人生の負け犬が吠えるリトルマガジン『ぎゃふん9 精神的に向上心のあるものは馬鹿だ』リリース

リトルマガジン『ぎゃふん9』の全編をブログ記事として公開する。

毎年恒例となったリトルマガジン『ぎゃふん』は、今年も1月1日にリリース。これまではこのブログの記事を再録してつくられていたが、本号ではすべて未発表のオリジナル記事を掲載している。

また、例によって、紙の雑誌版のほか、ePubやPDF形式の電子書籍版も用意した。さらには、全編をブログ記事としてアップしている。

ダウンロードや閲覧はいずれも無料。お好みのバージョンでお楽しみいただきたい。

「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」

『ぎゃふん9』プロローグ01

夏目漱石『こころ』で、主人公の「私」(先生)は、友人のKに向かって上のように言いはなつ。もともとはKが「私」に対して使った言葉であり、「私」がほんとうにKの向上心のなさを非難しようと発したものではない。恋敵であるKに「復讐」しようと目論んだ結果、口から出たものだ。最初からこの言葉はまんに満ちている。

世のなかの人々は「精神的に向上心のもの」になろうとする。それが「ふつう」の生きかただからだ。「精神的に向上心のもの」をめざさないのは、自堕落な人間か、怠け者か、いずれにしても、この社会では評価されない者どもだ。

なぜ人は「精神的に向上心のもの」になろうとするのか? そうすることで、いっぱしの人間になれると思っているからだ。幸福になるには、そうしなければならないと感じている。この社会では生き残れないと考えているのだ。

だが、「精神的に向上心のもの」が必ずしも幸福になるとはかぎらない。なぜなら、〈人生はくじ引き〉だからだ。そのことを、本号では述べていきたいと思う。

自分が幸せに暮らしているのは、たまたま〈運〉がよかったから——あなたは、そう考えたことはないだろうか? 世のなかには、不慮の事故、不幸な病気などで亡くなる人がいる。不可抗力によって貧相な暮らしを余儀なくされている人もいる。そういう人はハズレくじを引いてしまった、と考えることはできないだろうか?

〈人生はくじ引き〉だが、一等、二等、三等……と、くじには多くの種類がある。数種類なのか、数百なのか、数万なのかは定かではないし、そのことはいまは問題ではない。あなたが引いたくじはアタリかハズレか、それが重要だ。

〈人生はくじ引き〉と考える人生観・世界観が多くの人に受けいれられるとは思っていない。本号をしっかりお読みいただいたとしても、納得していただける保証はない。

ただ、ここで立ちどまり、自分の人生を振りかえるきっかけにはしてほしい。アタリくじを引いたつもりで幸福感に浸れれば、それはそれでよいことだ。「ハズレくじを引いてしまった」と思っているのなら、今後の人生をどう生きるか。それを考える参考にでもしてもらえれば幸いだ。

「精神的に向上心のないもの」の生きかたを探る4つの記事

『ぎゃふん9』プロローグ02

『ぎゃふん9』は紙の雑誌や電子書籍として制作されたものだが、その全編を以下のブログ記事でも読むことができる。気軽に楽しみたいかたには、こちらがオススメだ。

パート1 精神的に向上心のあるものも 人生はくじ引きだ

〈人生はくじ引きだ〉がけっして“世迷言”ではないことを説明していく。とくに「自分ははずれくじを引いた」と感じている人は、ぜひ一読してほしい。

パート2 精神的に向上心のないものは どう生きる?

「精神的に向上心のないもの」として生きる道を探る。人生の負け犬を自覚し世のなかに絶望していても、一筋の光明が見出せるはずだ。

パート3 精神的に向上心のないものが 死んだらどうなる?

やがて迎える死にそなえるため、心霊ビデオから“あの世”の様子を探る。はたしてそこにはどんな世界が広がっているのか?

パート4 精神的に向上心のないものが 死んだらこうなりたい

まるで天国にいるかのような平和な日常が描かれたアニメ作品を紹介しながら、“死後の世界”を想像する。「こうあってほしい」という願望を込めて。

『ぎゃふん9』は電子書籍と紙の雑誌で展開

『ぎゃふん9』プロローグ01

『ぎゃふん9』は、電子書籍(2種類)と紙の雑誌がある。お手持ちの端末や好みに応じてダウンロードもしくは送付の申し込みをしていただきたい。

さまざまな端末に対応する〈PDF〉バージョン

AndroidのスマートフォンやWindowsのパソコンなどをお持ちのかたは、この〈PDF〉バージョンがおすすめだ。もちろん、MacやiOS端末での閲覧もまったく問題ない。

なお、〈PDF〉は単一ページのものと、見開きページで展開するものの2種類がある。前者はスマートフォンやタブレットで、後者はパソコンで読む際にダウンロードしてほしい。

『ぎゃふん9』
PDF・単一ページ(29.6MB)

『ぎゃふん9』
PDF・見開きページ(29.4MB)

iPad・iPad mini・Mac向けの〈ePub〉バージョン

iPad・iPad mini・Macをご利用のかたは、〈ePub〉バージョンもお試しいただきたい。快適な読書体験を得られるはずだ。

*iPhoneの場合、一部の表現が制作者の意図したものと異なる場合があります。

『ぎゃふん9』
ePub(16.7MB)

『ぎゃふん9』の本来のカタチ〈紙の雑誌〉バージョン

『ぎゃふん9』の本来のカタチは〈紙の雑誌〉バージョンだ。部数は僅少だが、ご希望のかたには本体および送料無料でご提供している。お問い合わせフォームからお申し込みを。

『ぎゃふん9』プロローグ04

▼それでは、まずはパート1の記事からご覧いただきたい。

『サイコブレイク2』『サイコブレイク2』は“ゲームの下手な人”がプレイしてはいけない

『ぎゃふん9』パート1精神的に向上心のあるものも 人生はくじ引きだ【ぎゃふん9 パート1】

関連記事

  1. ブログの記事をまとめた本『ぎゃふん5』の電子書籍版を無料提供!

    あけましておめでとうございます。この「ぎゃふん工房の作品レビュー」も今日で1周年を迎えました。今後と…

  2. 皮算積人『子連れ中年っ!(魔法中年っ!シリーズ2)』を敵情視察し…

    自分の書いている小説『天使の街』に似ているセルフ・パブリッシングの作品を“敵情視察”するシリーズ。今…

  3. 藤井太洋『Gene Mapper -full build-』でわ…

    セルフ・パブリッシングの電子書籍である藤井太洋『Gene Mapper -core-』が、紙の本『G…

  4. 電子書籍の小説『天使の街~マヨ~』の「第1章 郡上八幡」を無料配…

    このブログでお知らせしてきました、ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~ハルカ~』と『天使の街~…

  5. 【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語』の真の主人公は…

    セルフ・パブリッシングでリリースされた本の魅力を分析し、自分の作品に役立てる〈敵情視察〉シリーズ。今…

  6. 『銀幕の声』

    【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽作品の作り方を学…

    映画を観ていると、スクリーンの端に少女の姿が映る。映画の筋には関係がなく、あまりに不自然。それもその…

  7. キンドル作家の作品を“敵情視察”してみた

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』をAmazon KDPやiBooksにおいてセルフ・パブリ…

  8. 『少女幻想譚』

    【敵情視察】伊藤なむあひ『少女幻想譚』が〈隙間社電書〉の第1弾だ…

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの人気作・話題作から、美味しいところを頂戴し、自分の作品に役立…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. ミュージックビデオの映像美
  2. 『バイオハザード7』
  3. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』アイキャッチ
  4. ほんとにあった!呪いのビデオ
  5. 『ぎゃふん9』パート4
PAGE TOP