『バイオハザード ダムネーション』をとりあえず観ておいてよかった

バイオハザード

『バイオハザード』のCGアニメーション第2弾。前作『バイオハザード ディジェネレーション』は、駄作とまでは言わないまでも、なんとも締まらない出来栄えではあった。だから、期待はしていなかった。本来ならスルーしたまま一生を終えても後悔はなかった。とはいえ、いちおう曲がりなりにも『バイオハザード』である。チェックしないわけにはいかない。

だが──。

天は我に味方した。アタリだった。明らかに前作よりおもしろい。

[良い1]退廃した東欧の空気を再現

いまさらちょっとばかりCGのクォリティが上がったところで驚かない。こちとら最新技術を駆使したゲームをプレイしている身だ。

それでも今作の画面づくりには目をみはるものがある。単純に技術が向上したとかではない。この物語の舞台を東欧の退廃した街としたところに勝因がある。

ほんとうに「今そこにある」実在感はゲーム以上だ。

[良い2]あえてディフォルメしたアクション

上記のように、見た目はとことんリアリティを追究している。しかし、それとは対照的に、キャラクターの「動き」は、あえてリアルを捨て、ディフォルメを施している。

これによって得られるのは、生理的快楽だ。つまり見ていて「気持ちいい」。

とくにエイダと大統領の女同士でくりひろげられる“殺陣”のシーンは秀逸。実写では再現できない、まさに理想の格闘シーンが展開する。これぞ見たかった映画だと素直に思わせる。

[悪い?]ストーリーがつまらない

ここまで素敵な画面が展開するなら、ストーリーなどどうでもよい。そんな考え方もあるだろう。そもそも原作のゲームの物語そのものが大したことない。だから、原作を踏襲したということもできよう。

いまいち物語の行く末が気になったりワクワクしたりしない。そういう意味ではゲームのほうがまだマシという気もする。

やはりゲーム中に挿入されるムービーシーンではなく、ひとつの映画なのだから、もう少し脚本に力を入れてもよかったのではないか。

ベタでいい。絵に描いたような“らぶろまんす”なんかでいい。むしろ「ベタ」すぎるくらいのほうがCGが活きる。そんな気がする。

まあ、じょぼびっちのよりマシだけどね。

いや、じょぼびっちに罪はないけど、ハリウッド製のヤツより全然マシで、今作は原作ゲームの制作者の面目躍如といえる。

©2012カプコン / バイオハザードCG2製作委員会

夜見野レイ

夜見野レイ

このサイトでは、ホラー作品のレビューを担当。幼いころ、テレビで最初に観た映画がホラー作品だったことから無類のホラー好きに。ガールズラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街』シリーズをセルフパブリッシングで執筆。ライターとしては、清水崇・鶴田法男・一瀬隆重・落合正幸・木原浩勝の各氏にインタビュー経験を持つ(名義は「米田政行」)。

関連記事

オススメ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

〈ぎゃふん工房〉はフリーランス ライター・米田政行のユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。このサイトでは、さまざまなジャンルの作品をレビューしていきます。

好評シリーズ

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 『戦慄怪奇ワールド コワすぎ!』は間違ってないけど正解じゃない

  2. 『呪詛』の“呪いの仕掛け”は虚仮威しだが新たな恐怖を得られる

  3. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?

  4. [〈社会契約論〉に対抗する死刑否定論]〈死〉がわからないから死刑を科せない

  5. [死刑否定論者が構築する死刑肯定論]自分が裁くなら死刑は正しい

  6. PR

    ぎゃふん工房のニュースレターはいかがでしょう?

  7. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  8. 「世界を革命する力を!」という言葉はこれからの人生のキャッチフレーズだ

  9. 私たちはいつのまにかまちがった考えかたを身につけていた

  10. 〈考える〉ことで新しい価値を見出せば自分の人生を救済する

  11. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  12. 関連サイト

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街』シリーズをぎゃふん工房がプロデュース!

  1. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する[その1]何をいまさらなんだよっ!

  2. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  3. 〈好き〉を極め〈仕事〉にできる文章術【著者インタビュー・Jini(ジニ)さん】

  4. 関連サイト

    人生を彩るオススメの〈アニソン〉をぎゃふん工房がレビュー!

  5. 『呪詛』の“呪いの仕掛け”は虚仮威しだが新たな恐怖を得られる

  6. アニメとは一味ちがう映像体験★アニソンのミュージックビデオ・セレクション

  1. 仕事で成果が上がる! 『ジョジョ(第4部)』の名言20選

  2. 人生に行き詰まった40代が観たい最新アニメ7選

  3. 名作アニメがヒント! 知的になれない人の3つの生存戦略

  4. 関連サイト

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街』シリーズをぎゃふん工房がプロデュース!

  5. ゾンビ映画の初心者に贈る! いますぐ観たくなる名作10+α選[保存版]

  6. 万策尽きた40代がいま観るべき〈お仕事アニメ〉5選

TOP