島袋寛子『私のオキナワ』は1日1曲ずつ聴こう

どんなに高級な料理も毎日食べていれば飽きてしまいます。

じつは今井絵理子『just kiddin’』と同時期に買ったのですが、あっちの衝撃が強すぎて、なかなか記事に書けないでいました。

でも、あっちとの共通点はSPEEDってことだけで、そこになんらかの意味を見出してもいいけども、基本的にはそれぞれ別のアーティストとして扱ったほうが、いろいろ見えてくるものがある気がします。

実際、今井絵理子がさまざまなバリエーションの「音楽」を見せていたのに対し、この『私のオキナワ』は、その名のとおり沖縄色の強い──っていうより100%沖縄の音楽で占められています。

毎日沖縄料理だと飽きる?

沖縄料理そのものはもちろん嫌いではありません。ですが、ふだん食べ慣れていないだけに、毎日三食沖縄料理を食べていると、(個人的には)きっと飽きてしまうかもしれません。

それと、同じで、沖縄音楽はとてもよいものだと思えるのだけど、ひとつのアルバムとして、全編を最初から最後までじっくり聴いていると、やはり辛くなってきます。

だから一曲ずつ聴く。愛おしむように

私は古いタイプの人間なのか、「アルバムはそれでひとつのパッケージ。映画で言えば一編の作品。だから、最初から最後まで通して聴くべきだ」という考えを持っていました。しかし、この『私のオキナワ』に限って言えば、一曲一曲をじっくりと聴く。一曲終わったら、少し時間を空けて次の曲に移る。これが正解だったのです。

収録曲のひとつひとつは、玉城千春(Kiroro)、宮沢和史など、沖縄ゆかりのアーティストが楽曲を提供しているので、名曲ばかりです。つまり、どんなに高級な料理も、毎日食べていれば飽きてしまいますが、ひとつひとつを愛おしむように舌鼓(耳鼓?)を打つのは、とてつもない幸福感をもたらすものである。それをこのアルバムは教えてくれているのです。

そして至高の喜納昌吉「花」

このアルバムの最大の聴きどころは、やはり喜納昌吉の「花」。われわれが耳にしてきた「沖縄音楽」のなかでも、これだけは別格という気がします。

泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

まさに、日本の、いや世界の音楽史に残る名フレーズ。

じつは、島袋寛子が「花」を歌うのは、このアルバムが最初ではありません。hiro名義の『Naked and True』にも「隠しトラック」として収録されています。

では、両者にはどんな違いがあるか?

『Naked and True』バージョンには、まだ素朴さがありました。けれど、『私のオキナワ』版は、より〈絶望〉が深まっている。

しかし、だからこそ、「泣きなさい 笑いなさい」「いつの日か 花を咲かそうよ」という言葉が、より力強く心に響いてくる気がします。

『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉だ

『オブリビオン』は雰囲気を愉しむ映画でした

関連記事

  1. 華原朋美「夢やぶれて」「I’m pr…

    7年ぶりのシングル。彼女の復帰を永らく待ち望んでいた。いや、待ち望んでいた自…

  2. 西野カナ『Love Collection』に2時…

    「今度アルバムが出たら買おう」と思っているアーティストが何人かいて、その筆頭…

  3. 家入レオ『LEO』でレコード大賞新人賞がダテじゃ…

    こんにちは。毎度ブームに乗り遅れるぎゃふん工房です。家入レオは、昨年「第…

  4. え?ベッキーって歌手だったの?と思って『3shi…

    たいへん失礼ながら、今の今までベッキーが歌手って知りませんでした。ふだん…

  5. LORDE「Royals」は小娘のクセに生意気だ…

    いまアメリカで人気が急上昇しているのがLorde「Royals」です。若…

  6. SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケ…

    SCANDALの新作アルバム『STANDARD』を素直に最初から再生すると、…

  7. KE$HA『WARRIOR』こそ真の“肉食系”な…

    KE$HA(ケシャ)に対してよくなされる形容は「女豹」。日本風にいえば“肉食…

  8. 『ひぐらしブレイクアウト!』

    『ひぐらしブレイクアウト!』は〈ひぐらし〉を知ら…

    『ひぐらしブレイクアウト!』は、同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に奉』のイメージ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP