チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!

チャック・ノリスをご存知でしょうか? シルベスタ・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリスに並ぶアクション俳優で、僕らの世代のヒーローです。アクションスターが共演する『エクスペンダブルズ2』でも破格の扱いでした。

チャック・ノリスの「強さ」「タフさ」「完璧さ」「絶対ぶり」をジョークにしたネット上の書き込みを「チャック・ノリス・ファクト」と言います──じつはそんなものがあることを私は知りませんでした。

この『チャック全開!』は、そんな「チャック・ノリス・ファクト」を101コ集めた本です。

たとえば──。

チャック・ノリスはコブラに噛まれ、5日間苦しんだ末……コブラが死んだ。

キリンはチャック・ノリスが馬にアッパーを放ったことで生まれた。

……といった具合。こんな感じの「最強伝説」がマシンガンのように繰り出されていきます。

といっても、こうしたジョークだけが羅列されているのではなく、ひとつひとつに「正直に話そう……」を枕詞に、チャック自身によるコメントがついています。

しかし、このコメントが「チャック・ノリス・ファクト」とはまったく関係ないってところは、さすが人類最強の男です。「チャック・ノリス・ファクト」をダシに、チャックの人生観・哲学が綴られているのです。

でも、この人生観・哲学の部分は、傾聴に値するものも数多く含まれていて、その意味でも一読をおすすめしたい。もちろん、チャックの真似をしろといってもできるわけありませんが……。

AKB48『鈴懸』を聴いた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの

『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファンとしては哀しい

関連記事

  1. 『イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか』で今後の…

    この本はもともと『イスラムの人はなぜ日本が好きなのか』というタイトルで刊行さ…

  2. テレビ朝日版『ダイ・ハード』を越える洋画の吹き替…

    「洋画の吹き替え版のベストを選ぶとしたら?」と聞かれたら、迷うことなく「テレ…

  3. 藤井太洋『Gene Mapper -full b…

    セルフ・パブリッシングの電子書籍である藤井太洋『Gene Mapper -c…

  4. 『翻訳がつくる日本語』で「女言葉」がよくわかるわ…

    現代の日本で「○○だわ」「△△のよね」という話し方をする女性や、「やあ、●●…

  5. 白目じゃないほうの『死霊のはらわた』に隠された制…

    リメイク版『死霊のはらわた』を観ました。1981年に公開されたサム・ライ…

  6. 『オブリビオン』は雰囲気を愉しむ映画でした

    この『オブリビオン』という映画をどのように楽しむべきか? という問いに答える…

  7. 『パシフィック・リム』の制作陣が“わかっていらっ…

    特撮怪獣モノやロボット・アニメに親しんだ者が『パシフィック・リム』を観ている…

  8. 大橋巨泉『「第二の人生」これが正解!』はほんとに…

    大橋巨泉さんは、1990年に「セミリタリア宣言」をし、今は一線から身を引いて…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 日本のホラー
  2. 小説を書くモチベーション
PAGE TOP