ウルトラマンタロウ『ウルトラマンの愛した日本』に対する疑問

1960年代に地球に初めてやってきたときから現在に至るまで、ずっと日本を守り続けてきたウルトラマン。大阪万博、石油危機、公害、登校拒否……と、日本の社会の盛衰を知る異星人のひとりであるウルトラマンタロウによる著書です。

本書は、ウルトラ兄弟の活躍を思い出しながら、同時に、その時代における日本の状況を解説するという内容になっています。

どのような歴史を経て今の日本という社会がつくられてきたのか。もちろん、学校で習ったり、本やテレビで観たり、あるいは実際に体験したりして、すで知っていることではありますが、あらためて振りかえることで、現代を考え直すよいきっかけになるとは思います。

タロウでよかったのか?

ただ、この本を開く前から疑問がありました。

〈なぜタロウなのか?〉

もっと適任者はいなかったのだろうか? 私もあっちの星のことに詳しくはありませんが、たとえば、モロボシ・ダン(ウルトラセブン)とかのほうがよかったのでは?

たしかに、ウルトラマンたちの熱い戦いと、日本の時代状況を重ね合わせるという着眼点は興味深いのですが、しかしふたつが必ずしもリンクしているわけではなく、「だから、なんなの?」と思ってしまうのも事実です。

タロウもずっと日本にいたわけではなく、この本で述べていることのほとんどは、「アーカイブで観た」とのこと。

それでは、知識の吸収の仕方が私たちと大差なく、わざわざ上目線で「日本」を語っていただく必要はない。そう思ってしまいます。

藤子・F・不二雄「征地球論」のように

著者がウルトラマンタロウ、つまり地球人でないと聞いて期待したのは、藤子・F・不二雄「征地球論」のような内容でした。

この作品は、地球の征服を目論む異星人が、人間についていろいろ調べていくうちに、わけがわからなくなっていく、というお話です。

Sei tikyuu ron 01

Sei tikyuu ron 02

異星人というまさしく〈客観的〉な目から私たちの社会・文化を見るとどう見えるのか。そんな興味深い議論が展開していきます。藤子・F・不二雄による傑作のひとつです。

タロウも、私たちと同じ視点ではなく、異星人の目から「日本」を語ってほしかったという気がします。

ともすると、内容がイデオロギーというか“政治色”を帯びてしまう危険性もあるのですが、そのほうがおもしろいし、著者がウルトラマンであれば、誰も文句は言わないでしょう。

……ついでに言えば、私が生まれた時代のウルトラマンはタロウではなく、レオとアストラなんだよね。

タロウも嫌いではないけど、ほかのウルトラマンが書いていたらもっと違っていたかも(あるいは、書くのはタロウで、誰かに知恵を貸してもらってもよかったのでは?)。そこが残念なポイントです。

  • コメント: 0

『翻訳がつくる日本語』で「女言葉」がよくわかるわ

え?ベッキーって歌手だったの?と思って『3shine!』を聴いた

関連記事

  1. やばい!『アーティストのためのハンドブック』が読…

    副題は「制作につきまとう不安との付き合い方」。今、私はガールズ・ラブ&心霊学…

  2. クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもし…

    押井守、宮崎駿、庵野秀明、黒沢清。海外からの評価も高いアニメ・映画監督たち。…

  3. 【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語…

    セルフ・パブリッシングでリリースされた本の魅力を分析し、自分の作品に役立て…

  4. 黒澤作品の脚本家・橋本忍『複眼の映像』から神映画…

    橋本忍といえば『羅生門』『生きる』『七人の侍』のシナリオを手がけている。そう…

  5. 酒井順子『着ればわかる!』でなにがわかる!?

    酒井順子さんはぼくの好きな書き手のひとりなので、その名を見かけたら、つい手に…

  6. キンドル作家の作品を“敵情視察”してみた

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』をAmazon KDPやiBook…

  7. オウム真理教の裁判を見つめる森達也『A3』を読ん…

    森達也『A3 エー・スリー』は、オウム真理教の裁判に迫るドキュメンタリーだ。…

  8. 武論尊『原作屋稼業 お前はもう死んでいる?』であ…

    みなさんは著者の武論尊氏をご存知でしょうか? ぼくらの世代なら知らない人はい…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『封印映像』
  2. 幾原邦彦展
PAGE TOP