「時間とお金のどちらが大切か」その答えを僕たちはすでに知っている

もしもコーヒーひとつ買うのに〈寿命〉を削らなければならないとしたら?

〈時間〉が〈お金〉になった世界の悲劇

朝。男は目を覚ますと、腕の時計を見た。時計は手首に巻かれているわけではない。数字は腕に直に表示されている。鈍い光を放ちながら皮膚に浮かびあがっているのだ。

どういうしくみでそうなっているのか、くわしいことは男は知らない。しかも、数字は現在の時刻を示してはいない。数字が表わすのは、人生の残り時間。つまり自分の〈寿命〉だ。

男の腕に記された時間は、一日と少しだった。このままなにも手を打たなければ、男は二十数時間後に死ぬ。心臓発作のようなショックに襲われ、そのまま命を失う。

男が暮すこの世界では、遺伝子操作により人は25歳で成長が止まる。以降は、〈時間〉を稼いで〈寿命〉を延ばしていく。

〈時間〉を稼ぐには、どうすればよいか。もっとも手っ取り早い方法は、働くことだ。男も工場で仕事をして〈時間〉を得ている。工場で1日労働をすれば、2〜3日は〈寿命〉を延ばせる。以前は、1日働けば1週間は生きられた。ここのところ、実入りが少なくなっている。

男がベッドから体を起こすと、母親の姿が見えた。仕事に出かけようとしているようだ。

母親は25歳を25回くりかえしている。当然、年齢は男よりずっと上だが、見た目は男と同年代に見える。母親の稼ぎも多くない。父親は男が幼いころに亡くなった。母親は男を育てるため、借金をしていた。その返済のため、身を粉にして働いている。

男と母親は軽く抱擁する。

「今日は仕事が終わったら、お金を返してバスで帰るから迎えに来て」

「いいよ」

母親を見送ったあと、男も身支度を整え、工場に向かう。

道すがらコーヒーを買う。お店に備えつけられた装置に腕をかざすと、〈時間〉が引きおとされる。

この世界に〈お金〉はない。支払いは、すべて〈時間〉を使う。コーヒーは昨日より値上がりしている。引かれた〈時間〉が昨日より多かった。

朝は街のあちこちに死体が転がっている。〈時間〉を使いはたした者たちだ。〈寿命〉が尽きる前に〈時間〉を得られなければ、誰もがおなじ目に遭う。

男は職場に着くと、黙々と作業をこなした。一日の労働を終え、日当にっとうをもらう。お店にあったのと似たような装置に腕をかざせば、〈時間〉をもらえる。

昨日とおなじように働いたはずなのに、得られた〈時間〉は昨日より少なかった。

「おい、どういうことだよ!?」と、男は係員に詰めよるが、係員はとり合わない。

いつもと変わらない日常を送るなか、悲劇は起こった。

母親は、その日の夜、仕事を終えると借金を返済した。腕の時計は「2時間」を示していた。ここから歩いて帰れば2時間以上かかる。そこで、バスを利用することにした。

バスに乗り支払いをしようとすると、運転手が「2時間」と“料金”を告げる。バスに乗ると「2時間」の〈時間〉が引かれるのだ。

「うそでしょ!? ここから歩いたら2時間かかるのよ」

「走れば間に合いますよ……」

母親はバスに乗るのをあきらめ、走るしかなかった。自宅の最寄りのバス停には息子が待っている。息子から〈時間〉を分けてもらえれば、生き長らえる。

母親は懸命に走った。

気が遠くなるほど走りつづけた。遠くに息子の姿が見えた。時計が示すのは残り30秒。

息子が母親に気づいた。息子も走る。

だが、〈時間〉は尽きた。母親の〈寿命〉は尽きた。息子の目の前で、母親は死んだ。

われわれは〈寿命〉を〈お金〉に替えている

もちろん、これは現実の話ではない。映画『TIME/タイム』の設定と冒頭のストーリーを紹介したものだ。

この作品の世界では、〈お金〉が〈時間〉になっている。あなたは「荒唐無稽」「いかにもフィクションって感じだな」とお思いだろうか? 少し考えてみれば、必ずしもそうではないことに気づく。

われわれもこの現実世界で〈時間〉を〈お金〉に替えることで暮している。〈時間〉とはすなわち〈寿命〉のことだ。

では、われわれが〈お金〉を稼ぐとはどういうことか。〈時間〉を使うこと。〈時間〉を使うとは〈寿命〉を消費すること。〈お金〉を媒介させているために気づきにくいが、〈時間〉=〈お金〉=〈寿命〉であり、『TIME/タイム』とまったくおなじ世界に生きているのだ。

腕には自分の〈寿命〉が刻まれている。装置に手をかざすと、モノを“買う”ことができるが、そのぶん〈寿命〉は減る(『TIME/タイム』より)。
©Twentieth Century Fox Film Corporation

とある金融会社の幹部は、その点についてこう語った。

好む好まざるにかかわらず 人は‥‥‥金を得るために その時間‥‥人生の多くを使っている 言い替えれば 自分の存在‥‥命をけずっている‥‥‥‥! 存在そのものを「金」に替えているんだ つまり‥‥人は皆‥‥サラリーマンも役人も‥‥‥‥命懸いのちがけで金を得ている‥‥‥! 気が付いてないだけだ 極端に薄まってるから その本質を多くの者が見失っているだけ‥‥‥

福本伸行『賭博黙示録 カイジ⑦』(講談社)

われわれは、より多くの〈お金〉を得ようと躍起になっている。

かりにたとえば1000万円の〈お金〉を得たとしよう。それは、どうやって手に入れたものなのか? 件の幹部による講釈の続きを見てみよう。

仕事を第一に考え ゲスな上司にへつらい 取り引き先にはおべっか 遅れず サボらずミスもせず‥‥‥毎日律義りちぎに定時に会社へ通い 残業をし ひどいスケジュールの出張もこなし‥‥時機が来れば単身赴任‥‥夏休みは数日‥‥‥そんな生活を10年続けて 気が付けばもう若くない 30台半ば‥‥40‥‥‥そういう年になって やっと蓄えられる預金高が‥‥‥1千‥‥2千万という金なんだ‥‥

福本伸行『賭博黙示録 カイジ⑦』(講談社)

多額の〈お金〉を得られたとしても、それは自分の〈寿命〉と交換することで実現したもの。「今月は○万円稼いだ」「今年の年収は○万円だぞ」と悦に入っても、それは自分の〈寿命〉を削って得たものなのだ。

もちろん、その善し悪しをどう考えるか、人生観や価値観は人によって異なる。

しかし、〈寿命〉すなわち〈時間〉は、〈お金〉とおなじ価値を持つ。ときには〈お金〉より高い価値を持つことがある。だからこそ、〈時間〉は〈お金〉とおなじように、いやそれ以上に貴重だと考えなければならない。

その〈真実〉は頭の片隅に置いておきたい。

ぎゃふん工房がつくるZINE『Gyahun(ぎゃふん)』無料配布中

この記事は、『Gyahun⑬ 生涯現役 5つのヒント』に掲載された内容を再構成したものです。

もし『Gyahun(ぎゃふん)』にご興味をお持ちになりましたら、最新号とバックナンバー(在庫のあるもの)をセットにして無料でご提供いたします。くわしくはオフィシャル・サイトをご覧ください。

『Gyahun(ぎゃふん)』オフィシャル・サイト

〈アメリカの敏腕弁護士〉と〈日本の山ガール中学生〉から学ぶ幸せの法則

『バイオハザード ヴィレッジ』は最後に“ゾンビゲーム”だったことがわかる

関連記事

  1. チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!…

    チャック・ノリスをご存知でしょうか? シルベスタ・スタローン、アーノルド・シ…

  2. 『ジョジョ』第4部の名言

    仕事で成果が上がる! 『ジョジョ(第4部)』の名…

    この春、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(第4部)のアニメ…

  3. 映画『TIME/タイム』日本語吹替版を平常心で見…

    人類の成長は25歳で停止。以降は働くなどして「時間」を稼ぎ、寿命を延ばして…

  4. 『オブリビオン』は雰囲気を愉しむ映画でした

    この『オブリビオン』という映画をどのように楽しむべきか? という問いに答える…

  5. 『超コワすぎ!』

    〈戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!〉もはや誰がバケ…

    フェイク・ドキュメンタリーの傑作〈コワすぎ!〉シリーズが、〈超コワすぎ!〉と…

  6. 心霊玉手匣

    『心霊玉手匣』の衝撃! 心霊現象の真実がわかって…

    〈心霊玉手匣〉は、『ほんとにあった!呪いのビデオ』などで手腕を振るった岩澤宏…

  7. 畑村洋太郎『回復力 失敗からの復活』を読んで生き…

    〈失敗学〉の第一人者・畑村洋太郎先生による「失敗したあと復活する」ための本で…

  8. 「自分は社会の“ゴミ”」と感じたら『こみっくがー…

    ついつい「自分はダメだ」と思いこむ。「自分はこの社会に必要のない人間なのだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP