ブログの記事をまとめた本『ぎゃふん5』の電子書籍版を無料提供!

あけましておめでとうございます。この「ぎゃふん工房の作品レビュー」も今日で1周年を迎えました。今後ともよろしくお願いします。

さて、ぎゃふん工房では毎年、ブログの記事をまとめた小冊子『ぎゃふん』を“お年賀本”として友人・知人に配布しています(1月1日配達指定の〈ゆうメール〉で送っています)。

gyahun5-book

今回は、今年度版『ぎゃふん』第5号を電子書籍として無料でご提供します。ぜひお試しください。

とくに「お正月つまんねー、やることねー」と暇をもてあましている方におすすめです。

紙の本の雰囲気を再現したPC閲覧用『ぎゃふん5』

Gyahun 5 digital double

『ぎゃふん』はブログの記事の中から適当なものを選び、テーマごとにまとめて、本の形にしたものです。文章はアップしたものそのままではなく、体裁を整えるため、加筆訂正を行っています。

このPDF版は、紙の本の印刷用データをPC表示用に最適化(カラーをCMYK→RGBに変更)し、紙の本の雰囲気を再現しました。

下記の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

Gyahun5 download pdf double

タブレットでの閲覧におすすめの『ぎゃふん5』

Gyahun 5 digital single

タブレットの縦持ちで快適に読めるよう、単一ページのPDFにしたものです。タップでページが送られるので、サクサク読み進めることができます。

無理をすればスマートフォンでもなんとか読めます。

Gyahun5 download pdf single

スマートフォンで読める各種フォーマットの『ぎゃふん5』

ebooks-4

スマートフォンの小さい画面でも読めるように、画像やデザインを一切カットし、文字だけで構成した電子書籍ファイルを作成しました。

〈ePub〉ファイルは一般的な電子書籍ファイルフォーマットです。

gyahun5-download-epub.png

〈mobi〉ファイルはAmazon Kindleでどうぞ。

gyahun5-download-mobi.png

スマートフォンやタブレットでうまくファイルが開かない場合は、PC経由でファイルを転送してみてください。

*この紙の本も無料でご提供しています。送付をご希望の方はこちらのページでお申し込みください。

電子書籍で新しい〈読書体験〉を!

「電子書籍ってどんな感じなんだろう?」と思っている方は、ぜひこの機会にお試しください。ここでは電子書籍のポイントをまとめておきましょう。

1.今これを読んでいるスマートフォン・タブレットですぐ読める

Ebooks 1

〈電子書籍〉を読むには、特別な道具が必要だと思っていませんか?

一般的に〈電子書籍〉は、いま使っているスマートフォンやタブレットに無料のアプリをインストールすれば、すぐに読むことができます。

専用の機器は必要ありません。

2.紙の本になじんでいてもすぐに慣れる

Ebooks 2

初めて訪れる高級レストラン、初めて乗る飛行機。誰だって最初は尻込みするもの。でも、人間の順応性は意外に高い。勇気を出して一歩を踏み出してみれば、予想より早く〈電子書籍〉の読書に慣れていきます。

やがて〈電子書籍〉を日常的に買い求めている自分に気づくはずです。

3.紙の本を読むことが贅沢なライフスタイルに

Ebooks 3

〈電子書籍〉を読むことに慣れると、紙の本のすばらしさに改めて気づかされます。

持ち運びの手軽さ、紙の手触りやインクの匂い、美しい装幀やフォント。読書のデバイスとしてこれ以上のものはないことがわかります。

だからこそ──。

紙の本を読むことが贅沢な読書体験となります。がんばった自分へのちょっとしたご褒美をあげたいとき。日常を忘れ、自分だけの世界に浸りたいとき。

そんなときこそ紙の本の真価が発揮されるわけです。

『新黒沢』は男の本能に忠実な最強の男

電子書籍の小説『天使の街~マヨ~』の「第1章 郡上八幡」を無料配信!

関連記事

  1. 下流老人

    あなたも私も『下流老人』になる

    「下流老人」という言葉を知っているだろうか? 「普通に暮らすことができない …

  2. チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!…

    チャック・ノリスをご存知でしょうか? シルベスタ・スタローン、アーノルド・シ…

  3. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

  4. 主人公ハルカは元いじめられっ子?【天使の街キャラ…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~プライマリー~』は、今年の配信を目…

  5. 近未来を舞台にした藤井太洋『UNDER GROU…

    その名のとおり「地下経済」をテーマとしたSF小説。2018年という近未来を舞…

  6. 【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語…

    セルフ・パブリッシングでリリースされた本の魅力を分析し、自分の作品に役立て…

  7. 人生が学べるアニメ

    人生に行き詰まった40代が観たい最新アニメ7選

    いまあなたは人生に行き詰まりを感じていないか? もっとラクに生きていきたい—…

  8. 『ぎゃふん9』表紙

    人生の負け犬が吠えるリトルマガジン『ぎゃふん9 …

    毎年恒例となったリトルマガジン『ぎゃふん』は、今年も1月1日にリリース。これ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. ponysmasher
  2. コワすぎ!
  3. 『貞子vs伽椰子』
PAGE TOP