SCANDAL『HELLO WORLD』がカッコよすぎて人生が変わってしまった

これから私の音楽人生は変わる。この1枚のアルバムによって。

SCANDALの最新アルバム『HELLO WORLD』を聴いて私は音楽の聴き方を変えた。今年のマイベスト・アルバムがすでに決定してしまった。そんな本作の魅力を語っていこう。

ほとんどすべてが“勝負曲”

前のアルバム『STANDARD』では、「会わないつもりの、元気でね」が白眉だった。前作の“勝負曲”だったといえる。

ところが、本作『HELLO WORLD』では、“勝負曲”が連発する。

しょっぱなの「IMAGE」からいきなり全力疾走。渾身の歌と演奏が炸裂。この曲が終わっても、パワーは落ちない、休まない。はっきり言って、この1曲目から8曲目まで全部“勝負曲”なのだ。

そして、9つめでやっと“遊び”の曲になる。「遊び」とは「メンバーが自由にふるまっている」「聴く側も心を休めながら楽しめる」という2つの意味合いがある。それぞれの持ち味を生かした楽曲が興味深い。

最後は小室哲哉氏とのコラボ曲。これも毛色が変わって魅力的だ。アルバムの最後をきっちり締める。

J-POPの正しい聴き方とは?

前回の記事で、とあるアルバムを聴いて、音楽人生が変わったと書いた。そのアルバムが本作である(さりげなく写真にヒントを仕込んでおいた)。

前回の記事を読むのが面倒(読んだけど内容を忘れた)という人のために要点をかいつまんで説明しよう。

J-POPにおいて「いい曲」とは、メロディーラインの美しさ、音の運びの面白さ、ボーカルの美しさを意味するのではないか。〈音〉そのものを味わいたい人は、ジャズやクラシックを聴くのではないか。そんな先入観があった。

これはいまでも的を射ていると思っている。ランキングを賑わすような楽曲は、スマートフォンにデータを入れてイヤホンやヘッドホンで聴く。そんな音楽体験を想定して、音づくりをしているような気がする。

そんな折、ふと自分の音楽の聴き方を変えてみた。たとえるなら、いままではカレーやシチューに入れた野菜を食べていた。しかし、採れたての生の野菜をそのままかじってみた。つまり、CDに記録された音楽データをダイレクトに再生してみたのだ。

そのときかじったのが本作『HELLO WORLD』だったというわけだ。

歌よし曲よし演奏よし

まず耳に届くのがギターのうねり。ベースの低音が部屋の空気を歪ませる。ドラムの叩きもズンとお腹に響く。そして、ボーカルは耳を、脳を直に撫でていく。

歌、曲、演奏。なにもかもカッコいい。

J-POPは、ドレッシングをたっぷりかけたり、煮たり焼いたりしなければ食えないと思っていた。でも、ほんとうは生のままでもいける。本作はそう教えてくれたのだ。

これから私の音楽人生は変わる。この1枚のアルバムによって。

HELLO WORLD。新しい音楽の世界よ、こんにちは!

▼というわけで、なにはともあれ、聴いていただきたい。ウソみたいだろ? これ、アルバムの1曲目なんだぜ。

ネットワークオーディオのサムネイルネットワークオーディオで音楽人生を変えた話

自分の読者は1万人にひとり自分の小説を読んでくれるのは1万に1人【天使の街・創作メモ】

関連記事

  1. ミュージックビデオの映像美

    中島美嘉・三代目J Soul Brothers・…

    ミュージックビデオは、撮影機材やVFXなどの発達とともに、その表現力を進化…

  2. シェネル『アイシテル』『ビリーブ』で〈愛〉のお勉…

    「わたしも初めて見たときに思ったもの。『あ、この人は愛にあふれている人。…

  3. Lady Gaga「Applause」のカラダを…

    レディー・ガガ「Applause」は、ケーティ・ペリー「ロアー」と同時期に出…

  4. KE$HA『WARRIOR』こそ真の“肉食系”な…

    KE$HA(ケシャ)に対してよくなされる形容は「女豹」。日本風にいえば“肉食…

  5. SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケ…

    SCANDALの新作アルバム『STANDARD』を素直に最初から再生すると、…

  6. 洋楽アーティストのイメージ

    J-pop好きが選ぶ洋楽初心者にオススメのアーテ…

    人の音楽の趣味は二十代のころには決まってしまうという。しかし、当ブログが洋…

  7. 香音「花粉デビルをやっつけろ!!」で花粉!ぎゃふ…

    だって「花粉、花粉、ぎゃふん!」なんて歌ってるんですもの。取り上げないわけに…

  8. 映画のようなミュージックビデオのイメージ

    まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュー…

    クォリティの高いミュージックビデオ(MV)は、もちろんこの世にあふれている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP