ブログの記事をまとめた本『ぎゃふん5』の電子書籍版を無料提供!

あけましておめでとうございます。この「ぎゃふん工房の作品レビュー」も今日で1周年を迎えました。今後ともよろしくお願いします。

さて、ぎゃふん工房では毎年、ブログの記事をまとめた小冊子『ぎゃふん』を“お年賀本”として友人・知人に配布しています(1月1日配達指定の〈ゆうメール〉で送っています)。

gyahun5-book

今回は、今年度版『ぎゃふん』第5号を電子書籍として無料でご提供します。ぜひお試しください。

とくに「お正月つまんねー、やることねー」と暇をもてあましている方におすすめです。

紙の本の雰囲気を再現したPC閲覧用『ぎゃふん5』

Gyahun 5 digital double

『ぎゃふん』はブログの記事の中から適当なものを選び、テーマごとにまとめて、本の形にしたものです。文章はアップしたものそのままではなく、体裁を整えるため、加筆訂正を行っています。

このPDF版は、紙の本の印刷用データをPC表示用に最適化(カラーをCMYK→RGBに変更)し、紙の本の雰囲気を再現しました。

下記の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

Gyahun5 download pdf double

タブレットでの閲覧におすすめの『ぎゃふん5』

Gyahun 5 digital single

タブレットの縦持ちで快適に読めるよう、単一ページのPDFにしたものです。タップでページが送られるので、サクサク読み進めることができます。

無理をすればスマートフォンでもなんとか読めます。

Gyahun5 download pdf single

スマートフォンで読める各種フォーマットの『ぎゃふん5』

ebooks-4

スマートフォンの小さい画面でも読めるように、画像やデザインを一切カットし、文字だけで構成した電子書籍ファイルを作成しました。

〈ePub〉ファイルは一般的な電子書籍ファイルフォーマットです。

gyahun5-download-epub.png

〈mobi〉ファイルはAmazon Kindleでどうぞ。

gyahun5-download-mobi.png

スマートフォンやタブレットでうまくファイルが開かない場合は、PC経由でファイルを転送してみてください。

*この紙の本も無料でご提供しています。送付をご希望の方はこちらのページでお申し込みください。

電子書籍で新しい〈読書体験〉を!

「電子書籍ってどんな感じなんだろう?」と思っている方は、ぜひこの機会にお試しください。ここでは電子書籍のポイントをまとめておきましょう。

1.今これを読んでいるスマートフォン・タブレットですぐ読める

Ebooks 1

〈電子書籍〉を読むには、特別な道具が必要だと思っていませんか?

一般的に〈電子書籍〉は、いま使っているスマートフォンやタブレットに無料のアプリをインストールすれば、すぐに読むことができます。

専用の機器は必要ありません。

2.紙の本になじんでいてもすぐに慣れる

Ebooks 2

初めて訪れる高級レストラン、初めて乗る飛行機。誰だって最初は尻込みするもの。でも、人間の順応性は意外に高い。勇気を出して一歩を踏み出してみれば、予想より早く〈電子書籍〉の読書に慣れていきます。

やがて〈電子書籍〉を日常的に買い求めている自分に気づくはずです。

3.紙の本を読むことが贅沢なライフスタイルに

Ebooks 3

〈電子書籍〉を読むことに慣れると、紙の本のすばらしさに改めて気づかされます。

持ち運びの手軽さ、紙の手触りやインクの匂い、美しい装幀やフォント。読書のデバイスとしてこれ以上のものはないことがわかります。

だからこそ──。

紙の本を読むことが贅沢な読書体験となります。がんばった自分へのちょっとしたご褒美をあげたいとき。日常を忘れ、自分だけの世界に浸りたいとき。

そんなときこそ紙の本の真価が発揮されるわけです。

『新黒沢』は男の本能に忠実な最強の男

電子書籍の小説『天使の街~マヨ~』の「第1章 郡上八幡」を無料配信!

関連記事

  1. 酒井順子『着ればわかる!』でなにがわかる!?

    酒井順子さんはぼくの好きな書き手のひとりなので、その名を見かけたら、つい手に…

  2. 『ゲームの父・横井軍平伝』で遊びの原点を思い出そ…

    横井軍平。功績の大きさに関わらず、その名はほとんど知られていません。ですが、…

  3. サラリーマンが自称・小説家を名乗るための手帳・メ…

    ワーク・ライフバランスで小説を人生に組み込むこれから数回にわたり、自称・…

  4. 江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本…

    不況下の日本で、若者による通り魔事件が頻発。やがて犯行は財界人テロへと激化す…

  5. マヨ先生に見た目と性格のギャップ萌え!?【天使の…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~プライマリー~』は2013年の配信…

  6. やばい!『アーティストのためのハンドブック』が読…

    副題は「制作につきまとう不安との付き合い方」。今、私はガールズ・ラブ&心霊学…

  7. 伊藤計劃『虐殺器官』がSFでも戦争モノでもなかっ…

    大量虐殺を誘発するという謎の“器官”。その鍵を握る人物を追って、アメリカ軍大…

  8. イラストが出来てから小説を書くという逆転の発想【…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』の“制作秘話”をつづっていくシ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『龍三と七人の子分たち』イメージ
PAGE TOP