島田裕巳『プア充』に納得できる点できない点

パートナーがいない人はどうするのか?

 お金をもっていないほうが幸せ!?

島田裕巳氏といえば、地下鉄サリン事件のときに非難にさらされ、“人間サンドバッグ”状態にされていた宗教学者というイメージしかなかったのですが、この本はとても楽しめました。

本書『プア充』でいいたいことはただひとつ。

そもそもたいしてお金をもっていないプア充のほうが、人生において喜びや楽しさ、快楽を感じやすく、幸せな気持ちになりやすいことは間違いない。

これを全編にわたり、さまざまな視点から説明している本というわけです。

これからお金はいらない?

人生における幸福度は、持っているお金の多寡に比例しない──というのは非常に納得できる話です。だから、ほぼこの本の主張には賛成できます。「プア充」の考え方に完全に与することができれば、この先の人生はバラ色といえます。

実際、いま自分はお金持ちではないので、この生き方をぜひ採用していきたいのですが、素朴な疑問もあります。

お金を持っていなくても(いや、持っていないほうが)幸せであると感じるためには、

社会全体が豊かだから、たいしたお金がなくても生きていける国なんだよ

という前提があります。

でも、そんな社会がこれからもずっと続くのか。そうでないとしたら、やっぱりお金は必要なのではないか? などという疑問が頭をもたげるのです。

パートナーの必要性はわかるけど……

人生におけるパートナーを持つことの大切さ。これも理解できます。本書でも

お金がない人こそ、結婚すべきなんだよ

と述べています。

たしかに、人生におけるパートナーの重要性は、とくにこれからの時代はますます高まっていくでしょう。この『プア充』だけでなく、同じようなことを説く本はいっぱいあります。

でも、そんな本を読むたび、理屈としては納得する一方で、反論も浮かびます。結婚したくてもできない人はどうするのか? というこれまた単純な疑問です。結婚したいと思っている人のすべてが夢を叶えられるわけではない。それは論じるまでもありません。となると、パートナーがいない人はどうするのか?

その疑問に対して、説得力のある答えを提示した本は見たことがありません。もちろん、個人の感情レベルで「ひとりのほうが気楽」という意見を目にすることはありますが、社会科学的な観点で分析し、説得力を持たせたものにはまだ出会えていないのです。

小説仕立てで読みやすい

ところで、著者が宗教学者なので、とっつきにくい本なのかな?と誤解されそうですが、じつは“現代の若者”を主人公にした小説仕立てになっています。主人公が学生時代に所属していたゼミの島崎教授から、「プア充」の理念を教わる、という体裁になっています。

だから、持論を声高に主張するのではなく、若い主人公の目を通して理論が語られるので、すうっと頭に入ってきます。これはなかなかうまい工夫だと思います。

メディアで有名になった後、ちょっとした事件に巻き込まれちまってね、今度はさんざんマスコミに叩かれた……

もちろん、このセリフを口にする島崎教授は、著者がモデルであることは言うまでもないでしょう。

AKB48『ハート・エレキ』のガメラ監督によるPVに注目

サラリーマンが自称・小説家を名乗るための手帳・メモ術─第4回─【天使の街・創作メモ】

関連記事

  1. 『無責任姉妹』

    【敵情視察】アヲイ『無責任姉妹』は無責任だから誰…

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの本を読み、「なぜ面白いのか」を考察…

  2. 〈好き〉を極め〈仕事〉にできる文章術【著者インタ…

    〈好き〉なことを〈仕事〉にする。そうすれば幸せな〈人生〉を送れる——。その…

  3. もしも日野瑛太郎『脱社畜の働き方』を自分の部下が…

    日野瑛太郎『脱社畜の働き方〜会社に人生を支配されない34の思考法』 を読んだ…

  4. ebook-horror-movie

    電子書籍『このホラーは映画はなぜおもしろいのか?…

    このブログの記事を中心に、ホラー映画のレビューをまとめた電子書籍を作りました…

  5. 自分の読者は1万人にひとり

    自分の小説を読んでくれるのは1万に1人【天使の街…

    セルフ・パブリッシングで電子書籍の小説『天使の街~ハルカ~』『天使の街~マヨ…

  6. マヒルは学校中が憧れるスーパー女子高生!【天使の…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街〜プライマリー〜』のキャラクター紹介…

  7. 『イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか』で今後の…

    この本はもともと『イスラムの人はなぜ日本が好きなのか』というタイトルで刊行さ…

  8. 日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、と…

    『脱社畜の働き方』に引き続き、日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP