自分には無理と思っても『マリア様がみてる』祐巳様のように機転を利かせる

人生のヒント

「誌面がマンネリ化しているので、なにか新しい企画を考えてほしい」と依頼されました。媒体は、戦車をモチーフにしたアニメの本。私はそのアニメを観ておらず、戦車の知識もまったく持っていません。しかも、提出の締め切りは3日後。

私には無理。お断りしたほうがよさそうです。

一方で、せっかく私のような者に声をかけてくれたのだから、期待に応えたいという想いもあります。

そのとき私は、『マリア様がみてる』の主人公・福沢祐巳様の行動を思い出していました。

自分を嫉む相手の無理な要求に応える

『マリア様がみてる OVA』第1巻「子羊たちの休暇」では、祐巳様と小笠原祥子様が避暑地の別荘で夏休みを満喫しています。

ふたりは祥子様の知人・西園寺ゆかりからパーティに誘われます。けれども、それは祐巳様と祥子様の仲に嫉妬したゆかりの罠でした。

パーティはゆかりの曾おばあさまの誕生日を祝うもの。参加者たちが順番に楽器の演奏を披露していきます。しかし、祐巳様たちはそのことを知らされておらず、演奏の準備などしていませんでした。そもそも祐巳様は楽器を弾けません。

ゆかりが祐巳様のもとへやってきて、したり顔で言います。

「祐巳様、曾おばあさまのために、なにか演奏してくださらない?」

青ざめる祥子様に「大丈夫です」と声をかけると、祐巳様は曾おばあさまのほうへ近づいて言いました。

不調法者で楽器の心得がございません。
でも、お誕生日をお祝いして曾おばあさまのために一曲……」

声:[福沢祐巳]植田佳奈

『マリア様がみてる OVA』第1巻「子羊たちの休暇」
©今野緒雪/集英社・山百合会2

祐巳様はアカペラで「マリア様のこころ」を歌いはじめました。やがて祥子様によるピアノの伴奏も加わり、会場は姉妹スールの演奏会となったのです。

じつは、曾おばあさまはこのパーティが始まったころから白々さを感じており、ずっと虚ろな表情をしていました。楽器の演奏が誕生日を祝うためではなく、腕前を披露したいだけの自分本位なものであることを見抜いていたのです。

でも、祐巳様だけはちがっていました。祐巳様の歌にだけは心がこもっていたのです。

曾おばあさまの瞳には光がもどっていました。

相手のつくった枠組からはずれ手持ちの〈カード〉で勝負する

祐巳様の行動は、「あえて相手の用意した枠組からはずれ、自分の持っている〈カード〉で勝負する」というものでした。

私も祐巳様を見習うことにしました。

不調法者で戦車の心得がございません。
でも、良い本をつくるためにひとつ……

急いでアニメを視聴。作品の描写から「戦車のキャラクター弁当」を思いつきました。“戦車の心得がある人”からは出てこない発想のはず。「キャラクター弁当」は、私が駆け出しのライター・編集者だったころ手がけていた仕事です。私も手持ちの〈カード〉で勝負したわけです。手早く企画書をつくって提出しました。

結果は見事に採用。今回の依頼は、誌面のマンネリ化を改善するのが目的なのですから、戦車好きが考えそうもない企画は大正解だったのです。

曾おばあさまが祐巳様にかけたのとおなじ言葉を、私も依頼者からいただきました。

「ありがとう」

人生に活かしたいアニメの名セリフ

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

フリーランスのライター・編集者。インタビューや取材を中心とした記事の執筆や書籍制作を手がけており、映画監督・ミュージシャン・声優・アイドル・アナウンサーなど、さまざまな分野の〈人〉へインタビュー経験を持つ。ゲーム・アニメ・映画・音楽など、いろいろ食い散らかしているレビュアー。中学生のころから、作品のレビューに励む。人生で最初につくったのはゲームの評論本。〈夜見野レイ〉〈赤根夕樹〉のペンネームでも活動。収益を目的とせず、趣味の活動を行なう際に〈ぎゃふん工房〉の名前を付けている。

関連記事

オススメ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

〈ぎゃふん工房〉はフリーランス ライター・米田政行のユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。このサイトでは、さまざまなジャンルの作品をレビューしていきます。

好評シリーズ

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. [〈社会契約論〉に対抗する死刑否定論]〈死〉がわからないから死刑を科せない

  2. [死刑否定論者が構築する死刑肯定論]自分が裁くなら死刑は正しい

  3. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  4. 「世界を革命する力を!」という言葉はこれからの人生のキャッチフレーズだ

  5. 私たちはいつのまにかまちがった考えかたを身につけていた

  6. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  7. 〈考える〉ことで新しい価値を見出せば自分の人生を救済する

  8. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  9. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  10. 僕のつくるZINEがAIに乗っとられた日

  11. 『進撃の巨人』の〈世界感〉ではなく〈世界観〉を僕たちの共有財産に

  12. PR

    ぎゃふん工房のメルマガはいかがでしょう?

  1. とある20代女性は『天使の街』をこう読んだ

  2. つい聴き惚れてしまう…至高のアニソン・ボーカル鑑賞

  3. 〈好き〉を極め〈仕事〉にできる文章術【著者インタビュー・Jini(ジニ)さん】

  4. 関連サイト

    人生を彩るオススメの〈アニソン〉をぎゃふん工房がレビュー!

  5. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない

  6. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  1. 名作アニメがヒント! 知的になれない人の3つの生存戦略

  2. おすすめ5大ホラーゲームシリーズの最後のひとつが決まらない

  3. 会社に行きたくないときに効く!『ジョジョ(第3部)』の名言10選

  4. 関連サイト

    ぎゃふん工房の専用SNSサーバーでプチレビューを発信

  5. 人生に行き詰まった40代が観たい最新アニメ7選

  6. ゾンビ映画の初心者に贈る! いますぐ観たくなる名作10+α選[保存版]

TOP