ケラケラ『ケラケライフ』はアラフォーにも効く

初めて観たときは、いきものがかりのパチモンかと思ったのですが、いきものがかりが世間に注目されるにつれ〈心〉を失っていってしまったのに対し(アルバムも買ったし、「ジョイフル」とか最高だったんだけどな)、このケラケラは、なぜかすっと心に沁みる。いきものがかりが忘れた〈心〉があります。

印象的なフレーズの上に、たしかなボーカルが乗っかっている。〈言葉〉ではなく〈音〉が胸に響く。

音がはじけるポップスだから、心も弾むはずなのに、どこか物悲しさも漂う。哀愁がある。だから若い世代だけでなく、アラフォー世代の心にも届く。

秋はどこか物悲しくなる季節ではあるけれど、自分にとっては、なんとも不思議な魅力を持つバンドに出会えた秋でした。

オススメの曲

●スターラブレイション

●さよなら大好きだったよ

●友達のフリ

大橋巨泉『「第二の人生」これが正解!』はほんとに正解なの?

『ゲームの父・横井軍平伝』で遊びの原点を思い出そう

関連記事

  1. 『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』

    『ZARD MUSIC VIDEO COLLEC…

    『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』は、ZARDのミュ…

  2. AKB48『ハート・エレキ』のガメラ監督によるP…

    AKB48の楽曲を毎回買うわけではなく、まあだいたい1コおきくらいにお気に入…

  3. 鈴木亜美『Snow Ring』のニワカだけどニワ…

    2月6日に発売された鈴木亜美のミニアルバム『Snow Ring』を買った。鈴…

  4. 『ひぐらしブレイクアウト!』

    『ひぐらしブレイクアウト!』は〈ひぐらし〉を知ら…

    『ひぐらしブレイクアウト!』は、同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に奉』のイメージ…

  5. 香音「花粉デビルをやっつけろ!!」で花粉!ぎゃふ…

    だって「花粉、花粉、ぎゃふん!」なんて歌ってるんですもの。取り上げないわけに…

  6. 洋楽アーティストのイメージ

    J-pop好きが選ぶ洋楽初心者にオススメのアーテ…

    人の音楽の趣味は二十代のころには決まってしまうという。しかし、当ブログが洋楽…

  7. KE$HA『WARRIOR』こそ真の“肉食系”な…

    KE$HA(ケシャ)に対してよくなされる形容は「女豹」。日本風にいえば“肉食…

  8. ガールズバンドSCANDALの今まで気づかなかっ…

    今、ガールズ・バンドが密かなブーム。高い演奏力を誇る実力派のグループも続々登…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. ムカデ人間
PAGE TOP