『DD北斗の拳』をギャグアニメとして認めたくない

黄金期の『ジャンプ』を象徴する作品のひとつである『北斗の拳』。それをギャグアニメとしてデフォルメした『DD北斗の拳』の放映が始まった。その第1回目の感想を書いてみよう。

【良い】ギャグアニメとしてのクォリティは高い

『すごいよ!!マサルさん』『浦安鉄筋家族』の大地丙太郎監督作品だけあって、アニメとしてのクォリティは高い。ギャグアニメのテンポや呼吸感は「手慣れている」という印象を受ける。

また、神谷明氏が出演し、原哲夫氏がスーパーバイザーを務めるなど、“権威づけ”も卒がない。主題歌の替え歌もいい。

ひとつのギャグアニメとして見た場合、クォリティの高さは評価に値すると思う。

【悪い】本人が笑ってはいけない

この番組に対する期待度は高かったので「毎週録画」に設定してみた。だが、明日の放送で持論が正しいことが確認できたなら、今週で“途中下車”をするかもしれない。クォリティは高いが、残念ながら、録画をしてまで鑑賞するほどの番組ではない。そう断言せざるをえない。

その原因は、「笑わそうとしている本人が笑ってはいけない」というルールが破られているからだ。

もう少し分かりやすく説明しよう。

よいお笑い芸人の条件は「自分が笑わないこと」だ。ギャグを言っている途中に、本人が噴き出してしまったら場は冷える。興が殺がれることはなはだしい。

『DD北斗の拳』も、言わば「本人が笑ってしまった感」が漂っている。「さあ、笑わせてやるぞ」という不自然さがある。そこが「もう見る必要がない」と思ってしまう原因だ。

とはいえ、ギャグアニメの名手・大地監督がそんな下手を打つとは考えにくい。制作陣の責ではなく、何か本質的な問題がある気がする。

それは、実は旧作『北斗の拳』そのものが“ギャグ”だったということだ。旧作のアニメを観ていたときは、毎週のように大笑いしていた。

つまり、ケンシロウもラオウもトキも、旧作のころからギャグをやっていたのだ。だから、今さら「笑わせてやるぞ」と意気込んでも、それは「自分が笑う」ことにしかならない。そういうことなのではないだろうか。

『DD北斗の拳』の原作のマンガは未見だが、おそらく忠実にアニメ化されているのだろう。

今作は「世紀末はなかった」ということで、ケンシロウはアルバイトに明け暮れる日々を送っている。だが、旧作と同じように、核戦争が起こり、荒野で戦う設定でよかったのではないか。

世界観や物語は旧作を踏襲したうえで、ディフォルメを施す。そのほうが、旧作が本来もっていた“ギャグ”の面が浮き彫りになったように思う。

もちろん、以上はあくまで個人的な嗜好を述べたまでだ。人によっては楽しめるかもしれない。少なくとも制作陣はそう判断したはず。それは付記しておきたい。

DD北斗の拳|TVアニメ絶賛放送中!!

『おおかみこどもの雨と雪』を独身・子なしの“負け犬”が観た御感想は?

『新世界より』の小説にはないアニメならではの魅力

関連記事

  1. 『ジョジョ』第4部の名言

    仕事で成果が上がる! 『ジョジョ(第4部)』の名…

    この春、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(第4部)のアニメが…

  2. ジョジョの奇妙な冒険の名言のイメージ

    会社に行きたくないときに効く!『ジョジョ(第3部…

    「会社に行きたくない」。そう思ったときは、心が疲れているのかもしれない。…

  3. アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』

    アニメ『ジョジョ』(第3部)は原作の完全移植だが…

    アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』(第3部)は、第…

  4. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    『エヴァ』の謎解きとは、すなわち設定や世界観を確認することだ。言うまでもなく…

  5. 鈴木敏夫展

    〈鈴木敏夫とジブリ展〉でビジネスのヒントを探り出…

    スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫氏をフィーチャーした展覧会〈鈴木敏夫…

  6. シド・ミード展

    〈シド・ミード展〉は誰でも未来を創造するヒントを…

    世界的に著名なインダストリアル・デザイナーで、日本でも映画『ブレードランナー…

  7. 幾原邦彦展

    〈幾原邦彦展〉で人生を早くすりつぶさないと。がう…

    『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』『さらざんまい』と、独創的…

  8. 〈高畑勲展〉で“観念”を現実化し仕事に活かす方法…

    テレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』『赤毛のアン』や、劇場アニメ『火垂るの墓…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

  1. アバター
    • 匿名
    • 2015年 11月 09日

    的外れなことを何ドヤ顔で記事にしてんだ

    • ぎゃふん工房

      このブログは、的外れなことをドヤ顔で記事にするのをコンセプトにしています。
      というのは、他の人とは違った角度から攻めたいなあと思っておりまして、
      それがマジョリティーからは「的外れ」のように見えてしまうのかもしれません。
      後学のために、どこがどのように「的外れ」なのかを教えていただけると嬉しいです。
      今後ともよろしくお願いします。

  2. アバター
    • 匿名
    • 2015年 12月 09日

    最近はやりのスピンオフが糞つまらない理由は簡単で
    作者に原作愛がないから。だから作者のオナニになる。
    イチゴ味は微妙だけど作者が北斗・・・というか
    さうざー愛があるのでギャグとして面白くなってる。

    というだけじゃないのかな。

    • ぎゃふん工房

      私は1~2回で観るのをやめてしまったのですが、
      現在もアニメが作られているので、多くの人に支持されたということでしょうね。
      もっと続けて観ていたらまた評価が変わっていたかもしれません。
      コメントありがとうございました。

  3. アバター
    • 匿名
    • 2015年 12月 23日

    ↑を書いたものです。
    アニメが作られるから支持されているというのは数字がでて
    無いので何とも言えませんが(^^;
    たぶん、イチゴ味がメインでこれを30分枠でつくると
    えらい金が掛かるから手が抜けるDDで20分とか水増し
    しているんではと思います。
    そもそも支持されているのならイチゴ味と抱き合わせする
    理由がないしイチゴ味を5分枠にするのも意味不明ですので
    やっぱり水増しじゃないかなと。

    何度か見てみましたがやっぱり面白くなかったですww

    • ぎゃふん工房

      再度コメントありがとうございます。
      「おもしろくない」というのは少数意見かと思い込んでいたのですが、
      実際の“世論”はどうなのでしょうね?
      「抱き合わせ」だったのは知らなかったのですが、
      そうだとするとおっしゃるように“支持率”は低いのかもしれませんね。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

PAGE TOP