『オブリビオン』は雰囲気を愉しむ映画でした

この『オブリビオン』という映画をどのように楽しむべきか? という問いに答えるのはじつは難しい。観賞前にあまり情報を仕入れなかったので、序盤はとても戸惑いました。

SFサスペンス映画をうたっているので、そうだと思って観ていると、(とくに序盤は)退屈します。設定としてはよくあるもので、心に響くものがあまりない。

ですから、早々にふつうのSF映画を観ているのだという意識は捨て、頭を切り替えることにしました。

そうすると、女性パートナーとふたりっきりで地球を守っている──というシチュエーションは魅力的だし、上空にある基地(住居)、主人公が乗りこなすメカや武器、荒廃した地上の描写なども素晴らしい。

つまりは、この映画は雰囲気を愉しむべき作品であることがわかったのです。

そして──。

そうやって観続けていると、後半のストーリー展開に胸を躍らせることができます。つまり、ふつうの「SFサスペンス」「SFアクション」として観ていると、凡庸な印象を受けてしまうけども、叙情詩のような映画だと思って観ていれば、意外性もあり、なかなか完成度の高い脚本であると感じることができるのです。

いろいろツッコミどころも指摘されていますが、雰囲気を愉しむ映画だと思えば、まったく気になりません。

島袋寛子『私のオキナワ』は1日1曲ずつ聴こう

黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義』のピンボケ感

関連記事

  1. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義…

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映…

  2. 『翻訳がつくる日本語』で「女言葉」がよくわかるわ…

    現代の日本で「○○だわ」「△△のよね」という話し方をする女性や、「やあ、●●…

  3. 『アウトレイジ ビヨンド』を名作にした前作とのた…

    『アウトレイジ ビヨンド』は、やっていることは前作とほとんど同じ。しかし、た…

  4. 『コマンドー〈日本語吹替完全版〉コレクターズボッ…

    Blu-ray『コマンドー〈日本語吹替完全版〉コレクターズボックス』を買った…

  5. 『フェイクドキュメンタリーの教科書』

    『フェイクドキュメンタリーの教科書』で白石晃士監…

    〈コワすぎ!〉シリーズや『ノロイ』『オカルト』『カルト』といったホラー映画…

  6. テレビ朝日版『ダイ・ハード』を越える洋画の吹き替…

    「洋画の吹き替え版のベストを選ぶとしたら?」と聞かれたら、迷うことなく「テレ…

  7. 「時間とお金のどちらが大切か」その答えを僕たちは…

    〈時間〉が〈お金〉になった世界の悲劇朝。男は目を覚ますと、腕の時計…

  8. frankensteins-army

    『武器人間』は新旧ドラ声優の“狂演”に瞠目せよ

    予告編をドラえもんの大山のぶ代が務め、本編の日本語吹き替え版を、のび太・スネ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP