『カルト』はフェイク・ドキュメンタリーのいいとこどりをした傑作

白石晃士監督の得意分野だから面白いのはあたりまえ。

カルト』は「フェイク・ドキュメンタリー(モキュメンタリー)」というやつで、「本物らしく作った偽物」だ。古くは『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』、最近では『パラノーマル・アクティビティ』のような映画と思えばいい。

しかしながら、本作を観ると、『ブレア〜』や『パラノーマル〜』は、ただの戯れ言、オママゴトに思えてしまう。それほどまでに日本の「フェイク・ドキュメンタリー」は世界の最先端を走っている

本作の魅力を探っていこう。

どうせウソなんだから面白いことやっちゃえ

『カルト』

『ブレア〜』や『パラノーマル〜』は、いちおう建前上は「本物」という体裁をとっているため、画面内で展開する現象がじつにみみっちい。それでも「本物」なら怖いわけだが、観る者はそれらが「偽物」だと知っている。

どうせ偽物だってことはわかっているんだから面白いことをやっちゃえ」と開き直ったのが本作の白石晃士監督だ。監督の過去の作品『ノロイ』『オカルト』はその発想で作られている。

とはいえ、『ノロイ』『オカルト』には、まだまだ「本物」らしさに未練がある。あくまで「面白いことをやっちゃえ」の「やっちゃえ」のほうに重きが置かれている。

つまり、あくまで『ブレア〜』などよりは虚構性を高めている、というだけであって、その内容までは詰め切れていなかった。

それに対し『カルト』は、「面白いことをやっちゃえ」の「面白いこと」に力が注がれている。つまり、虚構性の割合を過去作より高めたうえで、その内容に関しても、映画としての(虚構としての)面白さを追及しているのだ。

除霊に訪れた霊能力者が悪霊に次々と倒され、そのあとピンチを救うヒーローが登場する、というベタベタな展開。そのヒーロー像も(あえて悪くいえば)どっかのマンガからパクってきたような代物だ。

しかし、あびる優や岩佐真悠子といったタレントが“本人”として登場し、放送用カメラの一人称視点(POV)という表現形式をとることで、かろうじて「本物」らしさを演出。この“ドキュメンタリー”という体裁の中では、ありふれた物語・設定がじつに新鮮に映ってしまう。

ヒーローの無敵ぶりに素直に爽快感を覚え、その活躍に拍手喝采を送りたくなる。これが本作の最大のポイントだ。

稚拙な映像だからこそ恐怖が増す

『カルト』

じつはこの『カルト』の直前に、ジョン・カーペンター版『遊星からの物体X』を観た。それと比べると、まあ当たり前かもしれないが、なんとも映像が見劣りする(似たようなモンスターというか霊みたいのが登場する)。

ところが、『カルト』の場合、映像が稚拙であればあるほど恐怖感が増すという不思議な現象が起こっている。

『物体X』のそれ(The Thing)があくまで(物語の中では)実在するものであるのに対し、『カルト』のそれは“この世のモノ”ではないので、実在感がないほうがかえって“リアリティ”がある。そして、造形が突拍子もないものであれば、それだけ“人知の及ばぬ存在”であることを示せるわけだ。

やはりもっとも怖いのは人間の悪しき精神だった

『カルト』

ホラー映画でもっとも怖いのは、ジェイソンのような殺人鬼や物体Xのようなモンスターではなく〈幽霊〉である、というセオリーがある。しかし、幽霊よりもっと怖いのが生きた人間である──という真実を白石監督は『ノロイ』や『オカルト』などで追及してきた。

『カルト』も(タイトルから想像できるように)恐怖の対象は〈人間の邪悪な心〉だ。監督の得意分野であり、その真価がいかんなく発揮されているから、面白くないわけがないといえる。

続編の制作が待ち望まれる作品のナンバーワン

『カルト』

ややネタバレになるが、本作ではすべての謎・事件が解決するわけではない。尻切れトンボでも成立するタイプの作品ではあるものの、「ドキュメンタリーの体裁でベタな物語を展開する」というコンセプトをおしすすめるなら、「さらなる強敵との死闘」も観たいところだ。

また、映像が稚拙であるのはいいのだが、もっと別の見せ方があったのではないか、というシーンもわずかながらあった。このあたりを改善できれば、なお完成度が高まったと思う。

いずれにしても、個人的には続編が観たい映画のナンバーワンであることはまちがいない。

©2012 Next Media Animation Limited. All rights reserved.

