『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解明する[準備編 その3]インフィニティとインパクト

〈インフィニティ〉の正体と6つの〈インパクト〉の真相に迫る。

モノゴトは別の角度から眺めると、新しい光景が見えてくることがある。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズもまた例外ではない。

『新劇場版』をこれまでとは別の視点からとらえなおすとなにがわかるか? 今回は“虫メガネ”を片手に、あらためて『エヴァ』の物語を眺めてみよう。

この“虫メガネ”は、これまで考察の対象にはしていなかった〈コア化〉や〈インフィニティ〉に焦点をあてる。

また、下の6つの〈インパクト〉にも“虫メガネ”をかざしてみる。

  1. ファーストインパクト
  2. セカンドインパクト
  3. ニアサードインパクト
  4. サードインパクト
  5. フォースインパクト
  6. ファイナルインパクト(フィフスインパクト)

先日、シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ) 0706版』と題して、本編の一部が公開された。「特報2」でも断片的に本編の映像を見られるようになった。

それらの映像からは多くの情報が得られたが、あくまで本編の一部でしかなく全貌はあきらかになっていない。これまでどおり、〈想像力イマジネーション〉と〈ひらめきインスピレーション〉を最大限働かせて謎解きにチャレンジしていこう。しばし当ブログの考察におつきあいいただければ幸いだ。

今回も過去の考察を前提としている。まだお読みでない方はまずはそちらからご覧ください。

 icon-arrow-circle-down 下の図は、当ブログの謎解きの核心。『シン・エヴァ』は虚構世界からの突破を試みる物語になると予想する。過去の考察でメタフィクションをあつかった作品について述べているが、どれも傑作。『シン・エヴァ』もそのひとつになることを願っている。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の虚構の構造(改)

当ブログは、作品のレビューにあたっては〈ネタバレ〉なしを心がけていますが、〈謎解き〉という記事の趣旨上、壮大な〈ネタバレ〉が含まれます。あらかじめご了承ください。

〈インパクト〉とはひたすら〈インフィニティ〉を創造すること

今回はなぜ6つもの〈インパクト〉について考察するのか。それは『エヴァ』の物語がとどのつまり「〈インパクト〉を起こす話」だからだ。

『序』『破』は〈サードインパクト〉を起こすお話だし、『Q』では〈フォースインパクト〉のてんまつが描かれている。『シン・エヴァ』では〈ファイナルインパクト(フィフスインパクト)〉が物語の中心になるだろう。ようするに『エヴァ』=〈インパクト〉なのだ。

また、〈インパクト〉の主たる当事者プレイヤーは碇ゲンドウと〈ゼーレ〉だけなので、物語を単純化できる。これも〈インパクト〉に着目するメリットだ。『序』『破』では、碇シンジや葛城ミサトたちはゲンドウの命令にしたがって行動しているだけ。『Q』のシンジは引きつづきゲンドウに利用されていたし、ミサトはゲンドウに反抗していたものの、〈インパクト〉の当事者ではない。

〈インパクト〉に焦点をあてれば、ミサトやシンジの言動は枝葉の部分として切り捨てることが可能なのだ。

〈インパクト〉は〈ゼーレ〉の“やり直し”のプロセス

では、そもそも〈インパクト〉とはなんだろうか。過去の考察では次のように説明してきた。

〈インパクト〉とは〈虚構〉から〈現実〉に行くために〈ガフの扉〉を開くプロセス

〈インパクト〉が起こると出現する〈ガフの扉〉は、上図の〈虚構A〉と〈虚構B〉をつなげる、まさに“扉”。そんな想像ができる。

ただし、この説明だけでは不十分であることに気がついた。ゲンドウの視点からしか語っていないのだ。それは『エヴァ』の物語がゲンドウの側から描かれている(〈ゼーレ〉の側からではない)のだから、むしろ当然といえる。

しかしながら、〈インパクト〉の本質を正確にとらえるには、〈ゼーレ〉の視点から考えることも必要だろう。

では、〈ゼーレ〉にとって〈インパクト〉とはなんなのか?

それを探るために参考になるのが、劇中の以下の発言だ。

まず、〈サードインパクト〉が発生したとき、赤木リツコが次のように語っている。

そう
セカンドインパクトの続き…
サードインパクトが始まる

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
©カラー

さらに、〈フォースインパクト〉の際には、式波=アスカ=ラングレーが次のようなコトバを口にする。

サードインパクトの続きが
始まる前に——
こいつを片づける!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

これらのセリフにある「続き」という表現から連想できるのは、〈インパクト〉はそれぞれ独立したものではなく、前の〈インパクト〉のつづき、もしくはやり直しである、という真実だ。

なぜ、やり直したのか? いずれの〈インパクト〉においても、本来の目的が達成されていないからだ。では、「本来の目的」とはなんだろうか?

過去の考察で、〈ゼーレ〉の目的は次のようなものであることが判明している。

人類補完計画 = 〈インフィニティ〉の創造

以上の考察をつなぎあわせると、次のような結論が導き出される。

〈ゼーレ〉は、〈インフィニティ〉を創造するために〈インパクト〉を起こしているが、失敗して中断したために、何度もくりかえしている

『Q』の中盤、シンジと渚カヲルはピアノの連弾に励む。そのときカヲルは次のように言う。

反復練習さ
同じ事を何度も繰り返す
自分が“いいな”って
感じられるまでね

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

『エヴァ』の物語において、〈ゼーレ〉は〈インパクト〉を「“いいな”って感じられるまで」「反復練習」しているわけだ。

ちなみに、過去の考察では、

〈ゼーレ〉はゲンドウが〈インパクト〉を起こすのを望んでいない

と述べているが、これはゲンドウの起こす〈インパクト〉が〈ゼーレ〉の目的にかなっていないからだ。〈ゼーレ〉にとっても、〈インパクト〉を起こすことは重要なプロセスであると考えられる。

だからこそ、〈ゼーレ〉にとっての〈インパクト〉の意義を考察することは、『エヴァ』の物語を解明することにつながるわけだ。

〈人類補完計画〉は〈自分〉と〈世界〉の禁じられた融合

〈ゼーレ〉の目的である〈人類補完計画〉。過去の考察でも紹介したように、これについてもっともくわしく語っているのはカヲルだ。

しかし、『エヴァ』の読解においてきわめて重要なセリフでありながら、その内容には矛盾がある、と述べた。くりかえしになるが、再度説明しておこう。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

生命とは本来 世界に合わせて
自らを変えていく存在だからね
しかし リリンは自らではなく
世界のほうを変えていく
だから 自らを人工的に
進化させるための儀式を起こした
いにしえの生命体をニエとし
生命の実を与えた新たな生命体を
作り出すためにね
全てが太古より
プログラムされていた絶滅行動だ
ネルフでは
“人類補完計画”と呼んでいたよ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

カヲルは「リリンは〈自分〉を変えた」と言いながら、一方で「〈世界〉も変えた」と語っている(ように思える)。その点が矛盾している。それに対し、「自分を変えること」と「世界を変えること」は同時に起こるか、あるいは一方がもう一方の前提条件になっている、と考えれば矛盾が解消できるとも述べた。

今回、この問題を解決できる別の論理ロジックを発見した。むしろそちらのほうが真実に近いと思われる。

次のような論理だ。

そもそもカヲルの発言に矛盾を感じるのは、〈自分〉と〈世界〉の二者択一と考えているからだ。〈自分〉と〈世界〉のどちらなのだ? 

じつは、「〈自分〉を変えること」と「〈世界〉を変えること」はまったくおなじ現象を指しているのではないか。〈自分〉と〈世界〉を区別する必要はない。もっといえば、

〈自分〉と〈世界〉の禁じられた融合

これが〈人類補完計画〉の終着点なのだ。

旧劇場版の〈人類補完計画〉は「〈自分〉と〈他人〉の区別をなくし、みんなをひとつにしてしまいましょう」というものだった。そこから類推すると、『新劇場版』の〈人類補完計画〉は、〈自分〉と〈他人〉はもちろん、〈自分〉と〈世界〉もいっしょにしてしまう。そんな計画なのではなかろうか。

仏教などの宗教では、〈自分〉と〈世界〉を同一化することが究極の目的となっていたりする。「悟りを開く」「成仏する」とは、〈自分〉と〈世界〉が一体化すること。〈ゼーレ〉もそんな“宗教”を信仰しているのかもしれない。

