『クラウド アトラス』はひとには勧めるけど自分は気にくわない

好みの問題にすぎないけれども……。

19世紀から24世紀の500年にわたり、6つのエピソードが展開する大作。みなさまの評価はおおむね高く、その理由も理解できるので、ひとにオススメはするのだが、個人的にはどうも気にくわない。

今回は、オススメする点と、不満が残るところを書いていこう。

[オススメ1]6つの物語を破綻なく展開させる語り口

6つのエピソードはひとつが完結したら次が始まるのではなく、同時並行に展開していく。こんなことをすれば頭が混乱するはずだ、ふつうなら。

しかし、本作はそんなことは起こらない。脚本と編集の完成度が異様に高いことがわかる。

しかも「観客に混乱させない」だけでなく、きちんと画面に釘づけにさせる。この手腕は見事としか言いようがない。

[オススメ2]時代の空気を再現する画面づくり

現在・過去・未来と、さまざまな時代の空気感をスクリーン内に再現している。相当な手間ひまをかけて制作されている。画面を見ているだけも楽しい。大作ならではの貫録たっぷりのたたずまいは魅力だ。

[気に入らない]仕掛けに必然性がない

ひとつの映画の中で6つのエピソードが展開するのはおもしろい試みではあるが、少し視点を変えると「だからどうしたの?」という冷めた思いも去来する。

本作品では、同じキャストがさまざまな役に扮している。これがひとつのウリというか注目ポイントになっていて、「え? これがそうなの?」とエンドクレジットで驚かされるものもある。こういう遊びは嫌いじゃない。嫌いじゃないけども、それが物語とリンクしていないことに不満を覚える。

いや、リンクしているという意見もあるかもしれない。同じ役者が演じている人物は、別のエピソード(時代)の生まれ変わりだ、と。しかし、エンドクレジットを見るまでわからないのは、本編を見ている最中にも人物同士のつながりがつかめないことを意味する。

異なる時代の人物が同じ名前だったり、小道具などに奇妙なつながりが見出せたりはするのだが、それが映画全体の仕掛けまで昇華されていない。

──いや、そんなのは別にいいだろ。

という考え方もある。大いなる実験作、野心作という見方もできよう。つまり究極的には好みの問題にすぎない。

だからこそ、あえて個人的な「好み」を言わせてもらえば、こういうタイプの映画は、やはり「なぜ6つのエピソードが同時並行に進むのか」という点に必然性が必要なのではないか。たとえば、『アイデンティティ』や『ステイ』のような大どんでん返しがラストにあるべきなのではないか。

そういうのを期待しなければ十分に楽しめることは間違いない。だから、くりかえすが好みの問題だ。ひとには勧めるが自分は物足りなさを感じてしまった、というのが本作品の感想になるわけだ。

マヨ先生の女子大生時代の画像を独占入手!【天使の街キャラクター紹介・番外編】

あなたの見た幽霊はテンシかもしれない……【天使の街・世界観の紹介1】

関連記事

  1. 『カルト』はフェイク・ドキュメンタリーのいいとこ…

    『カルト』は「フェイク・ドキュメンタリー(モキュメンタリー)」というやつで、…

  2. 『テッド』はギャグがわからなくても楽しめるという…

    劇場公開時、予告編を観たとき、華麗にスルーしてしまった。クマのぬいぐるみが言…

  3. 『パシフィック・リム』の制作陣が“わかっていらっ…

    特撮怪獣モノやロボット・アニメに親しんだ者が『パシフィック・リム』を観てい…

  4. 『シュガー・ラッシュ』はゲーマー必見ってだけじゃ…

    人気ゲームの悪役ラルフが嫌われ役を演じることに嫌気がさし、自分のゲームから逃…

  5. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    前回までは、謎解きといっても作品の基本的な設定を確認しただけだ。本格的に考…

  6. 日本のホラー

    日本のおすすめホラー映画をお探しのあなたへ最恐の…

    ホラー好きを自称するならば、日本のホラー映画は観ておきたい。「思いっきり怖…

  7. 『フェイクドキュメンタリーの教科書』

    『フェイクドキュメンタリーの教科書』で白石晃士監…

    〈コワすぎ!〉シリーズや『ノロイ』『オカルト』『カルト』といったホラー映画…

  8. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    とどのつまり「13番目の使徒に堕とされる」って、どういうことなのか?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP