『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事

サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作する人」という意味と「関係者」をかけているわけです──なんて説明は野暮ですな。

ぼく自身は、映画館に足を運ぶことはほとんどなくなってしまいましたが、頻繁に映画館で映画を観る人も、上映中、自分の背後にいるはずの「映写技師」にまで想いをはせることは少ないのではないでしょうか?

では、実際、映写技師はどんな仕事をしているのか?

そりゃあ、「映写機をまわす」ってことは想像がつくけど、プロとしてどんな矜持を持っているのか、そこにはどんな苦悩があるのか、などといった点が本書でつづられており、「映画」が好きな人は興味が惹かれるはずです。

現在の映写は、募集があって採用されれば、なんの資格がなくても出来る仕事です。

え? と一瞬思いました。著者の謙遜もあるかもしれませんが、映写技師は誰でもなれるそうです。

また、映画の上映中、映写技師はひたすら見守っているだけの「簡単なお仕事」(失礼)だと思っていました。たしかに第一の仕事は

現在上映中の映画を可能な限りベストな状態で映写すること

なのですが、

では、第二は……と尋ねられたら、『編集』、つまり次回上映作品のフィルムをつなぐことだと答えるでしょう。

フィルムを上映できる状態に切ったりつないだりするのは、配給会社がやっていると漠然と想像していたのですが、実際は映画館の映写技師がやるのですね。初めて知りました。

映画館によっては、昔の映画を上映する場合もあり、そうなるとフィルムも相当いたんでいるから、苦労は絶えないようです。

ふだんスポットが当たることのない職業だけに、とても興味深く読み進めていける本です。

最近は、フィルムを使わないデジタル上映なども増えていると思いますが、やっぱり映画もフィルムという〈モノ〉に魂が宿っているんだなあ。まさに本が紙という〈モノ〉に印刷されることで価値が上がるのと同じように──なんてことも考えてしまいました。

酒井順子『着ればわかる!』でなにがわかる!?

武論尊『原作屋稼業 お前はもう死んでいる?』であべし!?

関連記事

  1. 『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家…

    荒木先生の映画に関する本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』に続いて2冊目で…

  2. 『超コワすぎ!』

    〈戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!〉もはや誰がバケ…

    フェイク・ドキュメンタリーの傑作〈コワすぎ!〉シリーズが、〈超コワすぎ!〉と…

  3. 『パシフィック・リム』の制作陣が“わかっていらっ…

    特撮怪獣モノやロボット・アニメに親しんだ者が『パシフィック・リム』を観ている…

  4. ウルトラマンタロウ『ウルトラマンの愛した日本』に…

    1960年代に地球に初めてやってきたときから現在に至るまで、ずっと日本を守り…

  5. 江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本…

    不況下の日本で、若者による通り魔事件が頻発。やがて犯行は財界人テロへと激化す…

  6. 島田裕巳『プア充』に納得できる点できない点

     お金をもっていないほうが幸せ!?島田裕巳氏といえば、地下鉄サリン事件の…

  7. 『アウトレイジ ビヨンド』を名作にした前作とのた…

    『アウトレイジ ビヨンド』は、やっていることは前作とほとんど同じ。しかし、た…

  8. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    2019年7月19日、劇場やスマホアプリで『シン・エヴァンゲリオン劇場版』…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『シン・ゴジラ』
  2. make-your-blog
PAGE TOP