【特報】『天使の街』は「ハルカ」「マヨ」の2冊でリリース!

このブログで情報を小出しにしている『天使の街〜プライマリー〜』は、『天使の街〜ハルカ〜』『天使の街〜マヨ〜』の2つの物語で展開します!

また、みなさまに新たな読書体験をご提供するために、AmazonやiBooksで買える〈電子書籍〉としてリリースすることになりました。

今回はあらためて、それぞれのストーリーと、この物語の魅力をご紹介します。

『ハルカ』&『マヨ』のあらすじをご紹介

ガールズ・ラブと心霊学園ホラーのビターな融合

天使の街〜ハルカ〜

ハルカは、私立麗宝学園の心霊研究クラブに所属する高校2年生。憧れのセンパイ・マヒルが数日前から学校に姿を見せないことを気に病んでいた。意を決してマヒルの家を訪れたハルカが見たものは、生気を失ったセンパイの姿だった。なぜかハルカに迫るマヒル。不審に思いながらもカラダを委ねるハルカ。ふと気がつくと、その部屋には、天井に張りつく老婆がいた──。

ハルカの見たものは幽霊なのか? マヒルは霊に取り憑かれてしまったのか? 心霊研究クラブのメンバーとともに、ハルカは再びマヒルの家を訪れる……。

学園祭を7日後にひかえた女子校で巻き起こる怪異。想いを寄せる先輩がバケモノと化してしまう哀しき少女の物語。

天使の街〜マヨ〜

女子大生のマヨは、ひとり旅で岐阜県・郡上八幡を訪れ、ナツミという名の美女に一目惚れしてしまう。ナツミは〈テンシ〉と呼ばれるバケモノについて語りだす。話を半信半疑に聞きながらも、マヨはナツミの不思議な魅力に惹かれていく──。

郡上八幡の名物〈郡上おどり〉の開かれた夜、マヨは〈テンシ〉に襲われるが、その危機をナツミが救う。完全にナツミに心を奪われてしまったマヨは、告白することを決意する……。

郡上八幡、汐留、横浜、雄蛇ヶ池──。実在する「テンシの街」を舞台に、バケモノ退治に奮闘する女たちは、異形の持つ奇妙な魅力に惹かれ始めていく……。

〈テンシ〉に運命を歪められた女たちの悲運のストーリー。

今、注目すべき『天使の街』の魅力とは?

すでにお伝えしている内容もありますが、あらためて『天使の街』の魅力を整理しておきましょう。

その1.女の子が女の子に恋をする“ガールズ・ラブ”

『天使の街』では、女の子が女の子に恋をする“ピュアなラブ・ストーリー”が展開します。過激な性描写はありません。これまでガールズ・ラブに抵抗感のあった方にも安心してお楽しみいただけます。

その2.幽霊が出てくる“心霊学園ホラー”

日常と隣り合わせの恐怖。私たちの住む街に出現するバケモノ。主人公の前に現れるのはそんな異形のモノたちです。流血や暴力シーンなど、残虐な描写はありません。数々のホラーゲーム、映画、小説に慣れ親しんだ作者が新時代の恐怖をご提供します。

その3.ライトノベルと一般文芸の中間“ミドルノベル”

本作品はライトノベル風の小説です。しかし、ラノベより重厚な世界観を持つ“ミドルノベル”というべき作品。疾走感あふれる文章で、ふだん読書をしない方でもサクサク読め進めることができます。

その4.ふたりの主人公の物語が楽しめる“クロスオーバー・ストーリー”

『ハルカ』『マヨ』のストーリーはそれぞれで完結していますので、いずれか一方だけでもお楽しみいただけます。ただし、同じ出来事であっても、主人公によって意味が異なる場合があります。もう一方の物語を読み解くことによって、より『天使の街』の世界観を深めることができるでしょう。

その5.お手元の端末ですぐ読める“電子書籍”

無料アプリをダウンロードすれば、あなたの持っているスマートフォンやタブレットですぐに読むことができます。新たに専用の電子書籍リーダーを購入する必要はありません。

『天使の街』は2013年、2冊同時リリース予定!

すでに『天使の街〜マヨ〜』の第1稿が完成しています。文庫本換算で570ページの長編となりました。現在は、『ハルカ』の第1稿を執筆しながら、『マヨ』の直しを進めているところです。

今後も、このブログで最新情報をお知らせしていきます。ぜひご期待ください。

[追記]2014年5月にリリースしました!

『ダイ・ハード〈日本語吹替完全版〉』は頂戴した、ホォ、ホォ、ホォ

われらが宿願『バイオハザード6』日本語版でおもしろさが倍増

関連記事

  1. 主人公ハルカは元いじめられっ子?【天使の街キャラ…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~プライマリー~』は、今年の配信を目…

  2. make-your-blog

    倉下忠憲『ブログを10年続けて、僕が考えたこと』…

    セルフ・パブリッシングの本を分析し、おいしいところを頂戴インスピレーションを…

  3. サキはみんなのアイドル!【天使の街キャラクター紹…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~プライマリー~』の完成までキャラク…

  4. 【敵情視察】狗界ゴウ『緑眼魔女の事件簿 テロリズ…

    近未来の中国を舞台に、国連治安維持局の特殊捜査官が特殊能力を駆使し奮闘する─…

  5. 鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の…

    セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなん…

  6. 【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語…

    セルフ・パブリッシングでリリースされた本の魅力を分析し、自分の作品に役立て…

  7. 『ぎゃふん9』パート3

    精神的に向上心のないものが 死んだらどうなる?【…

    死はだれにでも訪れる。やがて迎える死のために準備を整えていきたい。とはいえ、…

  8. 『かーそる』

    電子雑誌『かーそる』とは良い名前をつけたもんだ

    『かーそる』は、セルフ・パブリッシングの電子雑誌だ。同誌の「創刊にあたって」…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ねこの防災ハンドブック』
  2. 人生が学べるアニメ
  3. 『ぎゃふん10』メイン
PAGE TOP