『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』はこの世とあの世を結ぶ何か

ふつうのビデオクリップを鑑賞するのとは、まったく異なる映像体験です。

ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』は、ZARDのミュージックビデオを4枚のディスクに収録したコレクターズ・アイテムです(特典映像ディスクも入った全5枚組の商品)。

ZARDが活躍した時代には、YouTubeなどの動画配信サービスは始まっておらず、いまのように自由にミュージックビデオを見ることはできませんでした。

ですから、本作はじつに貴重な逸品であるわけです。

どんな魅力があるか、探っていきましょう。

坂井泉水が動く

ZARDは、全盛期でさえも特にメディアへの露出が少なかったユニットです。テレビ番組で楽曲が紹介されるときも、静止画をコラージュしたような映像ばかりが流れていました。放映時間も短い。そもそも動いている坂井泉水を見たことがほとんどなかったのです。

ですから、本作によって動画として坂井泉水を見られる。それだけでも、高い付加価値があるといえます。

ほとんどがオフショット

ZARDの楽曲はメジャーなものばかりですが、そのミュージックビデオとなるとほとんど記憶にありません。サビの部分には見覚えのある映像がチラホラ見受けられますが、そこだけがテレビでくりかえし流されていたのですから、これは当然といえば当然です。

で、あらためてじっくり本作の世界に浸ってみると──。

ミュージックビデオというよりは、ほとんどが坂井泉水のオフショットなのですね。映像作品として凝ったものではありません。

スタジオで録音しているか、どこかの街を歩いているか、ステージで歌っているか。ほとんどがそのいずれかのパターンです。

言ってみれば、坂井泉水のイメージビデオのようなものです。

天国にいるのは彼女? 私?

本作をビデオクリップ集として観ると、やや違和感を覚えます。先に述べたオフショットばかりであることに加えて、曲と曲がほぼ途切れなく続き、タイトルは表示されません。映像や楽曲を楽しむというよりは、エンドレスで坂井泉水の姿を眺めていることになります。

これは、ふつうのビデオクリップを鑑賞するのとは、まったく異なる映像体験です。

なんでしょう? この特異な感覚は?

そもそも坂井泉水は〈永遠〉に歳をとらず、外見はずっとこのままです。実世界ならあり得ません。自分の部屋で本作を鑑賞するならば、なじみのある部屋なのにそこは尋常でない空間へと変わります。

天国。そう。強いて言えば、本作を観ることは、天国に自分の身をおくこと。天国にいる坂井泉水と空間を共有することなのです。

坂井泉水は永遠の世界に

坂井泉水が天国に旅立った年齢。いつのまにかその年齢を私は追い越してしまいました。でも、私にとって坂井泉水は〈永遠〉に“となりのお姉さん”であり続けます。

そういえば、ZARDには「永遠」という名曲があります。

君と僕との間に 永遠は見えるのかな
この門をくぐり抜けると
安らかなその腕にたどりつける また夢を見る日まで

「君」はDVDを観る私たち、「僕」が坂井泉水のこと。「また夢を見る日まで」とは、ズバリDVDを再び再生する日までの意だと考えられます。

いつでも好きなときに映像を観ることができ、そこに映る彼女は「永遠」に歳をとらない。

映像を眺めるうちに湧き上がる多幸感は、まさに坂井泉水の「安らかなその腕」に触れているかのよう。

この『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』は、この世とあの世を結ぶ「門」の役目を果たしている。そう思えるのです。

『Zアイランド』品川ヒロシの『Zアイランド』にホラーマニアが驚いた

『シン・ゴジラ』『シン・ゴジラ』は9条信者も非信者も両方OK!

関連記事

  1. ガールズバンドSCANDALの今まで気づかなかっ…

    今、ガールズ・バンドが密かなブーム。高い演奏力を誇る実力派のグループも続々登…

  2. Robin Thicke『Blurred Lin…

    いま日本でもっとも人気のある曲がAKB48『恋するフォーチュンクッキー』だと…

  3. LORDE「Royals」は小娘のクセに生意気だ…

    いまアメリカで人気が急上昇しているのがLorde「Royals」です。若…

  4. Capital Cities「Safe And …

    少し前まではロビン・シック「Blurred Lines」、最近だとケーティ・…

  5. 家入レオ『LEO』でレコード大賞新人賞がダテじゃ…

    こんにちは。毎度ブームに乗り遅れるぎゃふん工房です。家入レオは、昨年「第…

  6. 洋楽アーティストのイメージ

    J-pop好きが選ぶ洋楽初心者にオススメのアーテ…

    人の音楽の趣味は二十代のころには決まってしまうという。しかし、当ブログが洋…

  7. 華原朋美「夢やぶれて」「I’m pr…

    7年ぶりのシングル。彼女の復帰を永らく待ち望んでいた。いや、待ち望んでいた自…

  8. 西野カナ『Love Collection』に2時…

    「今度アルバムが出たら買おう」と思っているアーティストが何人かいて、その筆頭…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP