ケラケラ『ケラケライフ』はアラフォーにも効く

初めて観たときは、いきものがかりのパチモンかと思ったのですが、いきものがかりが世間に注目されるにつれ〈心〉を失っていってしまったのに対し(アルバムも買ったし、「ジョイフル」とか最高だったんだけどな)、このケラケラは、なぜかすっと心に沁みる。いきものがかりが忘れた〈心〉があります。

印象的なフレーズの上に、たしかなボーカルが乗っかっている。〈言葉〉ではなく〈音〉が胸に響く。

音がはじけるポップスだから、心も弾むはずなのに、どこか物悲しさも漂う。哀愁がある。だから若い世代だけでなく、アラフォー世代の心にも届く。

秋はどこか物悲しくなる季節ではあるけれど、自分にとっては、なんとも不思議な魅力を持つバンドに出会えた秋でした。

オススメの曲

●スターラブレイション

●さよなら大好きだったよ

●友達のフリ

大橋巨泉『「第二の人生」これが正解!』はほんとに正解なの?

『ゲームの父・横井軍平伝』で遊びの原点を思い出そう

関連記事

  1. 鈴木亜美『Snow Ring』のニワカだけどニワカじゃないレビュ…

    2月6日に発売された鈴木亜美のミニアルバム『Snow Ring』を買った。鈴木亜美を聞いたのは、19…

  2. ケーティ・ペリー「ロアー」でガオー!ってしたい

    以前にブログで紹介し、twitterでもしつこく取り上げたロビン・シック「Blurred Lines…

  3. LORDE「Royals」は小娘のクセに生意気だ──つまり合格

    いまアメリカで人気が急上昇しているのがLorde「Royals」です。若い女性のシンガーソングラ…

  4. 島袋寛子『私のオキナワ』は1日1曲ずつ聴こう

    じつは今井絵理子『just kiddin’』と同時期に買ったのですが、あっちの衝撃が強すぎて、なかな…

  5. SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケーよな?

    SCANDALの新作アルバム『STANDARD』を素直に最初から再生すると、もちろん悪くはないのだけ…

  6. 剛力彩芽の歌「友達より大事な人」を真面目にレビューしてみる

    じつをいうと、剛力彩芽のことは顔と名前ぐらいしか知らなかった。お仕事ぶりを拝見したのは映画『プロメテ…

  7. 家入レオ『a boy』

    家入レオ『a boy』でわかるCDを買う楽しみ

    「CDが売れなくなった」とアーティストが嘆く。そんな時代に「CDを買って良かった」と思わせる作品があ…

  8. AKB48『ハート・エレキ』のガメラ監督によるPVに注目

    AKB48の楽曲を毎回買うわけではなく、まあだいたい1コおきくらいにお気に入りがきます。前作『恋する…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. 『サイコブレイク2』
  2. ほんとにあった!呪いのビデオ
  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  4. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  5. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
PAGE TOP