SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケーよな?

SCANDALの新作アルバム『STANDARD』を素直に最初から再生すると、もちろん悪くはないのだけど、なんとく“凡庸”という印象を受けます。

前にブログでも書いたような衝撃がない。

ところが、曲が進むにつれて、どんどん盛り上がっていく。

会わないつもりの「元気でね」

このコトバだけでガツンとくる。それが、頭に突き刺さるメロディで心に響く。

SCANDALの魅力はいろいろあって、それはすでに前の記事でも述べているのだけど、そこに書いていないこととしては、印象的なフレーズ(「歌詞」と「音の運び」の両方の意味で)があると思います。

上記の「会わないつもりの、元気でね」に続く「下弦の月」「恋のゲシュタルト崩壊」も、SCANDALならではの“カッケー”パフォーマンスが炸裂します。

でも、じつは──。

このアルバムでもっとも注目すべきなのは、付属DVDに収録されている『SCANDAL IN THE HOUSE』ではないでしょうか。

いわゆる“自己紹介ソング”ってやつで、企画モノというか、まあ、メンバーがチャラチャラとおふざけをしているのですが、にもかかわらず、とてつもなく高い安定感。

なんということでしょう! と、驚きを隠せません。

あらためて演奏力・表現力の高さを再認識させられた次第であります。

★ぎゃふん工房オススメの曲★

会わないつもりの、元気でね

下弦の月

やばい!『アーティストのためのハンドブック』が読めない!

『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家が読んだ感想

関連記事

  1. 島袋寛子『私のオキナワ』は1日1曲ずつ聴こう

    じつは今井絵理子『just kiddin’』と同時期に買ったのですが、あっち…

  2. SCANDAL『HELLO-WORLD』のイメージ

    SCANDAL『HELLO WORLD』がカッコ…

    SCANDALの最新アルバム『HELLO WORLD』を聴いて私は音楽の聴き…

  3. 華原朋美「夢やぶれて」「I’m pr…

    7年ぶりのシングル。彼女の復帰を永らく待ち望んでいた。いや、待ち望んでいた自…

  4. 『ひぐらしブレイクアウト!』

    『ひぐらしブレイクアウト!』は〈ひぐらし〉を知ら…

    『ひぐらしブレイクアウト!』は、同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に奉』のイメージ…

  5. 家入レオ『LEO』でレコード大賞新人賞がダテじゃ…

    こんにちは。毎度ブームに乗り遅れるぎゃふん工房です。家入レオは、昨年「第…

  6. 家入レオ『a boy』

    家入レオ『a boy』でわかるCDを買う楽しみ

    「CDが売れなくなった」とアーティストが嘆く。そんな時代に「CDを買って良か…

  7. ミュージックビデオの映像美

    中島美嘉・三代目J Soul Brothers・…

    ミュージックビデオは、撮影機材やVFXなどの発達とともに、その表現力を進化さ…

  8. 映画のようなミュージックビデオのイメージ

    まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュー…

    クォリティの高いミュージックビデオ(MV)は、もちろんこの世にあふれている。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. サイコブレイク
PAGE TOP