家入レオ『a boy』家入レオ『a boy』でわかるCDを買う楽しみ

frankensteins-army『武器人間』は新旧ドラ声優の“狂演”に瞠目せよ

関連記事

  1. 『翻訳がつくる日本語』で「女言葉」がよくわかるわ…

    現代の日本で「○○だわ」「△△のよね」という話し方をする女性や、「やあ、●●…

  2. ponysmasher

    わずか3分で恐怖するショート・ホラー〈ponys…

    映画監督のデヴィッド・F・サンドバーグ氏は「ponysmasher」の名義で…

  3. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    2019年7月19日、劇場やスマホアプリで『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の…

  4. サイコブレイク

    なぜか評価が分かれた『サイコブレイク』を買おうか…

    『サイコブレイク』は、『バイオハザード』の生みの親である三上真司氏の監督作品…

  5. 『クラウド アトラス』はひとには勧めるけど自分は…

    19世紀から24世紀の500年にわたり、6つのエピソードが展開する大作。みな…

  6. 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコ…

    『ミッション:インポッシブル』もシリーズ4作目となるが、今なお高いクォリティ…

  7. 戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

    〈戦慄怪奇ファイル コワすぎ!〉は白石監督がコワ…

    怪奇現象のドキュメンタリーを制作しているスタッフのもとへ、不可思議な映像が記…

  8. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. アバター
    • ぜろなみ
    • 2017年 3月 16日

    こんにちわ!ぜろなみです!!
    カルト観ました!GYAOでちょうど公開されていて、あれ?これはぎゃふん工房さんで薦めてたヤツ!
    という事でやって来ました!他にコメントがないのが残念です!
    サイコブレイクの記事は相変わらずコメも盛り上がっていますねw
    サイコブレイクに限らず、たぶん ぎゃふんさん的にはホラーだけに力を入れてる訳ではないんでしょうが
    ホラー作品の記事が特に注目されているようで、ぎゃふんさんのレビューはさらにホラーよりになってもいいかも!
    と、勝手に思っています!w

    さて本題ですが、カルト おもしろかったです!
    正直キャストのB級感で嫌厭していましたが、喰わず嫌いでしたね 三浦くんは大好きな俳優さんですし
    当たり役でしたw
    意外だったのは、あびる優さん 一度干された例の件もあってどちらかといえば嫌いなタレントさんだったのですが
    彼女の演技、本人役が一番物語に引き込んでくれる自然さ リアリティをくれました!
    カルトに関しては、彼女は無くてはならない存在、評価しないわけにはいかないですね。

    あと、霊能者の2人も好きでしたし、良い意味でバラエティに呼ばれそうな偽物感がありましたw
    この2人は少し描き方があっけなかったのでリメイクされるとしたらさらに出番を増やして欲しいです!
    ボク、カルトに関しては続編だけじゃなく、10年後くらいにリブードされる事すら視野に入れておりますw

    所々、やはりCGでの演出は笑ってしまうくらい残念なのですが、演者さんが本気なのでのめり込め続けられました
    隣人など人間の怖さというシナリオもいいですね 原作があるのかな?

    悪霊だと思っていたのが、実はそうではない
    正体も不明のまま まさに続編が期待されますね!

    ネオのキャラは正直チャラ過ぎだと思いましたが、作品のテイストをいっきに変える感じは心地よいです。
    (完全にぬ~○~w)

    ラストのネタバラシも、ゾクリとくるモノがありました
    ここはもっと衝撃的に怖い演出に出来るとも思いました。

    実はボクもこの作品を観ている間、『遊星からの物体X』を連想したのです!
    改めて、ぎゃふん工房さんとは感性が近い!と感じましたw
    ですので、CGと特殊メイクにさらにお金を出せれば、A級のホラーにも充分なり得る作品だと感じました!
    このB級感が堪らない!ってのもありますがw

    これはサイコブレイクと同じくらい、続編を期待してしまいますね!
    逆にまだないのかな!?

    もっとこの世界を掘り下げて欲しいです。
    シリーズを続けて、ネオの過去なども描いて欲しい!

    邦画にありがちな、ダラダラと長いシーンがなく、映像のぶつ切り感
    ポンポン進む感じがノーストレスで恐怖を高めていました。
    ある部分では残念なのに、ある部分の演出と編集はすごくいい!

    愛すべき作品だと思います。

    • ぜろなみさん、こんにちは。

      たしかにホラーに特化すればもっとアクセス数は伸びるかもしれませんね(笑)。でも、アクセス数狙いではないのと、みずから制約を課すのは本末転倒でもあるので、しばらくはこのスタンスでいきたいと思います。

      『カルト』は、ニコ生でしょっちゅう放送されるので繰り返し観ていますが、なんど観ても傑作ですね。

      おっしゃるとおり、無駄なシーンがなく、脚本のリズムと編集の呼吸感で飽きさせないんですね。

      監督は1980年代のアメリカのホラーをよく観ていたそうなので、『遊星からの物体X』にもインスパイアされていると思います。

      続編は期待したいですね。物語の続きでなくても、ネオが活躍するお話をぜひ観たいです。

      コメントありがとうございました。またよろしくお願いします。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

PAGE TOP