ブログをPDFの電子書籍にした『ぎゃふん』第4号を無料配信

『ぎゃふん』って何?

このブログの前身である「ぎゃふん工房のブログ」から記事をピックアップし、PDFの電子書籍にしたものです。その最新号を無料で配信しています。PDFファイルをダウンロードすることも可能です。

『ぎゃふん』第4号ダウンロード用バナー

「音楽のレビュー」では一度は聞いて欲しいアーティストの作品を紹介

『ぎゃふん』第4号の誌面(音楽)

今回、レビューの対象にしているアーティストは──

KARA/AKB48/安室奈美恵/倉木麻衣/Aimer(エメ)/カーリー=レイ=ジェプセン/アレクサンドラ=スタン/LMFAO/ロシアン=レッド

「名前は聞いたことはあるけど、どんな音楽なんだろう」というアーティストがいましたら、ぜひ誌面のレビューを参考にしてみてください。

「本のレビュー」ではあなたの知識と楽しみを広げる書籍を紹介

『ぎゃふん』第4号の誌面(本)

このコーナーで取り扱っている著者は──

西村寿行/太田俊寛/東浩紀/貫井徳郎/石持浅海/貴志祐介/鈴木光司

ミステリーやホラー小説が多めではありますが、オウム真理教事件を題材にした書籍もあり、幅広い方々に興味を持っていただけると思います。

声優マニア歴30年の“マニア”がお送りする「声優学入門」

Img gyahun4 seiyu

映画『プロメテウス』で日本語版の声優を務めた剛力彩芽さんの仕事ぶりについて語っています。

また、PlayStation2『クロックタワー3』にまつわる深作欣二監督のエピソードも必見。

さらに、アニメ『名探偵コナン』の新キャラクターを演じる声優さんについても述べています。

〈バイオハザード〉から〈人権〉を考える「ゾンビに人権はあるか?」

Img gyahun4 zombie

人気のホラーゲーム『バイオハザード』を題材に、〈人権)について考察しています。未完のテーマですが、第1回~第2回の記事をご紹介しています。

ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街~プライマリー~』の情報を初公開

Img gyahun4 tensi

ぎゃふん工房がプロデュースする小説『天使の街~プライマリー~』。旧ブログではちらほら情報を小出しにしておりましたが、イメージビジュアル、キャラクターイラストを初公開いたします。あらすじや、本文の一部も掲載しております。

『ぎゃふん』第4号は無料でいますぐ読めます

下記の画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。もちろん、料金はかかりません。また、プリントアウトも自由です。ぜひお試しください。

『ぎゃふん』第4号ダウンロード用バナー

じつは『ぎゃふん』は紙の本です

ぎゃふん工房では、紙の本こそが最高の「読書のデバイス」と考えています。

そこで、実際に紙の本として印刷・製本し、ちょっと厚めの“年賀状”として知人・友人に配布しています。

もちろん、内容は電子書籍版と同じです。

『ぎゃふん』第4号の集合写真

▲サイズはB6(横128ミリ×縦182ミリ)です。もちろん、全ページフルカラー。

『ぎゃふん』第4号の開いた写真

▲紙の本ならではの手触りが魅力です。

今回は特別に第3号も無料でご提供

ブログのレビュー記事をまとめるというコンセプトは同じです。こちらもぜひお試しください。

『ぎゃふん』第3号のダウンロードバナー

ガールズ・ラブ小説『天使の街~プライマリー~』を2013年に配信

関連記事

  1. あなたの見た幽霊はテンシかもしれない……【天使の街・世界観の紹介…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』の完成まで情報を小出しにしていくシリーズ。今回は「テンシ」…

  2. キンドル作家の作品を“敵情視察”してみた

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』をAmazon KDPやiBooksにおいてセルフ・パブリ…

  3. 藤井太洋『Gene Mapper -full build-』でわ…

    セルフ・パブリッシングの電子書籍である藤井太洋『Gene Mapper -core-』が、紙の本『G…

  4. 葉真中顕『ロスト・ケア』で分かるこれからの社会派小説のありかた

    とある介護事務所が世話をする顧客たちが異様な死亡率を示す。その裏にあるものは何か──。今、日本が直面…

  5. 島田裕巳『プア充』に納得できる点できない点

     お金をもっていないほうが幸せ!?島田裕巳氏といえば、地下鉄サリン事件のときに非難にさらされ、“人間…

  6. マヨ先生の女子大生時代の画像を独占入手!【天使の街キャラクター紹…

    セルフ・パブリッシングで作る電子書籍『天使の街』のキャラクターは、前回までに主要6人を紹介しました。…

  7. 鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の身も蓋もない真実…

    セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなんでも作家になりたい!』を…

  8. 横山秀夫『64(ロクヨン)』は“横山作品にハズレなし”をまたして…

    昭和64年に起きた誘拐殺人事件を巡る警察内部の抗争を描く、横山秀夫『64(ロクヨン)』。“横…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ
  2. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  4. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  5. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
PAGE TOP