シェネル『アイシテル』『ビリーブ』で〈愛〉のお勉強

ほんとうの愛ってなに?

「わたしも初めて見たときに思ったもの。『あ、この人は愛にあふれている人。そして、その愛を他人に分けてあげられる人だ』って」

これは現在制作中の小説『天使の街〜マヨ〜』で、ヒロインのナツミさんが主人公のマヨ先生の印象を語った言葉です。それと同じことを私はシェネル姐さんを初めて見たときに思いました。

「あ、この人は〈愛〉を教えてくれる人だ」

ほかのひとの〈愛〉はつくりごと

「愛」──古今東西、老若男女。「歌謡曲」という世界に絞っても、じつに多くの人が「愛」を歌っています。

でも、ほかの人のそれは言わば戯れ言。ショービジネス。言葉遊び。シェネル姐さんの歌を聴くと、そんなふうに思ってしまいます。

これほど〈愛〉に特化した歌い手がほかにいるでしょうか?

でも、ほんとうの〈愛〉ってなに? ボクは知らない……。

「AISITERU」は特別なコトバ

アルバム『AISITERU』のタイトルナンバーは、原文では「AISITERU」、日本語表記では「アイシテル」、ふつうに書けば「愛してる」。あまりに多くの人が言葉にしすぎて、もはや陳腐な、なんのありがたみもないフレーズかもしれません。

でも、シェネル姐さんの場合はちがいます。なぜなら、日本語のネイティブでない姐さんにとっては特別なコトバだからです。英語の歌詞のなかに、ときどき混ざる日本語のフレーズ。いや、日本語のなかに英語が混ざる?

そんなことはどっちでもいいのです。

その歌声に耳を傾ければ、日本語か英語か、洋楽か邦楽か。そんな区分けはもはやなんの意味もないことに気づかされるはずです。

ぬめりのある歌声が心に沁みる

わたしたちの心に沁みいるような歌声。姐さんの歌唱力の高さをうかがわせるわけですが、単に「歌がうまい」というだけでなく、その声色そのものにも特徴があります。

澄んでいるとか、透明感があるとか。そんなのともちがいます。どちらかというと、ぬめりがある。ネバネバしている。耳から頭に入っていくとき、なにか心地よい肌ざわりがする。

まさに希有な声色の持ち主です。

ビデオのほうを見てみると、これまたゴージャス。貫録たっぷり。そこらへんに転がっている小娘には出せない包容力です。安心感を覚えるし、歌の世界に包まれたいと思ってしまう。だから、ついつい繰り返し観てしまう。また会いたいと思ってしまう……。

はっ! もしかして、これが愛?

ちがうかも。ほんとうの愛ではないかも。

じゃあ、ほんとうの愛ってなに?

これからもシェネル姐さんの歌を聴き、ビデオを観ているうちに、きっとその真実にたどり着ける。そう信じています。

★ぎゃふん工房オススメの曲★

サラリーマンが自称・小説家を名乗るための手帳・メモ術─第2回─【天使の街・創作メモ】

サラリーマンが自称・小説家を名乗るための手帳・メモ術─第3回─【天使の街・創作メモ】

関連記事

  1. 家入レオ『LEO』でレコード大賞新人賞がダテじゃ…

    こんにちは。毎度ブームに乗り遅れるぎゃふん工房です。家入レオは、昨年「第…

  2. 鈴木亜美『Snow Ring』のニワカだけどニワ…

    2月6日に発売された鈴木亜美のミニアルバム『Snow Ring』を買った。鈴…

  3. AKB48『ハート・エレキ』のガメラ監督によるP…

    AKB48の楽曲を毎回買うわけではなく、まあだいたい1コおきくらいにお気に入…

  4. ケーティ・ペリー「ロアー」でガオー!ってしたい

    以前にブログで紹介し、twitterでもしつこく取り上げたロビン・シック「B…

  5. いまのKARAは見納めかもしれないから彼女たちの…

    一部の報道でKARAの解散が報じられた。のちに、ギュリ、スンヨン、ハラは続投…

  6. SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケ…

    SCANDALの新作アルバム『STANDARD』を素直に最初から再生すると、…

  7. 香音「花粉デビルをやっつけろ!!」で花粉!ぎゃふ…

    だって「花粉、花粉、ぎゃふん!」なんて歌ってるんですもの。取り上げないわけに…

  8. 『ひぐらしブレイクアウト!』

    『ひぐらしブレイクアウト!』は〈ひぐらし〉を知ら…

    『ひぐらしブレイクアウト!』は、同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に奉』のイメージ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP