大橋巨泉『「第二の人生」これが正解!』はほんとに正解なの?

大橋巨泉さんは、1990年に「セミリタリア宣言」をし、今は一線から身を引いているので、若い人は知らないかもしれません。

2001年に議員となり、でも半年後には辞めてしまったので、「ヘタレのおじさん」というイメージを持つ人もいるかも。まあ、これは「黒歴史」であるとこの本でも認めているので、許してあげましょう。

でも、僕たちの世代には、『クイズダービー』『世界まるごと HOWマッチ』などのヒット番組の司会を務めるスーパータレントという印象があります。まさに、みのさん(みのもんた氏)みたいなポジションにいたわけです。今だと悪いイメージになってしまいますが。

といっても、当時からべつに“いいイメージ”だったわけではなく、「なんか偉そうなおっさん」でしたが、そんなこととは無関係に、この本に書かれていることには、とても共感できます。

ようするに、「第二の人生」つまり定年後(でなくてもいいのですが)を楽しく過ごすために今から準備をしておけ、ってことです。これはべつに巨泉さん独自の考え方ではなく、同じことを言っている本はたくさんあります。

この本でも語り口は「偉そうなおっさん」ですが、だからこそ、説得力はありますし、「よし! がんばるぞ!」っていう気にもなろうというものです。

  • コメント: 0

畑村洋太郎『回復力 失敗からの復活』を読んで生き延びろ

ケラケラ『ケラケライフ』はアラフォーにも効く

関連記事

  1. もし野球にも経営学にも興味のない男が『もしドラ』…

    『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(…

  2. クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもし…

    押井守、宮崎駿、庵野秀明、黒沢清。海外からの評価も高いアニメ・映画監督たち。…

  3. 『ゲーム・レジスタンス』表紙

    『ゲーム・レジスタンス』で想い出す原田さんとのた…

    『ユーズド・ゲームズ』『ゲーム批評』『CONTINUE』『ゲームサイド』とい…

  4. 江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本…

    不況下の日本で、若者による通り魔事件が頻発。やがて犯行は財界人テロへと激化す…

  5. 『少女幻想譚』

    【敵情視察】伊藤なむあひ『少女幻想譚』が〈隙間社…

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの人気作・話題作から、美味しいところを…

  6. 【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語…

    セルフ・パブリッシングでリリースされた本の魅力を分析し、自分の作品に役立て…

  7. 『ねこの防災ハンドブック』

    『ねことわたしの防災ハンドブック』を読んでニャン…

    ネコを飼っているあなたは、イザというとき、どうやってわがコを守るか考えていま…

  8. もしも日野瑛太郎『脱社畜の働き方』を自分の部下が…

    日野瑛太郎『脱社畜の働き方〜会社に人生を支配されない34の思考法』 を読んだ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

PAGE TOP