「一体化」といっても、仏教のそれは精神的なものであって、物理的・肉体的にいっしょになるわけではなかろう。だが、『エヴァ』の世界では、文字どおり「一体化」してしまうわけだ。

ただし、過去の考察でも述べたように、あくまで〈ゼーレ〉は人類リリンに活動してもらうために、高尚な思想であるかのように装っているだけ。その点は注意したい。〈自分〉と〈世界〉が一体化するのは、あくまで人類であって〈ゼーレ〉たち自身ではない。

これまでの考察を整理してみよう。

〈ゼーレ〉は、〈インパクト〉を起こして人類リリンに〈自分と世界の禁じられた融合〉をさせようとしているが、いずれも失敗して中断している

と考えられる。

そうなると、必然的に次のような疑問が生まれる。

人類が〈自分と世界の禁じられた融合〉を果たすとどうなるのか?

この点を考察するヒントは劇中に示されている。〈自分と世界の禁じられた融合〉の途中経過が描かれているのだ。どこに? これはすぐにおわかりかと思う。そう。〈インパクト〉の跡地だ。

〈コア化〉こそが〈自分と世界の禁じられた融合〉である

〈インパクト〉の跡地の様子が劇中でもっともくわしく描写されているのは、『Q』における〈サードインパクト〉のそれだろう。確認してみよう。

 icon-arrow-circle-down 大地は裂け、あちこちが赤く染まり、見慣れたはずの街は様相が一変している。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

 icon-arrow-circle-down エヴァのような巨人と街が一体化しているようにも思える。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

これらが〈サードインパクト〉の結果であることは、カヲルが説明している。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

君が初号機と
同化している間に起こった——
サードインパクトの結果だよ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

先に述べたように、〈サードインパクト〉が究極の目的を果たせずに中断した状態であるならば、この光景は〈自分と世界の禁じられた融合〉が果たせず中断した状態と考えることができる。逆にいえば、〈自分と世界の禁じられた融合〉があるていど進んだ状態だ。

そこは、人類はもちろん、あらゆる生物が生存できる環境ではないのだろう。

もしも〈自分と世界の禁じられた融合〉が失敗せず完了していたとしたら、どんな状態になっていたのか? これは想像するしかないが、街や巨人の融合はさらに進み、原形を留めないほど“別のなにか”になっていたはずだ。

さて、ここに興味深い資料がある。『Q』の画コンテだ。カヲルがシンジに変わり果てた街の様子を見せた場面にこう記されている。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 画コンテ集』

穴だらけでコア状になっている月

月の下に広がるコア化した赤い大地と海

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 画コンテ集』
(株式会社カラー)

完成フィルムの描写は下のようになっている。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

赤く変質した大地や街は〈コア化〉とか〈コア状〉になる、と言うらしい。したがって、

自分と世界の禁じられた融合 = コア化

だと結論づけられる(ただし劇中で表現されているのは、あくまでその途中経過)。

ここで別の謎も解明が一歩前進する。シャフトにへばりつくエヴァのような巨人を指してカヲルは「インフィニティのなり損ない」と言う。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

ああ 全て
インフィニティのなり損ないたちだ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

「なり損ない」という表現から連想すると、

〈インフィニティ〉のなり損ない
=〈コア化〉の失敗
=〈自分と世界の禁じられた融合〉の失敗

という推論が成り立つ。逆にいえば、

インフィニティ化
=コア化
=自分と世界の禁じられた融合

となる。

なお、過去の考察では、

街にある残骸も「なり損ない」なのか、それともいちおうは〈インフィニティ〉の完成形であるのかは不明だ。

としたが、『Q』に登場するのはすべて「なり損ない」であり、「〈インフィニティ〉の完成形」はまだ私たちは目にしていないと結論づけられる。

では、「〈インフィニティ〉の完成形」とはどんなものだろうか?

〈インフィニティ〉は虚構の向こう側で覚醒する

過去の考察をいったん終えたあと、『エヴァ』の世界を理解する参考になりそうなアニメ作品が放映された。今回、新たに考察を始めるたんしょになったアニメだ。

タイトルは『はたらく細胞』。「〈インフィニティ〉の完成形」を解明するのに大いに役立ってくれる。

『はたらく細胞』はヒトのカラダの虚構世界

『はたらく細胞』はその名のとおり、人間の体のなかで活動する細胞たちを擬人化して表現した作品。赤血球は栄養素や酸素を体中に運び、白血球は体内に侵入した病原菌と戦う。赤血球や白血球たちは、人格や感情を持つ存在として描かれ、会話をしたりお茶を飲んだりと、あたかも人とおなじようにふるまう。

 icon-arrow-circle-down 赤血球はいそいそと栄養素を運ぶ。

『はたらく細胞』
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

さて、この『はたらく細胞』の世界観を『エヴァ』に応用するとどうなるか。おわかりのことと思う。〈虚構A〉はカラダのなかの世界であり、シンジやミサトたち登場人物は、いわばカラダのなかで活動する“はたらく細胞”なのだ。

そう考えると、〈使徒〉の存在も理解しやすい。『はたらく細胞』でいうところの病原菌。エヴァと〈使徒〉の戦いは、白血球と病原菌の戦いのようなもの、というわけだ。

 icon-arrow-circle-down 病原菌が侵入すると、文字どおり“血わき肉躍る”バトルシーンが展開する。

『はたらく細胞』
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

ただし、病原菌と異なり〈使徒〉はカラダの外からやってきたものではない(と考えられる:後述)。したがって、病原菌というよりは、カラダの細胞が変化したガン細胞といったところだろう。

 icon-arrow-circle-down 『はたらく細胞』でガン細胞を演じるのは、奇しくも『エヴァ』の第1の使徒(=石田彰氏)だ。

『はたらく細胞』
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

さて、『はたらく細胞』には注目すべき点がある。

過去の考察では、『エヴァ』の虚構構造を理解するために『マトリックス』や『宇宙船レッド・ドワーフ号』といった作品を挙げた。『はたらく細胞』はそれらと決定的に異なる点がある。そこはまさにぎょうこうというのにふさわしい。『エヴァ』の謎の解明がぐんと進展するからだ。

『はたらく細胞』の特徴とはなにか?

『マトリックス』などの作品において〈虚構A〉はコンピュータのシミュレーション。つまり実体を持たない世界だ。それに対し『はたらく細胞』における〈虚構A〉はヒトのカラダだから実体がある。この点が根本的に異なるわけだ。

当ブログは『エヴァ』の〈虚構A〉もコンピュータのシミュレーションであり、実体のないバーチャルな世界だと考えていた。しかし、じつは〈虚構A〉はヒトのカラダのように実体を持った存在のなかにある世界なのではないか。そんな仮説を立てられる。

そう考えると、〈インフィニティ〉の正体が判明する。

ずばり、

〈インフィニティ〉は(〈虚構B〉において)ヒトのカラダのように実体を持った生命体

なのだ。上図に改良を加えて示すと下のようになる。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の虚構の構造(新)

ただし、『エヴァ』の〈虚構A〉をヒトのカラダと考えてしまうと、いろいろ問題が生じる。これまで考察してきたように、〈虚構A〉は〈ゼーレ〉が外側から操作できる(たとえば、なかの人とコミュニケーションをとれる)モノでなければならない。〈ゼーレ〉が〈虚構B〉の世界でコンピュータを操作して〈虚構A〉の世界を創っている、というこれまでの解釈は変わらない。

とすると、「ヒトのカラダ」といっても、あくまで人工的なモノ(人造人間やアンドロイド、あるいはそれこそエヴァのようなロボット)だと考えられる*1

*1:とはいうものの、〈虚構A〉はやはりふつうの人体であり、〈使徒〉は病原菌、〈ゼーレ〉は医療活動を行なっている、と解釈する余地は残されている。

過去の考察では、〈インフィニティ〉は〈虚構A〉の世界における“なにか”だと考えていた。その“なにか”が〈虚構A〉から〈虚構B〉に飛び出すことで〈巨神兵〉もしくは〈巨神兵〉に対抗する存在になるのだ、と。

より正確には〈インフィニティ〉は〈虚構B〉の世界における“なにか”と考えるべきだったのだ。

 icon-arrow-circle-down 〈ゼーレ〉のいる世界では、〈インフィニティ〉のことを「巨神兵」と呼んでいる……かもしれない。

『巨神兵、東京に現わる』

『巨神兵東京に現わる 劇場版』
©2012二馬力・G

ここまでの話をまとめれば、次のようになる。

  • これまで私たちが観てきた『新劇場版』の物語は、ずっと〈インフィニティ〉のカラダのなかで展開していた。
  • この〈インフィニティ〉はまだ完成していない。
  • 〈ゼーレ〉の〈インパクト〉の目的とは、〈インフィニティ〉を完成させることである。

ここで、もうひとり〈人類補完計画〉について語っているとおぼしい人物のセリフを検証してみる。リツコが『破』の終盤にこんなことを言っている。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

この世界の理を超えた
新たな生命の誕生
代償として
古の生命は滅びる…
世界が終わるのよ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
©カラー

過去の考察では、このセリフはカヲルのものと微妙に食い違っており、より真実に近いとおぼしいカヲルのほうが正しいのではないかと述べた。

先のリツコやカヲルのセリフからは、「〈インフィニティ〉が生まれて人類が消滅する」(リツコのニュアンス)のか、あるいは「いまの人類が人工進化して〈インフィニティ〉に変わる」(カヲルのニュアンス)のかは定かではない。リツコはすべての真相を知っていたわけではないだろうから、カヲルが正しいのかもしれない。

だが、上記の〈インフィニティ〉の真実をふまえると、じつはリツコもカヲルも正しいことがわかる。

〈インフィニティ〉と人類がおなじ世界の存在だと考えると矛盾が生じるが、メタフィクションの世界から眺めると、両者は別次元の存在であり、「〈インフィニティ〉の創造」と「人類の消滅(人工進化)」はまったくおなじ現象をそれぞれの次元から言い表わしたにすぎないからだ。

リツコのセリフは次のように解釈すべきなのだろう*2

  • 「この世界の理を超えた 新たな生命の誕生」 → 〈虚構B〉では新たな人工生命体の誕生
  • 「代償として 古の生命は滅びる… 世界が終わるのよ」 → 〈虚構A〉では世界の〈コア化〉

*2:とはいえ、なぜリツコがそこまで知っているのか、慎重に検証する必要はありそうだ。

画コンテに〈インフィニティ〉の否定材料がある

とはいうものの、「〈インフィニティ〉は〈虚構B〉に存在する人工生命体」とする今回の仮説には、じつは有力な反証がある。

 icon-arrow-circle-down 画コンテ集には、「黒き月」が〈インフィニティ〉を吐き出しているとある。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 画コンテ集』

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 画コンテ集』
(株式会社カラー)

少なくとも画コンテ段階では、赤いエヴァのような巨人のことを「インフィニティ」と称している。これは当ブログの仮説と大きく矛盾する。

ここでは3点“言い訳”を述べておきたい。

まず、ひとつは「インフィニティのなり損ない」の略称として「インフィニティ」と呼んでいる可能性がある点。画コンテは本来は一般の観客に公開するものではなく、スタッフの間で情報を共有するために作成される。「インフィニティ = インフィニティのなり損ない」というコンセンサスがあるならば、コトバを省略してもまったく問題ないわけだ。

そもそも「黒き月」から吐き出されているモノと、カヲルが「なり損ない」と称したモノとに大きな違いがあるようには思えない。

次に述べておきたいのは、謎の考察における画コンテの位置づけだ。画コンテは、あくまで作品の制作過程でつくられる資料であって、作品そのものではない。実際、設定や描写・セリフなどが画コンテと完成したフィルムで異なるのはよくある話だ。

人によって考えかたは異なると思うが、当ブログはあくまで完成した作品の解釈をしている。その解釈が劇中の描写と矛盾しないのであれば、たとえ画コンテの表現とは異なってもかまわない、という立場をとる。

百歩譲って、やはり『Q』に登場する赤い巨人こそが紛れもない〈インフィニティ〉だったとする。しかし、今回の仮説の核心は「〈虚構A〉は人工生命体のカラダのなか」という点であって、その「人工生命体」にどんな名前をつけるかは、もはやどんなレッテルを貼るかの問題に過ぎない。これが3番めに言っておきたいことだ。

「人工生命体」の名前は、それこそ「巨神兵」でもいいし、「シン・ゴジラ」であっても本質は変わらないわけだ。

 icon-arrow-circle-down 『シン・ゴジラ』のラスト、ゴジラの尻尾に群がる謎の存在は、「インフィニティのなり損ない」がゴジラの体内という虚構から突破してきた姿なのかもしれない。

『シン・ゴジラ』
©2016 TOHO CO.,LTD.

