、と疑念がわく。少なくとも番組では「異様」な映像としてあつかっていない。

となると、じつは「異様」と思っている自分のほうがおかしいのではないか、つまり狂っているのは自分ではないか、と自問自答が始まる。

さらに、この考えを推し進めると、私たちが持っている〈概念〉や〈言葉〉といったものは、ほんとうに他人と共有されているのだろうか、という疑問に行き着く。

「異様」という〈言葉〉を用いたとき、「異様」を表すものとしてほんとうに機能しているのか、その保証がまったくないことに気づかされる。

身近な例を挙げるなら「リンゴ」でもいい。私が「リンゴ」と書いたとき、それはあなたの「リンゴ」と同じだろうか(もちろん、色や形や大きさの違いはあるにしても)。

私たちが日常生活を送るうえでは、〈概念〉や〈言葉〉は共有されているように思える。いや、そう信じたいし、みんなが信じているから世のなかはうまく回っている。

ところが、それは結果的に、あるいは奇跡的に共有されたように見えるだけで、実際は一部しか、場合によってはまったく共有されてはいないのではないか。その疑念が拭いされない。

あなたはほんとうに存在していますか?

〈概念〉や〈言葉〉が他人と共有されていないかもしれないという疑念。そこから生まれる恐怖とはなにか?

ひとことでいえば〈孤独〉。

この世界には、じつは自分ひとりしか存在していない、という虚無のようなもの。

〈概念〉や〈言葉〉を他人と共有していないのであれば、つまり共有しているのは錯覚にすぎないのであれば、他人の存在もまた錯覚ということになる。他人の存在を保証するものもないからだ。

もちろん、日常生活において他人の存在の〈たしからしさ〉など気にする必要はない。他人の存在に疑問を持ってもなんの利益もない。むしろ有害だ。だったら気にしないほうがいい。それでこれからも問題なく人生を送れる、ように思える。

だが、本作を観てしまった私とあなたは、否応なしに他人の存在、ひいては自分の存在に疑念を持たざるを得なくなってしまう。他人と自分に「虚無」を見出してしまう。そこに本作の恐ろしさがある。

そして、その「恐ろしい」という〈概念〉や〈言葉〉がほんとうにあなたに伝わっているか、どうあがいても確証を持つことはできない。

テレビ放送開始69年 このテープもってないですか? – U-NEXT

夜見野レイ

夜見野レイ

このサイトでは、ホラー作品のレビューを担当。幼いころ、テレビで最初に観た映画がホラー作品だったことから無類のホラー好きに。ガールズラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街』シリーズをセルフパブリッシングで執筆。ライターとしては、清水崇・鶴田法男・一瀬隆重・落合正幸・木原浩勝の各氏にインタビュー経験を持つ(名義は「米田政行」)。

関連記事

オススメ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

〈ぎゃふん工房〉はフリーランス ライター・米田政行のユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。このサイトでは、さまざまなジャンルの作品をレビューしていきます。

好評シリーズ

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 『戦慄怪奇ワールド コワすぎ!』は間違ってないけど正解じゃない

  2. 『呪詛』の“呪いの仕掛け”は虚仮威しだが新たな恐怖を得られる

  3. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?

  4. [〈社会契約論〉に対抗する死刑否定論]〈死〉がわからないから死刑を科せない

  5. [死刑否定論者が構築する死刑肯定論]自分が裁くなら死刑は正しい

  6. 関連サイト

    人生を彩るオススメの〈アニソン〉をぎゃふん工房がレビュー!

  7. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  8. 「世界を革命する力を!」という言葉はこれからの人生のキャッチフレーズだ

  9. 私たちはいつのまにかまちがった考えかたを身につけていた

  10. 〈考える〉ことで新しい価値を見出せば自分の人生を救済する

  11. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  12. 関連サイト

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街』シリーズをぎゃふん工房がプロデュース!

  1. つい聴き惚れてしまう…至高のアニソン・ボーカル鑑賞

  2. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  3. アニメとは一味ちがう映像体験★アニソンのミュージックビデオ・セレクション

  4. 関連サイト

    ぎゃふん工房の専用SNSサーバーでプチレビューを発信

  5. ゲーム実況姉妹がカフェを開いちゃった理由【インタビュー:鼻炎姉妹】

  6. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する[その1]何をいまさらなんだよっ!

  1. おすすめ5大ホラーゲームシリーズの最後のひとつが決まらない

  2. 名作アニメがヒント! 知的になれない人の3つの生存戦略

  3. 会社に行きたくないときに効く!『ジョジョ(第3部)』の名言10選

  4. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  5. 仕事で成果が上がる! 『ジョジョ(第4部)』の名言20選

  6. 万策尽きた40代がいま観るべき〈お仕事アニメ〉5選

TOP