今井絵理子『just kiddin’』はジャケットと中身が全然ちがうけどOK?

ジャケットのイメージは、まさしく〈今井絵理子〉で、ブレのなさに感心するわけだが、中身は全然ちがっていた。

これは果たしていいことなのか悪いことなのか。検証してみよう。

おそるべき楽曲のバラエティの豊かさ

DVDに収録されたビデオクリップを再生してみる。1曲目はアルバムのタイトルになっている「Introduction – just kiddin’」から続くように「Monster」が流れる。ジャケットのイメージどおり、モノクロ調の画面に、荒々しく研ぎ澄まされた楽曲。これは十分に腑に落ちる。

2曲目は「LOVE in your HANDS!」。駒沢公園を舞台に、歌いながら踊る今井絵理子に、さまざまな人々が絡み合う。何気なく見ていると気づかないが、全編カット割りなしのワンカットで撮影されている。楽曲としては明るく前向きな内容。もちろん、このイメージも〈今井絵理子〉の範疇に入るだろう。

以降は、女性ならではの温かみと丸みを帯びた映像と音が展開し、キャリアの長さとそれゆえの貫録を感じさせる。

どれもこれも〈今井絵理子〉のイメージからはずれていないのに、じつにバラエティ豊かなつくりになっている。

「歌ってなんだろう」の原点回帰

幕の内弁当のように、あらとあらゆる音楽・映像のバリエーションが詰め込まれている。ただ、アルバムとしての統一感を欠いている、とも言える。

しかし、統一感よりも、もっと優先すべきものがある、とこの作品の作り手は考えた。ほかではあまり見られない、このビデオクリップ集に仕掛けられたモノでそれがわかる。

それは、全編にわたり歌詞がテロップで表示されること。そこには、きちんとメッセージを伝えようとする意思が込められている。

そもそも歌は、言葉を伝えるもの。そう。曲に乗せて、想いを表現するために──。

つまり、「歌って何だろう」と、あらためて問い直し、そして得た答えがこのアルバムであり、同じことを聞く者に問うているのがこの『just kiddin’』なのではないか。

歌でこれだけの表現ができる。さまざまな感情を呼び起こすことができる。まさしく歌の原点。それを教えてもらった気がする。

〈母〉だからできる肩の力を抜いた表現

このアルバムの白眉であり、〈今井絵理子〉の本質に気づかされるのは、「はなかっぱ」のイメージソングだ。

子ども向け番組ならではの、軽妙さと前向きさにあふれる。これがSPEED時代の楽曲とまったく異なるのは、いまや〈今井絵理子〉自身が子どもを育てる立場に立っているということ。だから、そこに加味されるニュアンスは、〈少女〉ではなく〈母〉としてのそれとなる。

つまり全力で走ってない。小娘の年齢だったらそれでいい。でも、ずっと走り続けることはできない。いつか息切れする。だから、肩の力を抜いた。これまでのキャリアを生かした、身の丈にあったパフォーマンスで表現した。したがって疲れない。演じているほうも安定感が出る。そして、見ているほうも安心できる。

ジャケットのイメージと、中身は全然ちがうが、これはいい意味で裏切られた。それどころか、〈歌〉や〈音楽〉の本質をいつしか忘れていたことに気づかされ、そして反省させられた。

まさに「20代最後の集大成」(ジャケットのキャッチコピー)というわけだ。

『パシフィック・リム』の制作陣が“わかっていらっしゃる”こと

もしも日野瑛太郎『脱社畜の働き方』を自分の部下が読んできたら?

関連記事

  1. Capital Cities「Safe And …

    少し前まではロビン・シック「Blurred Lines」、最近だとケーティ・…

  2. ミュージックビデオの映像美

    中島美嘉・三代目J Soul Brothers・…

    ミュージックビデオは、撮影機材やVFXなどの発達とともに、その表現力を進化さ…

  3. 洋楽アーティストのイメージ

    J-pop好きが選ぶ洋楽初心者にオススメのアーテ…

    人の音楽の趣味は二十代のころには決まってしまうという。しかし、当ブログが洋楽…

  4. AKB48『鈴懸』を聴いた上でのやや気恥ずかしい…

    AKB48の新曲『鈴懸』は、絵に描いたようなAKB48というかアイドルグルー…

  5. ケーティ・ペリー「ロアー」でガオー!ってしたい

    以前にブログで紹介し、twitterでもしつこく取り上げたロビン・シック「B…

  6. 島袋寛子『私のオキナワ』は1日1曲ずつ聴こう

    じつは今井絵理子『just kiddin’』と同時期に買ったのですが、あっち…

  7. Robin Thicke『Blurred Lin…

    いま日本でもっとも人気のある曲がAKB48『恋するフォーチュンクッキー』…

  8. 映画のようなミュージックビデオのイメージ

    まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュー…

    クォリティの高いミュージックビデオ(MV)は、もちろんこの世にあふれている。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

PAGE TOP