SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケーよな?

SCANDALの新作アルバム『STANDARD』を素直に最初から再生すると、もちろん悪くはないのだけど、なんとく“凡庸”という印象を受けます。

前にブログでも書いたような衝撃がない。

ところが、曲が進むにつれて、どんどん盛り上がっていく。

会わないつもりの「元気でね」

このコトバだけでガツンとくる。それが、頭に突き刺さるメロディで心に響く。

SCANDALの魅力はいろいろあって、それはすでに前の記事でも述べているのだけど、そこに書いていないこととしては、印象的なフレーズ(「歌詞」と「音の運び」の両方の意味で)があると思います。

上記の「会わないつもりの、元気でね」に続く「下弦の月」「恋のゲシュタルト崩壊」も、SCANDALならではの“カッケー”パフォーマンスが炸裂します。

でも、じつは──。

このアルバムでもっとも注目すべきなのは、付属DVDに収録されている『SCANDAL IN THE HOUSE』ではないでしょうか。

いわゆる“自己紹介ソング”ってやつで、企画モノというか、まあ、メンバーがチャラチャラとおふざけをしているのですが、にもかかわらず、とてつもなく高い安定感。

なんということでしょう! と、驚きを隠せません。

あらためて演奏力・表現力の高さを再認識させられた次第であります。

★ぎゃふん工房オススメの曲★

会わないつもりの、元気でね

下弦の月

やばい!『アーティストのためのハンドブック』が読めない!

『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家が読んだ感想

関連記事

  1. 家入レオ『LEO』でレコード大賞新人賞がダテじゃ…

    こんにちは。毎度ブームに乗り遅れるぎゃふん工房です。家入レオは、昨年「第…

  2. 今井絵理子『just kiddin’…

    ジャケットのイメージは、まさしく〈今井絵理子〉で、ブレのなさに感心するわけだ…

  3. 家入レオ『a boy』

    家入レオ『a boy』でわかるCDを買う楽しみ

    「CDが売れなくなった」とアーティストが嘆く。そんな時代に「CDを買って良か…

  4. SCANDAL『HELLO-WORLD』のイメージ

    SCANDAL『HELLO WORLD』がカッコ…

    SCANDALの最新アルバム『HELLO WORLD』を聴いて私は音楽の聴き…

  5. AKB48「恋するフォーチュンクッキー」を聴くの…

    AKB48の楽曲を毎回購入するわけではない。前回買ったのは「ギンガムチェック…

  6. 洋楽アーティストのイメージ

    J-pop好きが選ぶ洋楽初心者にオススメのアーテ…

    人の音楽の趣味は二十代のころには決まってしまうという。しかし、当ブログが洋楽…

  7. 香音「花粉デビルをやっつけろ!!」で花粉!ぎゃふ…

    だって「花粉、花粉、ぎゃふん!」なんて歌ってるんですもの。取り上げないわけに…

  8. Capital Cities「Safe And …

    少し前まではロビン・シック「Blurred Lines」、最近だとケーティ・…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『バイオハザードRE2』
PAGE TOP