家入レオ『a boy』でわかるCDを買う楽しみ

CDというパッケージによってアーティストと向き合える。

「CDが売れなくなった」とアーティストが嘆く。そんな時代に「CDを買って良かった」と思わせる作品がある。家入レオ『a boy』はそういうアルバムのひとつだ。

今回は『a boy』の魅力を分析してみよう。

アルバムとして統一された世界観

前作『LEO』について、こう述べた

CDを聴く前の彼女の印象は、声を力いっぱい張り上げ、歌い上げるイメージ。

もちろん、そういう楽曲もある。有名な(そしてにわかに注目された)「Bless you」はそのクチだ。

でも、やさしく話しかけるような曲も含まれている。かわいらしい歌いっぷりの曲も混ざっている。その緩急。メリとハリ。ある時は嵐、またある時は木漏れ日が差し込む穏やかな天候。

そう。それはまるで、1枚のアルバムで、空模様の移り変わりを愉しむかのよう。

前作は「こんなにいろいろな歌い方もできるんだよ」と、さまざまな表現のバリエーションを聴かせることに重きを置いていた。

しかし、今作『a boy』は違う。

ひとつのアルバムとしての世界観の統一。そこに力が注がれている気がする。

だからこそ──。

ちょっとした音の“驚き”が感動をもたらす。

たとえば、「イジワルな神様」では、涼やかな高音で歌い上げるなか、肩透かしを食らわせるように、低音のフレーズを織り交ぜる。甘いスイカに振りかける塩のように、ちょっとしたアクセントが楽曲に彩りを与えるわけだ。

CDだからこその「パッケージ化」

最近では、音楽はダウンロードで購入するのが当たり前になっている。つまり、気に入った曲だけを買う。自分自身もiTunes Storeでダウンロードすることがあり、そんなライフスタイルを否定する気は毛頭ない。時代の流れ。いいとも悪いとも言えない。

しかし、それでは「ひとつのアルバムとしての統一感」は味わえないのではないか、とは言える。

もちろん、CDに収録されている曲を全部ダウンロードすれば、アルバムを買ったのと同じ体裁は繕える。

でも、それではなんか違う。

CDと呼ばれる円盤状の物体に書き込まれているのは音楽のデータだ。CDプレイヤーはそのデータを読み取り音を再生する。音質に差はあるものの、たしかに、CDを買うのもサイトからダウンロードするのも本質は変わらない。

しかし、CDアルバムの場合、歌詞などが掲載されたライナノーツがある。ディスクと一緒にプラスチックのケースに入っている。

そんな、なんでもないようなことが、じつはとても重要な気がする。

CDの盤面やライナノーツにも、制作者のイメージが刻み込まれている。アルバムに収録された楽曲の世界を広げている。

スマートフォンで曲を再生する際にも「アートワーク」は表示されるが、「楽曲の世界を広げ」るには足りない。

ここでキーワードとなるのは「パッケージ化」。音楽データだけでなく、盤面やライナノーツのイメージも含めてひとつの作品である。そう主張するためのものだ。

パッケージ化によってアーティストと向き合う

映画は、密閉された空間でスクリーンを見つめる。読書は、本という紙の束を手に持って眺める。そうすることで、われわれはアーティストと向き合うことができる。

音楽は、目に見えず手で触ることができないから、聞き手は表現の送り手と正面から対峙することが難しい。

だからこそ、CDアルバムという「パッケージ化」が必要なのではないか。目で見て手で触れるカタチにするために。

とはいえ、CDアルバムを購入してまで「アーティストと向き合う」価値のある作品は、そう多くない。

そんななか、この家入レオ『a boy』は、そこまでしないではいられない作品であるといえるわけだ。

『ゲーム・レジスタンス』表紙『ゲーム・レジスタンス』で想い出す原田さんとのたった一度のやりとり

『カルト』はフェイク・ドキュメンタリーのいいとこどりをした傑作

関連記事

  1. ミュージックビデオの映像美

    中島美嘉・三代目J Soul Brothers・…

    ミュージックビデオは、撮影機材やVFXなどの発達とともに、その表現力を進化…

  2. AKB48『ハート・エレキ』のガメラ監督によるP…

    AKB48の楽曲を毎回買うわけではなく、まあだいたい1コおきくらいにお気に入…

  3. ネットワークオーディオのサムネイル

    ネットワークオーディオで音楽人生を変えた話

    「ここらでいっちょ音楽人生を変えたい」。そう思ったワシが選んだ方法は〈ネッ…

  4. KE$HA『WARRIOR』こそ真の“肉食系”な…

    KE$HA(ケシャ)に対してよくなされる形容は「女豹」。日本風にいえば“肉食…

  5. 島袋寛子『私のオキナワ』は1日1曲ずつ聴こう

    じつは今井絵理子『just kiddin’』と同時期に買ったのですが、あっち…

  6. 洋楽アーティストのイメージ

    J-pop好きが選ぶ洋楽初心者にオススメのアーテ…

    人の音楽の趣味は二十代のころには決まってしまうという。しかし、当ブログが洋…

  7. 香音「花粉デビルをやっつけろ!!」で花粉!ぎゃふ…

    だって「花粉、花粉、ぎゃふん!」なんて歌ってるんですもの。取り上げないわけに…

  8. 映画のようなミュージックビデオのイメージ

    まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュー…

    クォリティの高いミュージックビデオ(MV)は、もちろんこの世にあふれている…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP