人生の目標を立てるなら『みなみけ』南夏奈の思想をお手本に

人生の最終目標は「おもしろい」という感情を持つことかもしれない。

毎週日曜日の午前中は、「人生戦略の時間」にしています。ふだん仕事に使っているデスクではなく、小さなサイドテーブルを窓際に置き、コーヒーをれてお香を焚きます。リラックスした気分でノートに向かい、今後の目標を書き出していきます。

ただ、目標はどうしても「やるべきこと」になってしまいがちです。「それはあまりよろしくないな」という想いがあります。そこで私は、「むむっ!? やるべきことを書いているな」と思ったら、『みなみけ』の南夏奈の思想をお手本にして、人生戦略の立てかたを軌道修正します。

「南夏奈の思想」とはどんなものでしょう?

自分が楽しむことしか考えていない

第6話「マコちゃん誕生」で南夏奈は、妹の千秋のクラスメートである内田ユカと話をしています。内田は、やはりクラスメートのマコトが千秋に嫌われていることを夏奈に相談します。

「マコトって、あのバカな子どもか? 千秋が嫌いそうなタイプだからなあ」と言いながら、夏奈は内田に次のように耳打ちします。

「内田、今度あいつ連れてきて
私がおもしろい方向にコトを運ぶから

声:[南 夏奈]井上麻里奈

『みなみけ』第6話「マコちゃん誕生」
©桜場コハル・講談社/みなみけ製作委員会

「おもしろい方向」とは、具体的にどういうことでしょう? それはマコトを女装させることでした。夏奈によれば、自分の友だちとしてふるまえば、千秋に文句を言われないというのです。

マコトの女装が、マコト・千秋・内田の抱える問題の解決策になっているかは不明です。結果的に女装したマコトは、千秋と良好な関係を築くことができたので、夏奈の行動は正しいと考えることもできます。

しかし、夏奈がマコトを女装させたのは、あくまで「おもしろい方向にコトを運ぶ」ためです。しかも、それはマコトたちではなく夏奈自身にとって「おもしろい方向」なのです。

人生の目標は「おもしろい」感情を定める

私も夏奈を見習って、人生の目標を立てるときは「おもしろい方向にコトを運ぶ」ようにしています。

人生の目標として、つい「どんな〈行動〉をとるべきか」を考えてしまいがちです。たとえば、「今年中に100万円貯める」「体重を10kg落とす」とか。これらはいずれも〈行動〉です。

〈行動〉は、なにか〈目的〉を実現するための〈手段〉にすぎない気がします。

目標として「どんな〈行動〉をとるべきか」ではなく、「どんな〈感情〉を持ちたいか」を考えたほうがよいと思うのです。

つまり、〈感情〉が目的、〈行動〉がそのための手段になるのです。

では、どんな〈感情〉を考えればいいか? それはもちろん、「おもしろい」という〈感情〉です。

「そんなの子どもっぽい」「なんだか単純すぎる」。そんなふうに思うかもしれません。

私には、ある社長さんにインタビューしたときに耳にした言葉が印象に残っています。社長さんいわく「人の〈感情〉にそれほどバリエーションはない」。

究極的には、人の感情は「喜怒哀楽」のたった4種類に分類できてしまいます。意外に単純なのです。

人生の目標として、「怒」「哀」はなるべく避けたい。やはり「喜」「楽」を得られるようにしたいものです。

前述のとおり、そういった〈感情(目的)〉を得るためには〈行動(手段)〉が必要です。「100万円貯める」などと〈行動〉の目標を立てたとして、それを実現するために、たとえば副業をがんばったり、節約に節約を重ねたりしたとします。

その結果どうなるでしょう? 100万円は貯まるかもしれませんが、大きなストレスを抱えて心を病んでしまう可能性もあります。100万円は、「怒」とか「哀」といった〈感情〉に対する“慰謝料”なのかもしれません。

つまり、目標を〈行動〉で考えると、マイナスの〈感情〉を生むことにつながってしまう恐れがあるのです。

もちろん、それでもいいという価値観もあるでしょう。でも、個人的には「人生の目標とは『おもしろい』という〈感情〉を持つこと」だと思います。

人生の目標を立てるときは、

私がおもしろい方向にコトを運ぶから

という思想を大切にし、どうやったら「おもしろい」と感じられるか、試行錯誤を重ねたいと思っています。

人生に活かしたいアニメの名セリフ

人生の“勝率”アップには『のんのんびより』ひかげの忠告が役立つ

〈アメリカの敏腕弁護士〉と〈日本の山ガール中学生〉から学ぶ幸せの法則

関連記事

  1. 鈴木敏夫展

    〈鈴木敏夫とジブリ展〉でビジネスのヒントを探り出…

    スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫氏をフィーチャーした展覧会〈鈴木敏夫…

  2. 『新世界より』の小説にはないアニメならではの魅力…

    テレビアニメ版『新世界より』の放映が終了した。世界観やストーリーは原作の小説…

  3. 『ぎゃふん9』パート4

    精神的に向上心のないものも 死んだらこうなりたい…

    こちらの記事で紹介した“死後の世界”は真実ではない。では、私たちが死んだら…

  4. 怪しい話に騙されないよう『咲-Saki-』知(の…

    恥ずかしくて情けない告白をします。最近、怪しい儲け話に騙されてしまいました…

  5. 『ぎゃふん9』パート2

    精神的に向上心のないものは どう生きる?

    「精神的に向上心のあ・る・もの」が必ずしも幸福になるとはかぎらない。だから…

  6. シド・ミード展

    〈シド・ミード展〉は誰でも未来を創造するヒントを…

    世界的に著名なインダストリアル・デザイナーで、日本でも映画『ブレードランナー…

  7. 『DD北斗の拳』をギャグアニメとして認めたくない…

    黄金期の『ジャンプ』を象徴する作品のひとつである『北斗の拳』。それをギャグア…

  8. 『シュガー・ラッシュ』はゲーマー必見ってだけじゃ…

    人気ゲームの悪役ラルフが嫌われ役を演じることに嫌気がさし、自分のゲームから逃…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP