『翻訳がつくる日本語』で「女言葉」がよくわかるわ

現代の日本で「○○だわ」「△△のよね」という話し方をする女性や、「やあ、●●かい?」「◎◎◎さ」のようにしゃべる男性は見かけません。

しかし、外国人が登場する洋画の字幕や吹き替え、スポーツ選手へのインタビューなど、「翻訳」の世界では当たり前のように使われています。

「○○だわ」「△△のよね」「やあ、●●かい?」「◎◎◎さ」というセリフを口にすると、それが日本語であるのにも関わらず、その発言者は日本人ではないことを表すという不思議な現象が起こります。

なだぎ武と友近がやる「ディラン&キャサリン」が面白いのは、「日本語だけど話しているのは日本人ではない」はずなのに、それをやっぱり日本人がしゃべっているからなのです。

また、(とくに昔の映画で)白人は標準語なのに、黒人は変な方言を使っていたりします。

さらに、少女マンガなどでは、「あなた、○○○のかしら?」というと、“女言葉”なのに〈攻撃的〉になります。

それはなぜなのか? 背景にある文化的背景は? といったことを追究していくのがこの本の目的です。

〈日本語〉に興味がある人、洋画や外国の本が好きな人などはとくに興味を持って読めるはずです。

アニメのキャラクターはどうか?

ここからは、本書で述べられていることではなく、したがって蛇足になるのですが、アニメのキャラクターが「○○だわ」という話し方をすることがあります。

「あなたは死なないわ……私が守るもの」
(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』)

外国人のセリフの翻訳ではなく、攻撃性を表すものでもない。しかし、違和感はまったくありません。

では、アニメのキャラクターがみんなこんな話し方をするのかといえば、そうではない作品もたくさんあります。

このちがいはなんなのか? という点にも興味があります。

結論はまだ出ませんが、ひょっとしたら作品の〈虚構性〉に関係するのかな? などと思ったりします。

つまり、『ヱヴァ』は荒唐無稽なフィクションだけども、リアルな日常生活を描いたようなアニメの場合は、現実の女の子のように「○○だわ」とは話さないとか……(でも、これも例外がいくらでも見つかるので、正しいとは言えないか)。

自分の小説の主人公は「だわ」としゃべらない

さらに、付けたしというか、宣伝になってしまうのですが、自分の小説『天使の街』の登場人物は、「○○だわ」のようには話しません。

「盆おどりには行かないほうがいいってこと?」
「いや……それはいいと思うよ。ここの名物だし、想い出にはなると思う。でも、わたしの言いたいのは『気をつけて』ってこと」

しかし、その一方で──

「なにに気をつけるの? ひょっとして、私がナンパされちゃうとか思ってる? 言っとくけど、そんな軽い女じゃないわっ!」

と、「○○だわ」の話し方をする場面もあります。これはふだんこういう言葉遣いをしないからこそ、これがおどけた表現になるわけです。

この小説の登場人物が「○○だわ」と言わないのは、限りなく現実世界の若い女の子の口調に近づけたかったからですが、かといってリアルな話ではなく、やはりフィクション性の高い、つまり荒唐無稽な“ファンタジー”です。

この作品のキャラクターは日本人という設定ですが、これを外国人にすれば「○○だわ」がしっくりくるのかもしれません。

──と、こんなふうに、考えを膨らませて楽しめる良書といえるでしょう。

日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』は芸がない

ウルトラマンタロウ『ウルトラマンの愛した日本』に対する疑問

関連記事

  1. 畑村洋太郎『回復力 失敗からの復活』を読んで生き…

    〈失敗学〉の第一人者・畑村洋太郎先生による「失敗したあと復活する」ための本で…

  2. ムカデ人間

    〈ムカデ人間〉シリーズをひとことで言えば“クソッ…

    記事のタイトルを見て「まあ、お下品!」と思った方は、ちょっと待っていただきた…

  3. 小説を書くモチベーション

    小説を書くのにモチベーションなんかいらない──行…

    「小説の原稿を書かなければいけないのに、なかなかモチベーションが上がらない」…

  4. 『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがス…

    岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。…

  5. 『オブリビオン』は雰囲気を愉しむ映画でした

    この『オブリビオン』という映画をどのように楽しむべきか? という問いに答える…

  6. 横山秀夫『64(ロクヨン)』は“横山作品にハズレ…

    昭和64年に起きた誘拐殺人事件を巡る警察内部の抗争を描く、横山秀夫『64(ロ…

  7. 江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本…

    不況下の日本で、若者による通り魔事件が頻発。やがて犯行は財界人テロへと激化す…

  8. 鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の…

    セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなん…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

PAGE TOP