酒井順子『着ればわかる!』でなにがわかる!?

酒井順子さんはぼくの好きな書き手のひとりなので、その名を見かけたら、つい手に取ってしまいます。

本作は、酒井さんがセーラー服、自衛隊、宝塚、巫女なんかの格好をするというもの。まあ、とどのつまり「コスプレ」です。

といっても、その“コスプレ”をしたグラビア写真が載っているわけではなく(実際に着たという「証拠写真」は巻末に掲載)、それぞれの衣装の〈真実〉に迫る内容となっています。

そもそも軍服だったというハードな出自を持つ上半身に、ちょっと風が吹けばすぐにめくりあがるプリーツスカートの下半身という、組み合せの妙。胸のスカーフは、女学生の清純さや貞操といったものを守るために結ばれているようなものでありながら、ちょっとひっぱればすぐに解けてしまいそうなものでもある。そしてキリッとした紺と白の配色なのに、胸の部分だけが無防備だったり、腹がチラ見えしたり……と、もしそれがテクニックだとしたら功名すぎると言ってもいいでしょう。

いや〜、こんな露骨なこと、ぼくみたいなオッサンが書いたらただの変態だしキモイだけですが、有名な女性ライターが書いた文だと、「ふむふむ」とうなずきながら、安心して読んでいけるのがポイントです──いや、おっさんだと、そもそもセーラー服を着ることすら難しい(やってやれないことはないけど、意味が違ってしまう)。

もちろん、こんなふうに、ことごとく“エロ”い分析をしているのでなく、それぞれの職業について、衣装の着方のほか、心構えや業務上のテクニックなども語られており、“職業覗き見”的なおもしろさもあるわけです。

酒井さんの著作が好きな人はもちろん、そうでない人もぜひ一度ご覧いただきたい一冊です。

  • コメント: 0

ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』のオフィシャルサイト開設!

『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事

関連記事

  1. 伊藤計劃『虐殺器官』がSFでも戦争モノでもなかっ…

    大量虐殺を誘発するという謎の“器官”。その鍵を握る人物を追って、アメリカ軍大…

  2. 【敵情視察】狗界ゴウ『緑眼魔女の事件簿 テロリズ…

    近未来の中国を舞台に、国連治安維持局の特殊捜査官が特殊能力を駆使し奮闘する─…

  3. 横山秀夫『64(ロクヨン)』は“横山作品にハズレ…

    昭和64年に起きた誘拐殺人事件を巡る警察内部の抗争を描く、横山秀夫『64(ロ…

  4. 『フェイクドキュメンタリーの教科書』

    『フェイクドキュメンタリーの教科書』で白石晃士監…

    〈コワすぎ!〉シリーズや『ノロイ』『オカルト』『カルト』といったホラー映画の…

  5. 『ゲーム・レジスタンス』表紙

    『ゲーム・レジスタンス』で想い出す原田さんとのた…

    『ユーズド・ゲームズ』『ゲーム批評』『CONTINUE』『ゲームサイド』とい…

  6. 『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家…

    荒木先生の映画に関する本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』に続いて2冊目で…

  7. 大橋巨泉『「第二の人生」これが正解!』はほんとに…

    大橋巨泉さんは、1990年に「セミリタリア宣言」をし、今は一線から身を引いて…

  8. 『翻訳がつくる日本語』で「女言葉」がよくわかるわ…

    現代の日本で「○○だわ」「△△のよね」という話し方をする女性や、「やあ、●●…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ぎゃふん10』メイン
PAGE TOP