『オブリビオン』は雰囲気を愉しむ映画でした

この『オブリビオン』という映画をどのように楽しむべきか? という問いに答えるのはじつは難しい。観賞前にあまり情報を仕入れなかったので、序盤はとても戸惑いました。

SFサスペンス映画をうたっているので、そうだと思って観ていると、(とくに序盤は)退屈します。設定としてはよくあるもので、心に響くものがあまりない。

ですから、早々にふつうのSF映画を観ているのだという意識は捨て、頭を切り替えることにしました。

そうすると、女性パートナーとふたりっきりで地球を守っている──というシチュエーションは魅力的だし、上空にある基地(住居)、主人公が乗りこなすメカや武器、荒廃した地上の描写なども素晴らしい。

つまりは、この映画は雰囲気を愉しむべき作品であることがわかったのです。

そして──。

そうやって観続けていると、後半のストーリー展開に胸を躍らせることができます。つまり、ふつうの「SFサスペンス」「SFアクション」として観ていると、凡庸な印象を受けてしまうけども、叙情詩のような映画だと思って観ていれば、意外性もあり、なかなか完成度の高い脚本であると感じることができるのです。

いろいろツッコミどころも指摘されていますが、雰囲気を愉しむ映画だと思えば、まったく気になりません。

島袋寛子『私のオキナワ』は1日1曲ずつ聴こう

黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義』のピンボケ感

関連記事

  1. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    前回から引き続き『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を考察していこう。前回は以…

  2. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    とどのつまり「13番目の使徒に堕とされる」って、どういうことなのか?…

  3. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    2019年7月19日、劇場やスマホアプリで『シン・エヴァンゲリオン劇場版』…

  4. 『カルト』はフェイク・ドキュメンタリーのいいとこ…

    『カルト』は「フェイク・ドキュメンタリー(モキュメンタリー)」というやつで、…

  5. 『クラウド アトラス』はひとには勧めるけど自分は…

    19世紀から24世紀の500年にわたり、6つのエピソードが展開する大作。みな…

  6. クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもし…

    押井守、宮崎駿、庵野秀明、黒沢清。海外からの評価も高いアニメ・映画監督たち。…

  7. 戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

    〈戦慄怪奇ファイル コワすぎ!〉は白石監督がコワ…

    怪奇現象のドキュメンタリーを制作しているスタッフのもとへ、不可思議な映像が記…

  8. 『ワールド・ウォー Z』のほかのゾンビ映画にない…

    ゾンビものです。それも絵に描いたような。当然、今さら感があるわけですが、実際…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ぎゃふん9』表紙
  2. ぎゃふん6のイメージ
  3. ネットワークオーディオのサムネイル
PAGE TOP