『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉だ

「仕事とはなにか」の“教科書”のようなマンガ。

『まんが道』は藤子不二雄A氏が自身の半生を描いたもの。藤子不二雄A氏を知らない人のために説明……ってそんな人はいませんね。

なぜいま『まんが道』を取り上げるかというと、最近『まんが道10 (GAMANGA BOOKS) 』(小学館)を読んだからです。

じつはウチには『愛蔵版 まんが道』全4巻(中央公論社/現:中央公論新社)があり、この『まんが道10』がちょうどその続きなのです(『愛蔵版 まんが道』全4巻の内容は『まんが道 (GAMANGA BOOKS)』1〜9に収められています)。

『愛蔵版 まんが道』は25年以上前に読んだ作品で、それ以来、私の人生の〈バイブル〉になりました。

「なんとかの〈バイブル〉」という表現はよくありますが、そこでいう〈バイブル〉の意味は、まさしく〈聖書〉、つまり「毎日のように読んで人生の糧にするもの」ということでしょう。さすがに毎日ではありませんが、ときどき思い出したように取り出しては、読み込んでいます。

本作品で描かれているのは、まだ漫画家の卵だったころの藤子不二雄であり、赤塚不二夫であり、石ノ森章太郎。つまりは漫画界の〈神〉がまだ〈人〉だったころの様子を覗き見するおもしろさがあるわけです(そのときすでに〈神〉だった手塚治虫も登場します)。

また、その一方で、作品作りに取り組む若きアーティストたちの喜びと苦悩も描かれており、(馬鹿のひとつ覚えのようで恐縮ですが)“自称・小説家”として、とても興味深く読み進めることができます。

いや、作品づくりをめざしている人だけではありません。プロの漫画家になる前、主人公はサラリーマンをしており、「仕事とはなにか」の“教科書”のような内容も含んでいます。

会社へ勤めるということは
ただ仕事をしているだけではすまない
会社という組織には
いろいろな人がいる
そういう人たちとも
うまく協調していくのも
月給のうちなのだ!

だから、『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉なのです。

ちなみに、今回買った第10巻は、「春雷編」と呼ばれる章です。その前までに展開していた“大スペクタクル”と比べると、穏やかな(悪く言えば「退屈」な)印象を受けるのですが、でも「あのあとどうなったの?」を確認できるという意味で、読みごたえは十分です。

映画『キャビン』の感想を〈ネタバレ〉なしで書く

島袋寛子『私のオキナワ』は1日1曲ずつ聴こう

関連記事

  1. make-your-blog

    倉下忠憲『ブログを10年続けて、僕が考えたこと』…

    セルフ・パブリッシングの本を分析し、おいしいところを頂戴インスピレーションを…

  2. 「時間とお金のどちらが大切か」その答えを僕たちは…

    〈時間〉が〈お金〉になった世界の悲劇朝。男は目を覚ますと、腕の時計…

  3. 酒井順子『着ればわかる!』でなにがわかる!?

    酒井順子さんはぼくの好きな書き手のひとりなので、その名を見かけたら、つい手に…

  4. 日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、と…

    『脱社畜の働き方』に引き続き、日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで…

  5. 〈好き〉を極め〈仕事〉にできる文章術【著者インタ…

    〈好き〉なことを〈仕事〉にする。そうすれば幸せな〈人生〉を送れる——。その…

  6. 『ジョジョリオン』を読んで自分がなぜジョジョ好き…

    『ジョジョ』のコミックは第1部〜第6部まで愛読していたが、第7部『スティール…

  7. 黒澤作品の脚本家・橋本忍『複眼の映像』から神映画…

    橋本忍といえば『羅生門』『生きる』『七人の侍』のシナリオを手がけている。そう…

  8. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP