〈ムカデ人間〉シリーズをひとことで言えば“クソッたれ”映画

記事のタイトルを見て「まあ、お下品!」と思った方は、ちょっと待っていただきたい。これは作品を罵倒しているのではなく、あらすじを端的に表わしているのだ。

説明しよう。

ある人のお尻と、別の人のお口を縫い合わせてくっつける。立ち上がって移動できないよう、足の腱は切断しておく。この処置を3人ほどの人間に行なえば、あたかもムカデが這っているように見える。だから「ムカデ人間」。そして、この状態では、前の人の排泄物がそのまま後ろの人の食糧となる。だから「クソったれ」。

これで記事のタイトルの真意がおわかりいただけたはず。

それでも「やっぱりお下品ざます」とお思いの方は、お帰りいただいて結構だ。一方、ここまで読んで興味を持たれた方。そんな選ばれし人たちに向けて、本シリーズの見どころを紹介していこう。

シリーズ1作目は“ファンタジー”

本シリーズを一般的な解釈でジャンル分けすれば「ホラー」であろう。だが、「みんなの夢や空想を具体化した物語」をファンタジーと呼ぶなら、本作は紛れもない“ファンタジー”だ。

もちろん、誰もが「お尻とお口をくっつけたい」と夢想しているわけじゃない(そういう人がいてもかまわないが)。

ムカデ人間の材料(つまり生きた人間)をどうやって調達するのか。材料が逃げないよう、どのような工夫を施すのか。警察からの追求をどうかわすのか。捕えられた材料の運命は?

本作は、「もしもそんな狂気じみた妄想をし、実行に移したら?」という仮説を映画にしたものだと思えばいい。

べつにムカデ人間を作ることに興味がわかなくても、狂人の蛮行がどのように行なわれ、そしてどう破滅していくのか。それをシミュレーションすることには食指が動く。そういう人は、大いに楽しめるはずだ。

シリーズ2作目は“ドキュメンタリー”

シリーズ2作目でも、「もしも人のお尻とお口をくっつけてつなげたら?」というコンセプトは踏襲される。ただ、2回目ともなれば、この発想そのもののインパクトは弱い。

そこで本作では描写を過激にしている。前作でなんとなく誤魔化していた“部分”もしっかり描き出す。いや「ひねり出す」のほうが適切か(お尻から出るものだから)。

この「描写の過激さ」はよく指摘されることだ。制作者の意図したものではあると思う。しかし、過激さだけに着目するのは、もったいない。

2作目のポイントは登場人物がみんなおかしいことだ。主人公が常軌を逸しているのは誰でもわかるが、程度の差はあっても、被害者さえもどこか狂っている。だから、ムカデ人間にされてもあまり同情しない。観ている者は、淡々と事態の推移を見守るだけだ。

1作目と違って、ストーリーらしいものはない。だから、殺人をひたすら記録したスナッフ・フィルムを見せられている感覚を覚える。

ただただ醜悪でしかない作品だが、醜悪さを徹底的に追究している。その創作姿勢に目を向けてみると、本作をより堪能できるはずだ。

『1』と『2』のどちらを観るべきか?

私個人の話をすれば、じつは2作目のほうを先に鑑賞した。「1作目は描写が生ぬるい」という評価を目にしていたからだ。真剣に観るようなシロモノではないが、どちらか一方を選ぶとすれば、2作目だろうと判断した。

しかし、2作目を観たあと、1作目も観たくなった。2作目は全編に狂気が漂うのは魅力だが、冷静に考えると「知性が感じられない主人公にこんな犯行は可能なのか?」「職場で材料を調達しているのに露見しないのはなぜか?(主人公は地下駐車場のガードマンをしている)」などの疑問が頭をよぎる。つまり、リアル志向の2作目もけっこうツッコミどころが多いのだ。

2作目のほうが1作目よりもクォリティが高いわけではなく、“ドキュメンタリー”と“ファンタジー”というジャンルの違いでしかない。その点をふまえて観る作品を選べばよいだろう。みずからの「グロ耐性」を判断基準にしてもいい。

もちろん、両方を鑑賞するのが理想であることは言うまでもない。

©2009 SIX ENTERTAINMENT

映画のようなミュージックビデオのイメージまるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュージックビデオ32選

ジョジョの奇妙な冒険の名言のイメージ会社に行きたくないときに効く!『ジョジョ(第3部)』の名言10選

関連記事

  1. コワすぎ!

    『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章』に裏切ら…

    前作『史上最恐の劇場版』で異界に取り込まれたディレクター・工藤とアシスタント…

  2. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

  3. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』アイキャッチ

    【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただけ…

    こちらの記事から引き続き、『ほんとにあった!呪いのビデオ』の全巻をレビューし…

  4. 『アウトレイジ ビヨンド』を名作にした前作とのた…

    『アウトレイジ ビヨンド』は、やっていることは前作とほとんど同じ。しかし、た…

  5. 『ぎゃふん9』パート3

    精神的に向上心のないものが 死んだらどうなる?【…

    死はだれにでも訪れる。やがて迎える死のために準備を整えていきたい。とはいえ、…

  6. 『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファン…

    原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二…

  7. おすすめ5大ホラーゲームシリーズの最後のひとつが…

    「ホラーゲームをやってみたいけど、どれから始めればいいのかわからない」「名前…

  8. frankensteins-army

    『武器人間』は新旧ドラ声優の“狂演”に瞠目せよ

    予告編をドラえもんの大山のぶ代が務め、本編の日本語吹き替え版を、のび太・スネ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. アバター
    • ぜろなみ
    • 2017年 3月 02日

    あけましておめでとうございます!!!!!
    2017年最初のコメントとなります!ぜろなみです!!

    いきなりですが、ひとつ質問が!ぎゃふん工房さんではバイオ7のレビューを楽しみにしていたのですが!
    まだプレイされてないのでしょうか!?
    どうか!バイオ7の考察をして欲しいと思っております^^

    さて!『ムカデ人間』!!
    博士が若本さん吹き替えな事もあってかなり楽しめた作品です!w

    そーだ!私は変態だ~~~!!のインパクトもすごいw
    唯一の日本人キャストがなかなか頑張っているのですが、なぜ最後あんな事になってしまったのか
    ツッコミ所はかなりある、お馬鹿映画として楽しめました!
    グロそうという事で嫌厭されてる方もいるかもしれませんが、グロはあまりなく
    ただただマッドでサイコな発想の気持ち悪さ、というのが主題な作品だと思いますね!

    博士がなぜあそこまでムカデ形態にこだわるのか、とか掘り下げがあればもっと良かったです。

    2はまだ観てないのです!

    でも、こういう作品はあっても良いと思う派ですので応援していきたいと思っています!

    • ぜろなみさん、こんばんは!

      おっしゃるとおり、PlayStationVRが未だに入手できていないのです。4月ごろにはもう少し購入しやすくなると聞きましたが、どうなんでしょう?

      『バイオ7』は必ずプレイしますし、レビューもするつもりですから、気長にお待ちいただけると嬉しいです。

      『ムカデ人間』はたしかにそこまでグロくないですね。日本人ヤクザが、観ているこちらの予想通りに活躍したら、それはそれで違うような気もするので、あの展開は納得できる気がします。

      『2』もまた第1作目とはテイストが違うので、きっと楽しめるはずですよ。

      それでは、今年も引き続きよろしくお願いします。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』
  2. ネットワークオーディオのサムネイル
PAGE TOP