『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉だ

『まんが道』は藤子不二雄A氏が自身の半生を描いたもの。藤子不二雄A氏を知らない人のために説明……ってそんな人はいませんね。

なぜいま『まんが道』を取り上げるかというと、最近『まんが道10 (GAMANGA BOOKS) 』(小学館)を読んだからです。

じつはウチには『愛蔵版 まんが道』全4巻(中央公論社/現:中央公論新社)があり、この『まんが道10』がちょうどその続きなのです(『愛蔵版 まんが道』全4巻の内容は『まんが道 (GAMANGA BOOKS)』1〜9に収められています)。

『愛蔵版 まんが道』は25年以上前に読んだ作品で、それ以来、私の人生の〈バイブル〉になりました。

「なんとかの〈バイブル〉」という表現はよくありますが、そこでいう〈バイブル〉の意味は、まさしく〈聖書〉、つまり「毎日のように読んで人生の糧にするもの」ということでしょう。さすがに毎日ではありませんが、ときどき思い出したように取り出しては、読み込んでいます。

本作品で描かれているのは、まだ漫画家の卵だったころの藤子不二雄であり、赤塚不二夫であり、石ノ森章太郎。つまりは漫画界の〈神〉がまだ〈人〉だったころの様子を覗き見するおもしろさがあるわけです(そのときすでに〈神〉だった手塚治虫も登場します)。

また、その一方で、作品作りに取り組む若きアーティストたちの喜びと苦悩も描かれており、(馬鹿のひとつ覚えのようで恐縮ですが)“自称・小説家”として、とても興味深く読み進めることができます。

いや、作品づくりをめざしている人だけではありません。プロの漫画家になる前、主人公はサラリーマンをしており、「仕事とはなにか」の“教科書”のような内容も含んでいます。

会社へ勤めるということは
ただ仕事をしているだけではすまない
会社という組織には
いろいろな人がいる
そういう人たちとも
うまく協調していくのも
月給のうちなのだ!

だから、『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉なのです。

ちなみに、今回買った第10巻は、「春雷編」と呼ばれる章です。その前までに展開していた“大スペクタクル”と比べると、穏やかな(悪く言えば「退屈」な)印象を受けるのですが、でも「あのあとどうなったの?」を確認できるという意味で、読みごたえは十分です。

映画『キャビン』の感想を〈ネタバレ〉なしで書く

島袋寛子『私のオキナワ』は1日1曲ずつ聴こう

関連記事

  1. 小説を書くモチベーション

    小説を書くのにモチベーションなんかいらない──行…

    「小説の原稿を書かなければいけないのに、なかなかモチベーションが上がらない」…

  2. 『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家…

    荒木先生の映画に関する本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』に続いて2冊目で…

  3. 〈好き〉を極め〈仕事〉にできる文章術【著者インタ…

    〈好き〉なことを〈仕事〉にする。そうすれば幸せな〈人生〉を送れる——。その…

  4. 畑村洋太郎『回復力 失敗からの復活』を読んで生き…

    〈失敗学〉の第一人者・畑村洋太郎先生による「失敗したあと復活する」ための本で…

  5. 『ぎゃふん9』パート2

    精神的に向上心のないものは どう生きる?【ぎゃふ…

    「精神的に向上心のあ・る・もの」が必ずしも幸福になるとはかぎらない。だから、…

  6. 『かーそる』

    電子雑誌『かーそる』とは良い名前をつけたもんだ

    『かーそる』は、セルフ・パブリッシングの電子雑誌だ。同誌の「創刊にあたって」…

  7. 【敵情視察】狗界ゴウ『緑眼魔女の事件簿 テロリズ…

    近未来の中国を舞台に、国連治安維持局の特殊捜査官が特殊能力を駆使し奮闘する─…

  8. 横山秀夫『64(ロクヨン)』は“横山作品にハズレ…

    昭和64年に起きた誘拐殺人事件を巡る警察内部の抗争を描く、横山秀夫『64(ロ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. ゾンビ映画のイメージ
  2. 人生が学べるアニメ
PAGE TOP