『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事

ふだんスポットが当たることのない職業だけに、とても興味深く読み進めていける本です。

サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作する人」という意味と「関係者」をかけているわけです──なんて説明は野暮ですな。

ぼく自身は、映画館に足を運ぶことはほとんどなくなってしまいましたが、頻繁に映画館で映画を観る人も、上映中、自分の背後にいるはずの「映写技師」にまで想いをはせることは少ないのではないでしょうか?

では、実際、映写技師はどんな仕事をしているのか?

そりゃあ、「映写機をまわす」ってことは想像がつくけど、プロとしてどんな矜持を持っているのか、そこにはどんな苦悩があるのか、などといった点が本書でつづられており、「映画」が好きな人は興味が惹かれるはずです。

現在の映写は、募集があって採用されれば、なんの資格がなくても出来る仕事です。

え? と一瞬思いました。著者の謙遜もあるかもしれませんが、映写技師は誰でもなれるそうです。

また、映画の上映中、映写技師はひたすら見守っているだけの「簡単なお仕事」(失礼)だと思っていました。たしかに第一の仕事は

現在上映中の映画を可能な限りベストな状態で映写すること

なのですが、

では、第二は……と尋ねられたら、『編集』、つまり次回上映作品のフィルムをつなぐことだと答えるでしょう。

フィルムを上映できる状態に切ったりつないだりするのは、配給会社がやっていると漠然と想像していたのですが、実際は映画館の映写技師がやるのですね。初めて知りました。

映画館によっては、昔の映画を上映する場合もあり、そうなるとフィルムも相当いたんでいるから、苦労は絶えないようです。

ふだんスポットが当たることのない職業だけに、とても興味深く読み進めていける本です。

最近は、フィルムを使わないデジタル上映なども増えていると思いますが、やっぱり映画もフィルムという〈モノ〉に魂が宿っているんだなあ。まさに本が紙という〈モノ〉に印刷されることで価値が上がるのと同じように──なんてことも考えてしまいました。

酒井順子『着ればわかる!』でなにがわかる!?

武論尊『原作屋稼業 お前はもう死んでいる?』であべし!?

関連記事

  1. 『Zアイランド』

    品川ヒロシの『Zアイランド』にホラーマニアが驚い…

    品川祐といえば、「おしゃべりクソ野郎」(©有吉弘行)という言葉に象徴されるよ…

  2. 鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の…

    セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなん…

  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』は、ご存知のとおりストーリーや設定に謎の多い作…

  4. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開がいよいよ迫った(2020年6月27…

  5. 『銀幕の声』

    【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽…

    映画を観ていると、スクリーンの端に少女の姿が映る。映画の筋には関係がなく、…

  6. 日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、と…

    『脱社畜の働き方』に引き続き、日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで…

  7. ebook-horror-movie

    電子書籍『このホラーは映画はなぜおもしろいのか?…

    このブログの記事を中心に、ホラー映画のレビューをまとめた電子書籍を作りました…

  8. 『クラウド アトラス』はひとには勧めるけど自分は…

    19世紀から24世紀の500年にわたり、6つのエピソードが展開する大作。みな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP