酒井順子『着ればわかる!』でなにがわかる!?

酒井順子さんはぼくの好きな書き手のひとりなので、その名を見かけたら、つい手に取ってしまいます。

本作は、酒井さんがセーラー服、自衛隊、宝塚、巫女なんかの格好をするというもの。まあ、とどのつまり「コスプレ」です。

といっても、その“コスプレ”をしたグラビア写真が載っているわけではなく(実際に着たという「証拠写真」は巻末に掲載)、それぞれの衣装の〈真実〉に迫る内容となっています。

そもそも軍服だったというハードな出自を持つ上半身に、ちょっと風が吹けばすぐにめくりあがるプリーツスカートの下半身という、組み合せの妙。胸のスカーフは、女学生の清純さや貞操といったものを守るために結ばれているようなものでありながら、ちょっとひっぱればすぐに解けてしまいそうなものでもある。そしてキリッとした紺と白の配色なのに、胸の部分だけが無防備だったり、腹がチラ見えしたり……と、もしそれがテクニックだとしたら功名すぎると言ってもいいでしょう。

いや〜、こんな露骨なこと、ぼくみたいなオッサンが書いたらただの変態だしキモイだけですが、有名な女性ライターが書いた文だと、「ふむふむ」とうなずきながら、安心して読んでいけるのがポイントです──いや、おっさんだと、そもそもセーラー服を着ることすら難しい(やってやれないことはないけど、意味が違ってしまう)。

もちろん、こんなふうに、ことごとく“エロ”い分析をしているのでなく、それぞれの職業について、衣装の着方のほか、心構えや業務上のテクニックなども語られており、“職業覗き見”的なおもしろさもあるわけです。

酒井さんの著作が好きな人はもちろん、そうでない人もぜひ一度ご覧いただきたい一冊です。

ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』のオフィシャルサイト開設!

『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事

関連記事

  1. 『トネガワ』

    『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオ…

  2. 江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本…

    不況下の日本で、若者による通り魔事件が頻発。やがて犯行は財界人テロへと激化す…

  3. 鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の…

    セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなん…

  4. 『無責任姉妹』

    【敵情視察】アヲイ『無責任姉妹』は無責任だから誰…

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの本を読み、「なぜ面白いのか」を考察…

  5. 小説を書くモチベーション

    小説を書くのにモチベーションなんかいらない──行…

    「小説の原稿を書かなければいけないのに、なかなかモチベーションが上がらない」…

  6. もし野球にも経営学にも興味のない男が『もしドラ』…

    『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(…

  7. ジョジョの奇妙な冒険の名言のイメージ

    会社に行きたくないときに効く!『ジョジョ(第3部…

    「会社に行きたくない」。そう思ったときは、心が疲れているのかもしれない。…

  8. 『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家…

    荒木先生の映画に関する本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』に続いて2冊目で…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

『天使の街』ミュージックビデオ

おすすめの記事

  1. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』
  2. frankensteins-army
  3. 『ねこの防災ハンドブック』
  4. サイコブレイク
PAGE TOP