『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉だ

『まんが道』は藤子不二雄A氏が自身の半生を描いたもの。藤子不二雄A氏を知らない人のために説明……ってそんな人はいませんね。

なぜいま『まんが道』を取り上げるかというと、最近『まんが道10 (GAMANGA BOOKS) 』(小学館)を読んだからです。

じつはウチには『愛蔵版 まんが道』全4巻(中央公論社/現:中央公論新社)があり、この『まんが道10』がちょうどその続きなのです(『愛蔵版 まんが道』全4巻の内容は『まんが道 (GAMANGA BOOKS)』1〜9に収められています)。

『愛蔵版 まんが道』は25年以上前に読んだ作品で、それ以来、私の人生の〈バイブル〉になりました。

「なんとかの〈バイブル〉」という表現はよくありますが、そこでいう〈バイブル〉の意味は、まさしく〈聖書〉、つまり「毎日のように読んで人生の糧にするもの」ということでしょう。さすがに毎日ではありませんが、ときどき思い出したように取り出しては、読み込んでいます。

本作品で描かれているのは、まだ漫画家の卵だったころの藤子不二雄であり、赤塚不二夫であり、石ノ森章太郎。つまりは漫画界の〈神〉がまだ〈人〉だったころの様子を覗き見するおもしろさがあるわけです(そのときすでに〈神〉だった手塚治虫も登場します)。

また、その一方で、作品作りに取り組む若きアーティストたちの喜びと苦悩も描かれており、(馬鹿のひとつ覚えのようで恐縮ですが)“自称・小説家”として、とても興味深く読み進めることができます。

いや、作品づくりをめざしている人だけではありません。プロの漫画家になる前、主人公はサラリーマンをしており、「仕事とはなにか」の“教科書”のような内容も含んでいます。

会社へ勤めるということは
ただ仕事をしているだけではすまない
会社という組織には
いろいろな人がいる
そういう人たちとも
うまく協調していくのも
月給のうちなのだ!

だから、『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉なのです。

ちなみに、今回買った第10巻は、「春雷編」と呼ばれる章です。その前までに展開していた“大スペクタクル”と比べると、穏やかな(悪く言えば「退屈」な)印象を受けるのですが、でも「あのあとどうなったの?」を確認できるという意味で、読みごたえは十分です。

映画『キャビン』の感想を〈ネタバレ〉なしで書く

島袋寛子『私のオキナワ』は1日1曲ずつ聴こう

関連記事

  1. 藤井太洋『Gene Mapper』を電子書籍入門…

    紙の本を押しのけAmazonで1位を獲得したことで注目を集める『Gene M…

  2. 葉真中顕『ロスト・ケア』で分かるこれからの社会派…

    とある介護事務所が世話をする顧客たちが異様な死亡率を示す。その裏にあるものは…

  3. 『イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか』で今後の…

    この本はもともと『イスラムの人はなぜ日本が好きなのか』というタイトルで刊行さ…

  4. 『かーそる』

    電子雑誌『かーそる』とは良い名前をつけたもんだ

    『かーそる』は、セルフ・パブリッシングの電子雑誌だ。同誌の「創刊にあたって」…

  5. 『銀幕の声』

    【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽…

    映画を観ていると、スクリーンの端に少女の姿が映る。映画の筋には関係がなく、…

  6. 皮算積人『子連れ中年っ!(魔法中年っ!シリーズ2…

    自分の書いている小説『天使の街』に似ているセルフ・パブリッシングの作品を“敵…

  7. チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!…

    チャック・ノリスをご存知でしょうか? シルベスタ・スタローン、アーノルド・シ…

  8. 『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがス…

    岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

『天使の街』ミュージックビデオ

おすすめの記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』アイキャッチ
  2. 『バイオハザード7』
PAGE TOP