藤井太洋『Gene Mapper』を電子書籍入門者に勧める理由

紙の本を押しのけAmazonで1位を獲得したことで注目を集める『Gene Mapper(ジーン・マッパー)』。これは電子書籍の入門者、SF好き、そしてゲーマーにぜひオススメしたい傑作だ。

その理由を書いていこう。

1.地続きの世界観

物語の舞台は2037年。今より科学技術が発達した近未来だ。

この作品で扱われる「科学技術」はおもに2つ。〈遺伝子工学〉と〈拡張現実〉だ。

作品中の登場人物は、これらの技術を当然のように使いこなしている。〈遺伝子工学〉は、とどのつまりプログラミングだ。作物をコンピュータ上で作り上げてしまう。そんな技術だ。

読者がシステム・エンジニアやプログラマーであれば、すんなりシンクロできるかもしれない。

でも、読者のすべてがプログラミングにくわしいわけではない。そんな人でも、彼らが何をやっているかは、なんとなくわかる。

なぜなら、この作品の世界観は、われわれの住む現代と地続きであるからだ。

スマートフォンやタブレットで、この電子書籍を読む。それができる知識があるならば、細かい専門用語が理解できなくても、十分に楽しめる。

ようするに、〈デジタルで本を読む〉ことと、〈プログラミングで穀物を作る〉ことが、奇妙なアナロジーになっているのだ。電子書籍初心者ほど、その類似性に気づきやすい。

電子書籍入門書として推薦する理由はそこにある。

2.ゲーマーには親和性の高い設定

〈拡張現実〉の描写を読んでいるとき、PlayStation3『HEAVY RAIN 心の軋むとき』というゲームを思い出した(実際にプレイしたのではなく、ニコニコ動画のプレイ動画を見ただけだが)。

このゲームに登場するFBI捜査官がまさに〈格調現実〉を使い、『ジーン・マッパー』のキャラクターと同じようなことをしていた。

また『メタルギア ソリッド』を思い起こさせる描写もある。

ゲーマーにはじつに親和性の高い小説といえるだろう。

物語の終盤では、もうひとつの有名ゲームを想起させるが、これはネタバレにならないよう秘しておこう。

3.セルフパブリッシングの金字塔

以上は、あくまで小説としての魅力だ。それはそれで価値のあることだけど、「おもしろい小説」というだけでは驚きはしない。

やはりこれが「セルフパブリッシング」で作られたということに着目せざるを得ない。

初めて書いた小説を出版社を通さず、自力で電子化。プロモーションも自前。そしてAmazonでトップを獲得。

まさに硬直化したアンシャンレジューム(古い体制)を打ち破る突破口。われわれの出発点であり、めざすべきゴール。そんな希望と輝きに満ち満ちている。

物語の完成度よりも、そちらのほうが、この作品の卓越性といえる。

さらに物語が広がってほしい

強いて残念なところを挙げるなら、物語が短いことだろうか。この世界観・設定にもっと浸りたかった。良くも悪くもそう思わせる。電子書籍としての読みやすさを考えてのことだろうから、短いこと自体は非難に値しない。それに、スピンオフ的な作品も発表されているので、その願いは叶わないでもない。

でも、ひとつの作品の“パッケージ”としては、物足りないところで完結してしまうのは事実。紙の本を読む時の感覚でいえば、これは「惜しい」と思ってしまう。

とはいえ、これは電子書籍なので、紙の本とは別の評価基準があってもいいのかもしれない。

電子書籍をレビューするための基準作り。個人的にはこれが今後の課題だ。

Ads by でんでんアドネット

テレビ朝日版『ダイ・ハード』を越える洋画の吹き替え版がないワケ

香音「花粉デビルをやっつけろ!!」で花粉!ぎゃふん!発奮!

関連記事

  1. マヒルは学校中が憧れるスーパー女子高生!【天使の…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街〜プライマリー〜』のキャラクター紹介…

  2. 『ぎゃふん9』パート4

    精神的に向上心のないものも 死んだらこうなりたい…

    パート3で紹介した“死後の世界”は真実ではない。では、私たちが死んだらどうな…

  3. 電子書籍の小説『天使の街~マヨ~』の「第1章 郡…

    このブログでお知らせしてきました、ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~…

  4. ブログをPDFの電子書籍にした『ぎゃふん』第4号…

    『ぎゃふん』って何?このブログの前身である「ぎゃふん工房のブログ」から記…

  5. 素人がそれらしい電子書籍の表紙を作る方法を考えて…

    『天使の街』の表紙は私が作りました。本職のライター編集者としてデザイナーさん…

  6. 『ぎゃふん9』パート3

    精神的に向上心のないものが 死んだらどうなる?【…

    死はだれにでも訪れる。やがて迎える死のために準備を整えていきたい。とはいえ、…

  7. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義…

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映…

  8. 『ぎゃふん10』メイン

    人生を哲学したいあなたへ!リトルマガジン『ぎゃふ…

    最近、よく考えていない。そのせいで人生に行き詰まっている気がする。生…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. ジョジョの奇妙な冒険の名言のイメージ
  2. 『ぎゃふん9』パート4
PAGE TOP