「〈虚構B〉に存在する人工生命体」のことをなんと呼ぶかは自由だが、ここでは当初の提案どおり〈インフィニティ〉として論を進めていきたい。

〈コア〉とはまさしくカラダの重要な部分

ところで、〈自分と世界の禁じられた融合〉のことをなぜ〈コア化〉というのだろうか? 「コア」というコトバに「自分」「世界」「融合」といった意味はないだろうし、「赤く変容する」といったニュアンスも含まれていないはずだ。

一見すると重箱の隅をつつくような疑問だが、少し考えてみたい。

辞書を引くと「コア」というコトバには

  1. モノの中心。中核
  2. コイルなどの鉄心

などといった意味がある。ようするに「モノを構成する大切な部分」ということだ。

「モノ」を〈インフィニティ〉のことだと解釈すれば

コア化 = 〈インフィニティ〉の部品に変化する

ということになる。

とどのつまり、人類も〈使徒〉も街も山も空も、〈虚構A〉の世界に存在するもの(『新劇場版』の画面に映るもの)はことごとく〈インフィニティ〉の部品の材料にすぎない、というわけだ。

ページ:

1

2 3 4 5 6 7

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解明する[準備編 その2]特報2

〈高畑勲展〉で“観念”を現実化し仕事に活かす方法がわかった

関連記事

  1. チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!…

    チャック・ノリスをご存知でしょうか? シルベスタ・スタローン、アーノルド・シ…

  2. 『コマンドー〈日本語吹替完全版〉コレクターズボッ…

    Blu-ray『コマンドー〈日本語吹替完全版〉コレクターズボックス』を買った…

  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    『新劇場版』の謎解きも、いよいよ最終段階……いや「概括の段階」に入った。…

  4. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    前回から引き続き『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を考察していこう。前回は以下…

  5. アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』

    アニメ『ジョジョ』(第3部)は原作の完全移植だが…

    アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』(第3部)は、第…

  6. 『シュガー・ラッシュ』はゲーマー必見ってだけじゃ…

    人気ゲームの悪役ラルフが嫌われ役を演じることに嫌気がさし、自分のゲームから逃…

  7. アニメ「ガリレイドンナ」がオジサンも楽しみになっ…

    新しいアニメを観る、というのは昭和生まれのオジサンには冒険です。とくに最近の…

  8. 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコ…

    『ミッション:インポッシブル』もシリーズ4作目となるが、今なお高いクォリティ…

コメント

  1. アバター
    • 匿名
    • 2019年 8月 19日

    0706においてマリの足が赤くなっているのはエヴァ4444Cの攻撃を受けたためです。エヴァ本体の足は赤くなってません。
    またコア化については接触によりコア化する、ではなく侵食の方が良いと思います。
    また、エヴァのプラグスーツを着ている場合はコア化されません。復元オペにおいてもオペレーター達はプラグスーツ同様の服装です。

    • おっしゃるとおり、「〈コア〉に触れると〈コア化〉する」については、再検証の必要がありそうですね。今後の参考にします。

      ありがとうございました!

  2. アバター
    • かおり
    • 2019年 10月 04日

    このブログにたどり着けて
    本当に良かった!
    目からウロコが取れたような
    読んでいて
    とても気持ちの良い考察でした!

    気付いたら朝になっていましたよ(笑)

    本当に楽しかったです、
    ありがとう!

  3. アバター
    • 匿名
    • 2019年 10月 04日

    気付いたら朝になっていました!
    一気読みです。

    楽しかった、ありがとう!

    • ぎゃふん工房

      こちらこそ、お読みいただきありがとうございました。

      エヴァの考察って、書くのも読むもの楽しいですよね(私もいろいろな人の考察を見たりします)。

      これからもお互いエヴァを堪能していきましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

PAGE TOP