『貞子vs伽椰子』は白石晃士監督のオレたちに対する警告だった

貞子と伽倻子が対決? ンなことはどーでもいいんだよ。くだらない──。普通ならそんな映画に食指は動かない。そう。普通なら。だが、監督が白石晃士となれば別。期待できる。必ずやらかしてくれる、、、、、、、、はずだ。

「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ」。予告編でもっとも印象に残るこのセリフに胸を躍らせながら映画館に足を運ぶ人も多いだろう。オレもそのひとりだった。

しかし──。

貞子と伽椰子の戦いを前に高みの見物をきめようと映画館のイスに座ると後悔する。

なぜなら、本作『貞子vs伽椰子』は白石監督のオレたちに対する警告なのだから。

『リング』『呪怨』をしっかりリスペクト

『貞子vs伽椰子』

〈呪いのビデオ〉を観てしまった女子大生と、〈呪われた家〉の向かいに引っ越してきた女子高生。物語はその2つのエピソードが交互に進んでいく。それぞれが貞子と伽倻子の呪いにかかってしまうというわけだ。

おなじみの〈白石ワールド〉が炸裂するのかと思いきや、意外に伝統的なジャパニーズ・ホラーのたたずまいを保ったまま、映画は進行していく。

いまでは貞子も伽倻子も愛すべきキャラクターと化してしまっているが、本作ではけっしてイロモノとしては登場しない。往年の『リング』『呪怨』を観たときに覚えた恐怖感。これをそのまま甦らせている。2つの名作に対する白石監督の敬意が感じられる。

ただ、過去作と同じことをやっていたら恐怖は同じレベルにはならない。つまり、当時の恐怖感を再現しているということは、恐怖演出はむしろパワーアップしているということだ。

個人的には、『エクソシスト』『13日の金曜日』『エルム街の悪夢』といった、1970~80年代のアメリカ製ホラーの息吹を感じた。

ほんとうの恐怖は映画館を出たあとにやってくる

『貞子vs伽椰子』

物語の中盤、最強の霊能力者が登場するあたりから、さらに映画は盛り上がりを見せていく。

貞子を手玉にとったり、俊雄くんに石を投げて撃退したりと、霊能力者のふるまいは、いよいよ〈白石ワールド〉が始まるのかと期待を高めるのだが……。

ラストでは、観客たちはとんでもない恐怖を味わい、ぼうぜんしつして劇場を出ることになる。映画は終わった。もう恐がる必要はないはずなのに。

本作『貞子vs伽椰子』の結末は、貞子と伽椰子の呪いは●●●●●●●●●●●●●●●●、ということを意味する。

*ネタバレを防ぐため伏せ字にしました。リンク先にて●●●部分を記しています。ぜひ作品鑑賞後にご覧ください。

恐怖と絶望、そして登場人物たちに対する哀れみの情で、これを書いている今も震えがとまらない。

これは白石監督のオレたちに対する警告だった

『貞子vs伽椰子』

思えば、オレたちははしゃぎすぎた。貞子や伽椰子をオモチャにしすぎた。そもそも仕掛けたのは映画会社のほうだが、それに軽々しく乗ってしまった。

本作の結末は、『リング』や『呪怨』を知っていれば十分に納得できる。奇をてらってはいない。オレたちも心のどこかで予想はしていたものだ。しかし、無意識に目をそらしていたのだ。

「貞子と伽椰子はそんなに甘くないぞ」

これはまさに白石監督からの警告……いや、ちがう。本作を観て感じる恐怖と戦慄は、まさに貞子と伽椰子がオレたちにかけた〈呪い〉だったのだ。

©2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』はゲーマーの期待に応えたか?

下流老人あなたも私も『下流老人』になる

関連記事

  1. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開がいよいよ来年に迫った。かねてから来る…

  2. 『おおかみこどもの雨と雪』を独身・子なしの“負け…

    なんか“家族の絆”みたいなのを描いているらしいよ。え〜、独身で子どももいない…

  3. frankensteins-army

    『武器人間』は新旧ドラ声優の“狂演”に瞠目せよ

    予告編をドラえもんの大山のぶ代が務め、本編の日本語吹き替え版を、のび太・スネ…

  4. 『バイオハザード ダムネーション』をとりあえず観…

    『バイオハザード』のCGアニメーション第2弾。前作『バイオハザード ディジェ…

  5. 『ゴーン・ガール』

    『ゴーン・ガール』が120%楽しくなる〈ネタバレ…

    主人公は幸せそうに夫婦生活を送っていたが、あるとき妻が突然いなくなる。誘拐?…

  6. 『バイオハザードRE2』

    『バイオハザード RE:2』レビュー:アンブレラ…

    〈ラクーンシティ〉を訪れるのは、この『バイオハザード RE:2』で4度目にな…

  7. 『龍三と七人の子分たち』イメージ

    『龍三と七人の子分たち』は駄作の要素が満載なのに…

    ヤクザの元幹部がオレオレ詐欺に引っかかりそうになる。背後の組織を逆にとっちめ…

  8. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. サイコブレイク
  2. アイキャッチ画像のイメージ
PAGE TOP