『翻訳がつくる日本語』で「女言葉」がよくわかるわ

ひょっとしたら作品の〈虚構性〉に関係するのかな? などと思ったり。

現代の日本で「○○だわ」「△△のよね」という話し方をする女性や、「やあ、●●かい?」「◎◎◎さ」のようにしゃべる男性は見かけません。

しかし、外国人が登場する洋画の字幕や吹き替え、スポーツ選手へのインタビューなど、「翻訳」の世界では当たり前のように使われています。

「○○だわ」「△△のよね」「やあ、●●かい?」「◎◎◎さ」というセリフを口にすると、それが日本語であるのにも関わらず、その発言者は日本人ではないことを表すという不思議な現象が起こります。

なだぎ武と友近がやる「ディラン&キャサリン」が面白いのは、「日本語だけど話しているのは日本人ではない」はずなのに、それをやっぱり日本人がしゃべっているからなのです。

また、(とくに昔の映画で)白人は標準語なのに、黒人は変な方言を使っていたりします。

さらに、少女マンガなどでは、「あなた、○○○のかしら?」というと、“女言葉”なのに〈攻撃的〉になります。

それはなぜなのか? 背景にある文化的背景は? といったことを追究していくのがこの本の目的です。

〈日本語〉に興味がある人、洋画や外国の本が好きな人などはとくに興味を持って読めるはずです。

アニメのキャラクターはどうか?

ここからは、本書で述べられていることではなく、したがって蛇足になるのですが、アニメのキャラクターが「○○だわ」という話し方をすることがあります。

「あなたは死なないわ……私が守るもの」
(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』)

外国人のセリフの翻訳ではなく、攻撃性を表すものでもない。しかし、違和感はまったくありません。

では、アニメのキャラクターがみんなこんな話し方をするのかといえば、そうではない作品もたくさんあります。

このちがいはなんなのか? という点にも興味があります。

結論はまだ出ませんが、ひょっとしたら作品の〈虚構性〉に関係するのかな? などと思ったりします。

つまり、『ヱヴァ』は荒唐無稽なフィクションだけども、リアルな日常生活を描いたようなアニメの場合は、現実の女の子のように「○○だわ」とは話さないとか……(でも、これも例外がいくらでも見つかるので、正しいとは言えないか)。

自分の小説の主人公は「だわ」としゃべらない

さらに、付けたしというか、宣伝になってしまうのですが、自分の小説『天使の街』の登場人物は、「○○だわ」のようには話しません。

「盆おどりには行かないほうがいいってこと?」
「いや……それはいいと思うよ。ここの名物だし、想い出にはなると思う。でも、わたしの言いたいのは『気をつけて』ってこと」

しかし、その一方で──

「なにに気をつけるの? ひょっとして、私がナンパされちゃうとか思ってる? 言っとくけど、そんな軽い女じゃないわっ!」

と、「○○だわ」の話し方をする場面もあります。これはふだんこういう言葉遣いをしないからこそ、これがおどけた表現になるわけです。

この小説の登場人物が「○○だわ」と言わないのは、限りなく現実世界の若い女の子の口調に近づけたかったからですが、かといってリアルな話ではなく、やはりフィクション性の高い、つまり荒唐無稽な“ファンタジー”です。

この作品のキャラクターは日本人という設定ですが、これを外国人にすれば「○○だわ」がしっくりくるのかもしれません。

──と、こんなふうに、考えを膨らませて楽しめる良書といえるでしょう。

日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』は芸がない

ウルトラマンタロウ『ウルトラマンの愛した日本』に対する疑問

関連記事

  1. 『オブリビオン』は雰囲気を愉しむ映画でした

    この『オブリビオン』という映画をどのように楽しむべきか? という問いに答える…

  2. 『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉だ

    『まんが道』は藤子不二雄A氏が自身の半生を描いたもの。藤子不二雄A氏を知らな…

  3. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

  4. 『アウトレイジ ビヨンド』を名作にした前作とのた…

    『アウトレイジ ビヨンド』は、やっていることは前作とほとんど同じ。しかし、た…

  5. 『コマンドー〈日本語吹替完全版〉コレクターズボッ…

    Blu-ray『コマンドー〈日本語吹替完全版〉コレクターズボックス』を買った…

  6. もし野球にも経営学にも興味のない男が『もしドラ』…

    『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(…

  7. 『フェイクドキュメンタリーの教科書』

    『フェイクドキュメンタリーの教科書』で白石晃士監…

    〈コワすぎ!〉シリーズや『ノロイ』『オカルト』『カルト』といったホラー映画…

  8. テレビ朝日版『ダイ・ハード』を越える洋画の吹き替…

    「洋画の吹き替え版のベストを選ぶとしたら?」と聞かれたら、迷うことなく「テレ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP