剛力彩芽の歌「友達より大事な人」を真面目にレビューしてみる

じつをいうと、剛力彩芽のことは顔と名前ぐらいしか知らなかった。お仕事ぶりを拝見したのは映画『プロメテウス』の吹き替えぐらいだった。しかし、これがどうにも「ばっきゃろー」な出来ばえだったので、彼女に対してあまりいいイメージを持っていなかった。

にもかかわらず、このデビューシングル『友だちより大事な人』を購入し、なおかつレビューするのはなぜか?

それはもちろん、ブログのアクセスアップのためである。

そんなわけだから、たいして期待はしていなかったのだが──。

純粋にひとつの歌として聞いてみると、意外に悪くない。いや、けっこういいかも。

奇をてらわないさわやかなポップス。気持ちが弾んでくるような楽曲と歌声は、繰り返しの鑑賞にたえるものとなっている。

乗りかかった船でPVも観てみたが、アメリカンなテイストで嫌いじゃない。その直前にKARAのPVを堪能していたが、それと比べても遜色ない──といっても過言ではない。

あえて欠点を挙げるとすれば、このごろの灼熱の真夏日に聞くには、やや軽すぎるということ。春先か秋口に聞くのがふさわしい。

もちろん、好みは分かれるだろうけど、まあ食わず嫌いをせずに聞いてみそ。そんな楽曲に仕上がっている。

▼下のCD+DVDにはPVは未収録です。

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のトムの走り方がヘンって感想

映画『悪の教典』にあって原作小説にないものとは?

関連記事

  1. 家入レオ『LEO』でレコード大賞新人賞がダテじゃないことを知れ

    こんにちは。毎度ブームに乗り遅れるぎゃふん工房です。家入レオは、昨年「第54回 輝く!日本レコー…

  2. ガールズバンドSCANDALの今まで気づかなかった3つの魅力

    今、ガールズ・バンドが密かなブーム。高い演奏力を誇る実力派のグループも続々登場している。その…

  3. AKB48『鈴懸』を聴いた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの…

    AKB48の新曲『鈴懸』は、絵に描いたようなAKB48というかアイドルグループが歌う曲という感じで、…

  4. ケーティ・ペリー「ロアー」でガオー!ってしたい

    以前にブログで紹介し、twitterでもしつこく取り上げたロビン・シック「Blurred Lines…

  5. Capital Cities「Safe And Sound」は懐…

    少し前まではロビン・シック「Blurred Lines」、最近だとケーティ・ペリー「ロアー」の影に隠…

  6. 鈴木亜美『Snow Ring』のニワカだけどニワカじゃないレビュ…

    2月6日に発売された鈴木亜美のミニアルバム『Snow Ring』を買った。鈴木亜美を聞いたのは、19…

  7. 家入レオ『a boy』

    家入レオ『a boy』でわかるCDを買う楽しみ

    「CDが売れなくなった」とアーティストが嘆く。そんな時代に「CDを買って良かった」と思わせる作品があ…

  8. ミュージックビデオの映像美

    中島美嘉・三代目J Soul Brothers・HKT48……最…

    ミュージックビデオは、撮影機材やVFXなどの発達とともに、その表現力を進化させてきた。では、最新…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. ミュージックビデオの映像美
  2. 『バイオハザード7』
  3. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』アイキャッチ
  4. ほんとにあった!呪いのビデオ
  5. 『ぎゃふん9』パート4
PAGE TOP