40歳からの『魔法少女まどか☆マギカ』はじめての考察

今回は〈哀しい〉をキーワードに作品を読み解いてみました。

『魔法少女まどか☆マギカ』は、いま映画やそのDVD・Blu-rayが話題になっていますが、ここで取り上げるのは、今さらながら、テレビ放映版です。昨年末にBlu-rayボックスがリリースされ、それをやっと観終わったってわけ。

もちろん、かねてから、とても面白いらしいというウワサを聞いており、観たい観たいと思いながらなかなかその機会に恵まれず、その間もネットなどでは騒ぎになっていて、でも話についていけず、長い間とても哀しい想いをしていました。

そう。〈哀しい〉。これがこの作品の魅力を読み解くキーワードなのではないでしょうか。

設定を説明するためのストーリー

自分でも美少女たちが活躍する小説を書いているためか、作品を観る際はいつも〈お話づくり〉に着目してしまいます。

ふつう物語というのは、独自の世界観・設定があり、それにもとづいてお話が展開していきます。素人の小説家がやってしまいがちなミスは(自戒をこめて言うと)、この「設定の説明」で冒頭の数ページを費やしてしまうことです。

アニメにおいてもこの点は注意が必要で、初回の放映時に「設定の説明」をいかに要領よく行うかがカギとなるわけですが、『まどか☆マギカ』の場合は、これがやや特殊です。

設定(すなわち「魔法少女」のきまりごと)を説明するために、初回どころか2〜3エピソードを費やしています。

というより、各エピソードの目的が設定の説明そのものになっています。「きまりごと」もひとつではないので、物語の大部分が設定を見せるためのものになっているのです。

その設定がことごとく〈哀しい〉

では、時間をかけて視聴者に提示される〈設定〉とはどんなものか? その詳細を書けばネタバレになるのでここでは秘すとして、設定のひとつひとつは、よくあるとまではいかなくても、画期的な発明というわけでもない。

でも、その「きまりごと」がことごとく魔法少女たちの〈哀しみ〉に結びついている。そこが大切なポイントです。

じつは見方を変えると、「いや、それはそれでアリじゃない?」と思えるし、実際そういうセリフを口にするキャラクターもいます。また、ほかの作品であれば問題にはならないようなこともあります。

ところが、『まどか☆マギカ』では、キャラクターたちに深い〈哀しみ〉を与えるのです。

キャラの退場が〈哀しい〉理由

物語が進むと、キャラクターが“途中下車”をします。そのことは事前に知っていましたし、よくあることではあるのですが、やはり実際に目にしたときは衝撃でした。

なぜそこまでショックを覚えるのか。一見その“退場”するキャラクターに対する憐憫から心を痛めたのだと錯覚するのですが、じつは残された者たちへの心情を想うからこそ〈哀しい〉ことがわかります。

〈哀しみ〉の向こう側にあるモノ

去りゆく者ではなく、残された者に視聴者を感情移入させる。それによって浮かび上がるのは、キャラクター同士の〈関係性〉です。それも〈哀しみ〉に満ちたそれ。

そして、物語が終盤にさしかかり、〈哀しみ〉の向こう側に見えてきたモノは、「友だちを想う心」でした。

「友だちを想う心」なんて、なんともシンプルな、ありふれたモノです。口に出すのは気恥ずかしい。しかし、「魔法少女モノ」という物語のフォーマットで、しっかりとした設定と、たしかな物語の中で語られると、シンプルなだけに、とてもまばゆい光を放ちます。

それによって得られる作品の盤石さは他の追随を許しません。

キャラクターデザインや声優陣の演技、哀愁を誘う背景など、映像作品として着目すべき点はたくさんあります。でも、それは観れば誰でもわかるし、語り尽くされています。

だから、あえて今回は〈哀しい〉をキーワードに作品を読み解いてみました。

「新年早々、いい作品にめぐりあえた」。その出会いはけっして〈哀しみ〉には満ちていませんでした。

武論尊『原作屋稼業 お前はもう死んでいる?』であべし!?

日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』は芸がない

関連記事

  1. シド・ミード展

    〈シド・ミード展〉は誰でも未来を創造するヒントを…

    世界的に著名なインダストリアル・デザイナーで、日本でも映画『ブレードランナー…

  2. 〈アメリカの敏腕弁護士〉と〈日本の山ガール中学生…

    アメリカの敏腕弁護士は理想の生活をしているか?まずは、S氏にご登場…

  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    『新劇場版』の謎解きも、いよいよ最終段階……いや「概括の段階」に入った。…

  4. 人生の“勝率”アップには『のんのんびより』ひかげ…

    「結局この世は運次第」という諦観を持っています。成功は、どれだけ努力をした…

  5. クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもし…

    押井守、宮崎駿、庵野秀明、黒沢清。海外からの評価も高いアニメ・映画監督たち。…

  6. 人生がうまくいかないなら『アカギ』市川の戦術をと…

    「俺の人生はバラ色だ」「まさに順風満帆」「恐れるものはなにもない」などとは…

  7. 【庵野秀明展】庵野秀明になれない俺たちが学べるこ…

    当ブログは、『エヴァンゲリオン』や『シン・ゴジラ』などは堪能したが、庵野作…

  8. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    『エヴァ』の謎解きとは、すなわち設定や世界観を確認することだ。言うまでもな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP