大橋巨泉『「第二の人生」これが正解!』はほんとに正解なの?

大橋巨泉さんは、1990年に「セミリタリア宣言」をし、今は一線から身を引いているので、若い人は知らないかもしれません。

2001年に議員となり、でも半年後には辞めてしまったので、「ヘタレのおじさん」というイメージを持つ人もいるかも。まあ、これは「黒歴史」であるとこの本でも認めているので、許してあげましょう。

でも、僕たちの世代には、『クイズダービー』『世界まるごと HOWマッチ』などのヒット番組の司会を務めるスーパータレントという印象があります。まさに、みのさん(みのもんた氏)みたいなポジションにいたわけです。今だと悪いイメージになってしまいますが。

といっても、当時からべつに“いいイメージ”だったわけではなく、「なんか偉そうなおっさん」でしたが、そんなこととは無関係に、この本に書かれていることには、とても共感できます。

ようするに、「第二の人生」つまり定年後(でなくてもいいのですが)を楽しく過ごすために今から準備をしておけ、ってことです。これはべつに巨泉さん独自の考え方ではなく、同じことを言っている本はたくさんあります。

この本でも語り口は「偉そうなおっさん」ですが、だからこそ、説得力はありますし、「よし! がんばるぞ!」っていう気にもなろうというものです。

  • コメント: 0

畑村洋太郎『回復力 失敗からの復活』を読んで生き延びろ

ケラケラ『ケラケライフ』はアラフォーにも効く

関連記事

  1. オウム真理教の裁判を見つめる森達也『A3』を読ん…

    森達也『A3 エー・スリー』は、オウム真理教の裁判に迫るドキュメンタリーだ。…

  2. 『はじめての憲法教室』で“知ってるつもり”をただ…

    憲法の本というと、どうしても小難しいイメージがあり、まあ専門書ともなればたし…

  3. やばい!『アーティストのためのハンドブック』が読…

    副題は「制作につきまとう不安との付き合い方」。今、私はガールズ・ラブ&心霊学…

  4. 『トネガワ』

    『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオ…

  5. もし野球にも経営学にも興味のない男が『もしドラ』…

    『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(…

  6. 『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがス…

    岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。…

  7. make-your-blog

    倉下忠憲『ブログを10年続けて、僕が考えたこと』…

    セルフ・パブリッシングの本を分析し、おいしいところを頂戴インスピレーションを…

  8. 【敵情視察】狗界ゴウ『緑眼魔女の事件簿 テロリズ…

    近未来の中国を舞台に、国連治安維持局の特殊捜査官が特殊能力を駆使し奮闘する─…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. ponysmasher
PAGE TOP