『バイオハザード ダムネーション』をとりあえず観ておいてよかった

『バイオハザード』のCGアニメーション第2弾。前作『バイオハザード ディジェネレーション』は、駄作とまでは言わないまでも、なんとも締まらない出来栄えではあった。だから、期待はしていなかった。本来ならスルーしたまま一生を終えても後悔はなかった。とはいえ、いちおう曲がりなりにも『バイオハザード』である。チェックしないわけにはいかない。

だが──。

天は我に味方した。アタリだった。明らかに前作よりおもしろい。

[良い1]退廃した東欧の空気を再現

いまさらちょっとばかりCGのクォリティが上がったところで驚かない。こちとら最新技術を駆使したゲームをプレイしている身だ。

それでも今作の画面づくりには目をみはるものがある。単純に技術が向上したとかではない。この物語の舞台を東欧の退廃した街としたところに勝因がある。

ほんとうに「今そこにある」実在感はゲーム以上だ。

[良い2]あえてディフォルメしたアクション

上記のように、見た目はとことんリアリティを追究している。しかし、それとは対照的に、キャラクターの「動き」は、あえてリアルを捨て、ディフォルメを施している。

これによって得られるのは、生理的快楽だ。つまり見ていて「気持ちいい」。

とくにエイダと大統領の女同士でくりひろげられる“殺陣”のシーンは秀逸。実写では再現できない、まさに理想の格闘シーンが展開する。これぞ見たかった映画だと素直に思わせる。

[悪い?]ストーリーがつまらない

ここまで素敵な画面が展開するなら、ストーリーなどどうでもよい。そんな考え方もあるだろう。そもそも原作のゲームの物語そのものが大したことない。だから、原作を踏襲したということもできよう。

いまいち物語の行く末が気になったりワクワクしたりしない。そういう意味ではゲームのほうがまだマシという気もする。

やはりゲーム中に挿入されるムービーシーンではなく、ひとつの映画なのだから、もう少し脚本に力を入れてもよかったのではないか。

ベタでいい。絵に描いたような“らぶろまんす”なんかでいい。むしろ「ベタ」すぎるくらいのほうがCGが活きる。そんな気がする。

まあ、じょぼびっちのよりマシだけどね。

いや、じょぼびっちに罪はないけど、ハリウッド製のヤツより全然マシで、今作は原作ゲームの制作者の面目躍如といえる。

AKB48「恋するフォーチュンクッキー」を聴くのは今ジャナイでしょ

バケモノ退治は〈でもんず〉におまかせ!【天使の街・世界観の紹介2】

関連記事

  1. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    とどのつまり「13番目の使徒に堕とされる」って、どういうことなのか?…

  2. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

  3. サイコブレイク

    なぜか評価が分かれた『サイコブレイク』を買おうか…

    『サイコブレイク』は、『バイオハザード』の生みの親である三上真司氏の監督作品…

  4. 黒澤作品の脚本家・橋本忍『複眼の映像』から神映画…

    橋本忍といえば『羅生門』『生きる』『七人の侍』のシナリオを手がけている。そう…

  5. 『サイコブレイク ザ・アサインメント』のイメージ

    『サイコブレイク ザ・アサインメント』は主人公が…

    『サイコブレイク ザ・アサインメント』は、『サイコブレイク』のダウンロードコ…

  6. ほんとにあった!呪いのビデオ

    【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただけ…

    〈ほんとにあった!呪いのビデオ〉シリーズは、巷にあふれる心霊系投稿ビデオの…

  7. 『貞子vs伽椰子』

    『貞子vs伽椰子』は白石晃士監督のオレたちに対す…

    貞子と伽倻子が対決? ンなことはどーでもいいんだよ。くだらない──。普通なら…

  8. 『貞子3D』を2D環境でなんとか楽しむための3つ…

    お急ぎの方はスルーでOK[1]ここは作品レビューのブログである[2]「貞…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『少女幻想譚』
  2. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  3. 東寺展
PAGE TOP