鈴木亜美『Snow Ring』のニワカだけどニワカじゃないレビュー

音楽

2月6日に発売された鈴木亜美のミニアルバム『Snow Ring』を買った。鈴木亜美を聞いたのは、1999年の『SA』以来、実に14年ぶりとなる。

ずっと鈴木亜美を追っていたわけじゃない。全盛期に、安室奈美恵や華原朋美なんかといっしょに、コムロファミリーのひとりとして注目しただけだ。

だから、その意味ではニワカ。似非ファン。一見さん。でも、鈴木亜美の名前だけでCDを買ったのだから、単なるミーハーじゃない。その意味では「ニワカ」じゃない。

そんなワシがこの作品の魅力を語っていく。

[みりょく1]音楽に年齢が追いついてきた

今から考えると、当時は無理をしていた。背伸びをしていたのかもしれない。

14年前といえば、まだ10代。日本のポップス界では、この年齢で活躍することは珍しくはない。というより普通だ。しかし、それはアイドルとしてであって、アーティストではない。少なくとも世間はそう見る。

だから、当時は優れた歌い手ではなく、見た目だけで世の中を渡っていこうと企む小娘。それが本質だったのではないか。

もちろん、コムロファミリーだから売れる。注目はされる。でも、どこか無理があったのだ。

では、今はどうだろう。

ワシは「音楽に年齢が追いついた」と見る。

そのことがわかるのは、『Snow Ring』のDVDに収録されている「29th Aniversary Live」を見たときだ。

ステージに登場したのは、アラサー女。「劣化している」なんて声もネットでは見かけたけど、ワシはそうは思わない。いや、もちろん年齢を重ねた分、昔と同じではない。でも、「劣化」ではない。それは「円熟味を増した」ということ。

悪い意味での「小娘感」が払拭され、安定感・貫禄は増している。これが、見ているほうの安心感につながる。

すべてを委ねて、歌を、音を聞くことに集中できる。ステージのパフォーマンスを堪能することだけを考えていればいい。そんな信頼感。

この境地は、アラサー女だからこそ到達できたといえる。

[みりょく2]「押し」と「引き」を覚えた

小娘時代も、アイドルではあるが、かわいこぶってはいなかった。悪く言えば、生意気、よく言えば、アグレッシブだった。

当時は、「押し」しかなかった。攻撃的だった。でも、小娘だったから腕力はなく、だから、見ているほうも受け止めることができた。

年齢を重ねるごとに攻撃力を増してくる。アラサー女ともなれば破壊力は抜群だ。

しかし。

ときに「引く」。今の鈴木亜美にはそれがある。若いころにはなかったこの「引き」によって「惹かれる」。

これが、「29th Aniversary Live」を見て、もっとも意外で、うれしい発見であった。

[みりょく3]新曲は木漏れ日のよう

そうは言っても、ライブ映像は、観客をトランス状態(興奮状態)にもっていくのが目的だから、「押し」は強く、攻撃的だ。

しかし、CDのほうに収録された新曲はどうだろう?

寒い冬に差し込む暖かい日差し。木漏れ日のようなやさしさ。そんな「癒し」を感じる楽曲になっている。

その類の歌を歌う人というのは珍しくない。日本にもたくさんいる。けれど、「あの鈴木亜美が」ってところに意味がある。

さっきから「アラサー女」などと、女性の年齢に焦点を当てて、失礼だったかもしれない。でも、ここではけっして悪い意味ではないことは、おわかりいただけるはずだ。

つまり、年齢を重ねたということは、経験を積んだということ。

レコード会社の移籍やごたごたに興味はない。アーティストは作品がすべてだ。

とはいえ、ちょっと鈴木亜美のこれまでの経緯をリサーチすると、新曲も深みを増すような気がする。

〈不屈の精神〉〈逆境からの脱出〉。そんな言葉が似つかわしい女になった。

[おまけ]12年前のレビューを掲載

それではここで、12年前(2001年)に書いたレビューを載せておこう。掲載したのは『ぎゃふん』創刊号だ。

ちょっとかわいいからって許さんぞ
「鈴木あみは、かわいい~」。これは認めよう。しかし、これならば同じ顔の村田和美の方が「高級感」がある分、あみよりずっといいし、大人の色気もある。じゃあ本職の歌手業の方はどうか。作曲・プロデュースは小室哲哉。さすがに一時期の勢いは衰え、CD売り上げ上位を総ナメなどということはないが、じっくりと噛みしめるのではなく、その場その瞬間にたしなむ音楽としてなら、本物の力量を見せてくれる。また、アルバム『SA』では、珍しく久保こーじがかんばっていて、「ボクのしあわせ」は、味のある楽曲に仕上がっていてよい。シメの部分の「ボークのしあわせ~」は、ともすると思わずグッとくるところだが、残念なことに歌っているのが鈴木あみというのが最大の失敗。なんともシマリのないものになってしまっているのだ。アイドルなら歌が下手でも許される、という時代は終わっているのですぞ。猛省を。

褒めてるんだか、けなしてるんだかわからんが、すんません、生意気だったのは自分でした。猛省しました。

赤根夕樹

赤根夕樹

ミュージックビデオ評論家(自称)。このサイトでは音楽系のレビューを担当。洋楽・邦楽・アニソンと、さまざまなジャンルの音楽をつまみ食いしている。名前の由来は夜見野レイの小説『天使のしるし』の主人公・赤根夕子から。

関連記事

オススメ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

〈ぎゃふん工房〉はフリーランス ライター・米田政行のユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。このサイトでは、さまざまなジャンルの作品をレビューしていきます。

好評シリーズ

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. [〈社会契約論〉に対抗する死刑否定論]〈死〉がわからないから死刑を科せない

  2. [死刑否定論者が構築する死刑肯定論]自分が裁くなら死刑は正しい

  3. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  4. 「世界を革命する力を!」という言葉はこれからの人生のキャッチフレーズだ

  5. 私たちはいつのまにかまちがった考えかたを身につけていた

  6. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  7. 〈考える〉ことで新しい価値を見出せば自分の人生を救済する

  8. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  9. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  10. 僕のつくるZINEがAIに乗っとられた日

  11. 『進撃の巨人』の〈世界感〉ではなく〈世界観〉を僕たちの共有財産に

  12. 関連サイト

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街』シリーズをぎゃふん工房がプロデュース!

  1. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  2. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する[その1]何をいまさらなんだよっ!

  3. 『バイオハザード RE:4』の戦術性に隠された“ドス黒い感情”とは?

  4. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  5. 〈フェイクドキュメンタリーQ〉の「フェイク」は「ニセモノ」ではない

  6. 『進撃の巨人』の〈世界感〉ではなく〈世界観〉を僕たちの共有財産に

  1. 名作アニメがヒント! 知的になれない人の3つの生存戦略

  2. 日本のおすすめホラー映画をお探しのあなたへ最恐の15作[2019年改訂版]

  3. まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュージックビデオ32選

  4. 関連サイト

    リトルマガジン(ZINE)『Gyahun(ぎゃふん)』好評発売中!

  5. 仕事で成果が上がる! 『ジョジョ(第4部)』の名言20選

  6. 人生に行き詰まった40代が観たい最新アニメ7選

TOP